卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

sp_wedding0812

sp_wedding0812さんのプロフィール写真
和と洋どちらも合う空間作りです。

最初は白無垢を着た為、演出も小物もとことん和を追求しました。お色直しではウエディングドレスを着たのでブーケや小物も洋風に。

常に座っている高砂はこだわりました。和と洋のどちらも合うようにイメージを細かく伝えて作っていただきました。
神奈川県 / 桜木町駅
横浜迎賓館

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
横浜迎賓館
100人以下

十字架が無く、"THE教会"感がないので、和装・洋装どちらでも合う挙式会場です。
人前式、教会式と様々な形で上げれるのもポイントだと思います。

また、左右ガラスなので光が良く入ってきて式場が自然光で明るいのと、教会の祭壇の壁の柄からも光が差し込んで、写真映えするスポットでもありました。

また、招待客との距離も近いため、みんなの顔が良く見えるのと、退場する時に一人一人の顔がちゃんと近くで分かったのもよかったです。

和装人前式をしたかった私にとって、横浜迎賓館の挙式会場は、初めて見た時から一目惚れした会場で、和装人前式にぴったりな会場でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
横浜迎賓館
100人以下

SAVOYの会場は、天井が広く開放的なのがポイントです。

また、緑がたくさん会場にある事と、シャンデリアも木の枠で囲われているため、豪華さもありつつナチュラルな雰囲気の会場でした。

また、洋書の棚が後ろにたくさんあって、会場の照明が落ちると、洋書の棚や、木、シャンデリアが暖かい色のライトで照らされて、幻想的な空間を作り出してくれます。

階段もあるので降りて入場もできたり、カーテンからのシルエット入場も出来るので、色々な演出ができるのもポイントです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

高砂は、もともと好きなパンパスグラスとオーストラリアのお花のプロテアは、絶対に入れたかったため指定しました。

また、装花のバランスや位置など細かく指定しました。

ペーパーアイテムも全て手作りで、プロフィールブックも会場の雰囲気に合うお洒落なものを作成し、各席に置いてもらいました。

また、和装人前式での結婚証明書は結婚式が終わった後も飾れるように、みんなの名前入りの木の証明書にしました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

リブラブラフ 白無垢

絶対に白無垢を結婚式では着ると決めていたので、白無垢は即決でした。
襟の部分は白無垢でも浮かないシルバーやゴールドの刺繍が入ったものを選びました。

スタイル
白無垢
ドレス 2着目

リブラブラフ
ウエディングドレス(リブラブラフオリジナルドレス)

こだわったポイントは、着た時にスタイルが良く見えるドレスを選びました。
また、スカートがレースになっていて、後姿のスカートのレースが綺麗なところにも惹かれました。

ブランド
LIVE LOVE LAUGH
シューズ

リブラブラフで借りたものを履きました。

ヘアメイクのポイント

〈白無垢〉
つるっとしたシニヨンにしました。
後ろのお団子部分はただ丸いだけでは無く髪の毛で少し柄も使って貰いました。
前髪は立ち上げて大人な和装ヘアを目指しました!

〈ドレス〉
和装とはガラッと変えたかったので、髪を巻いて今時のふわふわアップヘアにしてもらいました。
メイクは肌がツヤっとした感じになるようメイクしてもらいました。
口紅は基本赤で、和装の時はべったり赤を塗ってもらい、洋装の時は上からグラスを重ねる変化をつけました。

ヘアメイク アルバムを見る >
アクセサリー

ドレスの時は白のタッセルイヤリングをつけました。
キラキラ光る下りも付いていたので、写真ではそれが光っていて可愛かったです。

ヘッドアクセサリー

〈和装〉
大ぶりのお花は自分で造花を買いに行って、母に作ってもらいました。
それ以外の小さなお花は、プリザーブドフラワーとドライフラワーで作られた髪飾りで、インスタで見つけて購入しました。
白無垢は緑と白をメインにしたかったため、色もそれに合わせてナチュラルな雰囲気にしました。

〈ドレス〉
前から見ても横から見ても目立つ、キラキラで大ぶりなものを選びました。
リーフ柄でとても可愛かったです。

ネイル

ネイルも和装洋装どちらにも合うことをイメージしてアートネイルしてもらいました。
金粉風ネイルをしてもらいたくて、ゴールドの金粉にテーマとしていた緑を重ねたものと、ナチュラルなテーマに会うよう葉っぱや鳥を書いてもらいました。

こちらも洋風よりにならないよう、和装でも合うようアンティークっぽい爪にしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

プロテアとパンパスグラスをメインに、緑をたくさん使って、和と洋どちらにも合う装花を目指しました。

装花のポイント

装花のバランスです。
色んなところから理想の高砂のイメージを探し、絶妙なバランスで作ってもらいました。
パンパスグラスを入れすぎても少なすぎてもダメだと思ったので、画像を見せて、いい例悪い例など細かく指示してしまいました。

また、サイドにパンパスグラスを置くことで、高砂の広さも広く見せるよう工夫しました。

お料理のこだわり

横浜迎賓館はお料理が有名だったため、本当にどれも美味しかったです。
全てお箸で食べれるお料理に惹かれました。
重箱で出てくる前菜は、華やかで最初に出てくる物なのでみんなの印象に残ったと思います。
フォアグラとナスの味噌田楽仕立ても、ソースが本当に美味しくてパンにつけて何度も食べたという友人もいました。
お料理は前菜からデザートまで、和風にこだわりました。

ウェディングケーキ

私たちはウエディングケーキはやらずに、和装で鏡開を行いました。
みんなの発声とともにお酒を割って、家族で一杯目を一緒に飲めたのはいい思い出です。

引出物

引き出物は人によって分けました。

〈女子やお酒が飲めない人〉
木のお皿とスプーンセット。
プレートごはんなど作る際に仕えてお洒落!と好評でした。

〈男子〉
お酒が好きな人が多かったので、グラスと世界のビールを選べるビールカタログ。

〈そのほか夫婦で来てる人や親戚〉
今治の紅白バスタオルセット。
木箱に入ってて高級感があるものを選びました。

縁起物は鰹節セット。
引き菓子は迎賓館のオリジナル引き菓子。

プチギフト

結婚式の、プチギフトは式場で頼んだものにしましたが、二次会でのウエディングケーキとプチギフトは友人に作ってもらいました。
友人はアイシングクッキーを作る仕事をしていて、とってもお洒落で可愛くて美味しいクッキーを作ってくれました。
打ち合わせして、テーマカラーな合わせた絶妙な色を作ってくれたり、一緒にデザインを考えながら作ってもらいました。

婚約指輪

婚約指輪はなく、私たちは婚約ネックレスでした。
ダイヤのものを送ってくれました。

結婚指輪

カルティエ
ゴールドのシンプルなデザインのものを選びました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

私は衣装を母と妹と選びに行っていたので、彼には当日まで見せていませんでした。
竹林でファーストミートをしたのですが、彼が号泣してくれて、こんなにも感動してくれたことに感動しました。
そんな幸せな状態で、すぐ挙式に臨んだのですが、祭壇から席を眺めた時、大好きなみんなが同じ会場にいて、暖かく私たちを見守ってくれていたことにも感動したしました。

また、彼のウェルカムスピーチと謝辞が完ぺきだったことにも感動しました。

二人らしさとは

お互い尊敬し合える関係であることが大事だねってよく2人で話しています。
自分にとってもプラスな事だし、ずっと好きでいられるためには尊敬があってこそだよねって話してます。

嬉しかった参加者の反応

友人から、次に結婚式する人はハードルあがるねと言われたことが嬉しかったです。
それくらいこだわりが詰まってていい結婚式だったと言ってくれました。
料理も美味しくて、参加してる人が笑顔になれる結婚式だった時言ってもらえて嬉しかったです。

私にとって結婚とは

2人でなんでも共有できるようになったことです。
嬉しいことも辛いことも2人で共有して、楽しかった結婚式当日も、大変だった準備期間も乗り越えられたと思います。

節約のための工夫

作れるものは全部自分でつくりました!
ペーパー類は全てです。
あとはリングピローやムービー類も手作りしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

準備は大変だと思いますが、当日は辛かった準備のことも全て忘れるくらい最高に楽しい日です。
なので、人生で一度きりの大きなイベント、後悔しないようこだわりたい部分は徹底的に調べて準備して、2人で納得のできる最高の結婚式にしてください!