ayana_08.weddingさんのアイコン画像

ayana_08.wedding

テーマは大きく2つあります。
1つは『大人可愛い』です。
もともとピンクなど可愛い色や花が好きでしたが、年齢的にも可愛くし過ぎるのも…というのがありました。そこで大人なエレガントさと組み合わせれば好きな物に囲まれた素敵な時間を過ごせるのではないかと思い『大人可愛い』を会場の全体的な雰囲気のテーマにしました。

もう1つは『面白いは正義』です。
結婚式はとにかくゲストの方々が『楽しい!』『こんな結婚式は初めて!』と思ってもらえるような式にしたかったので、ゲストの方が「えっ!?笑」と思う要素を取り入れました。例えば牧師役がお坊さんなど。

コンセプトは『アットホームでみんなで作った結婚式』です。
結婚までに至れたのは私たち夫婦2人だけの力ではでなく周りの支えもあるので、その方々にも参加してもらえるような結婚式を目指し、私たち夫婦がお世話になった方や友人に牧師や映像面、料理など様々場面で協力していただきました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-01-19
アルモニーアンブラッセ イットハウス
70人未満

挙式会場は緑とブラウンが多く使われていて落ち着いた雰囲気です。また、バージンロードに沿って一部天井がガラスになっているので自然光が入ります。ブラウンの壁や椅子は白いウエディングドレスがよく映えます。
私たちは人前式を選びましたが、アレンジ一つで様々な雰囲気へと変わる自由度がある会場だと思います。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-01-19
アルモニーアンブラッセ イットハウス
70人未満

天井の高さが2階分あるので開放的で、会場が白色なので広く感じられます。また、会場に階段があるので再入場の演出で使いました。写真も映えますし、旦那さんのエスコートで降りる階段はお姫様気分になれました♡おすすめです!

コンセプトやこだわったこと

演出でこだわったところは『アットホームでみんなで作った結婚式』がコンセプトだったので、人前式の牧師は2人がお世話になった共通の友人にお願いしました。

料理は旦那さんの知り合いに凄い料理人の方がいらっしゃったのでその方に協力していただき、打ち合わせから料理の組み合わせを一緒に考えたり、メイン料理の作成などに携わっていただきました。

また、ブーケプルズは1本だけ何も付いていないリボンにして、その他のリボンはミニブーケが付いているものにしました。実は何も付いていないリボンが1番の当たりで、花嫁から特別なブーケを手渡しするという演出をしました。

その他のこだわりは高砂のソファ席です。
パンパスグラスで大きなアーチを作ったり、たくさんの花と小物を使って大人可愛く仕上げてもらいました。ソファ席なのでゲストとの距離も近く、机が前にないので高砂での写真もですが、どこから写真を撮ってもドレスが机に隠れることがなく綺麗に写るのでとても良かったです!

また、ロビーに約11年半分の2人の足元を撮影した写真を日付と場所を書いてロビーに飾りました。写真を撮り続けたことに皆さんとても驚いてくれました!

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
YNS WEDDING

YNS WEDDINGさんのサイズオーダーのドレスを購入。

丈の長さも当日履くシューズに合わせて作成していただきました。購入した自分だけのドレスなのでドレスを汚したり破いたりしないかの心配もしなくてよかったです。ドレスは見た目はシンプルですが後ろの裾が長く、裾に刺繍がしてありスパンコールが光に反射してとても綺麗でした。ウェディングドレスは特に女性ゲストから『シンプルだけど綺麗』と好評でした。

また、二次会でも着用しましたが、挙式の時とヘアスタイルが変わっていたので結婚式とはまた違った雰囲気を味わうことができました。気に入ったウェディングドレスをたくさん着ることができて嬉しかったです。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ショップ
Dressmore

Dressmoreさんでレンタルした『Biddy Green』で色はグリーン。

実は『まぁ試しにこの色も着てみるか…』くらいの頭の片隅にもなかった色でした。いざ試着してみるとビックリすることにとてもしっくり。旦那さんも家族も満場一致のグリーン推し。また、胴の部分がアイボリーでスカートの部分がくすみグリーン、背中も広く開いているドレスだったので『大人可愛い』の『大人』の部分にピッタリでドレスのデザインも好みでした。

昔からピンクのドレスに憧れはありましたが、最終的な決め手は『私の周りで誰も着たことがない色』『1番似合うドレス』『当日はもちろん写真、映像で残った時に自分を一番綺麗に魅せてくれる色』という理由でした。

当日はピンクのドレスではないことに友人たちも驚き、その他ゲストの方々からも素敵なドレスだとお褒めの言葉をたくさん頂き後悔は全くありませんでした!

SHOES
シューズ

〈ウェディングドレス〉
DIANAさんで購入したヒール9cmのパンプス。全体的にキラキラしていて、足元の写真が撮りたかったのでドレスに合うシューズを選びました。

〈カラードレス〉
Dressmoreさんでレンタルした1.5cmのパンプスです。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

〈ウェディングドレス〉
スッキリと見せるためにヘアスタイルをシニヨンにし、メイクもナチュラルにしてもらいました。

〈お色直し〉
ウェディングドレスの時と雰囲気を変えたかったので、ヘアスタイルは編みおろしに。メイクもアイシャドウにパープルを入れたり、リップを少し濃くするなどウェディングドレスの時と比べて全体的に大人な雰囲気にしました。

ACCESSORIES
アクセサリー

〈挙式〉
シンプルにパールを使った小ぶりなイヤリングとネックレス。
〈披露宴〉
ネックレスはそのままイヤリングをキラキラとするストーンとパールが付いたピアスに変えました。
〈お色直し〉
ピアスはそのままで、ネックレスをピアスと同じストーンのものにしました。

パールのアクセサリーはDressmoreさんのレンタル。
ストーンのアクセサリーは母からのプレゼントです。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

〈シニヨン〉
Dressmoreさんでレンタルした花のヘッドドレス。

〈お色直しの編みおろしヘア〉
生花のヘアパーツをつけました。
生花のヘアパーツはブーケの色に合わせて同じ花を使ったヘアパーツをフローリストさんに作成していただきました。

NAILS
ネイル

フレンチネイルで、ベースは薄ピンクで爪先はラメと所々にストーンを付けました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

メインで使った花はバラ、チューリップ、ラナンキュラス、かすみ草、パンパスグラス、フラワーコットンなどです。
テイストは大人可愛いく。パンパスグラスとフラワーコットンで冬っぽさを出しました。

FLOWERS
装花のポイント

ポイントは結婚式のテーマでもある大人可愛いです。
結婚式が1月だったということもあり、冬らしさを取り入れたくて装花にパンパスグラスやコットンフラワーをたくさん入れてもらいまさした。ピンクやくすみピンク、白の花で可愛いを、キャンドルやアンティークな小物、ゴールドの小物で大人っぽい雰囲気を出しました。

ロビーには大きな柱に装花と布や小物を使ってアーチを作りました。

FLORIST
フローリスト

小田玲奈さん(フラワーデザインスタジオUMEDA)

FOOD
お料理のこだわり

こだわりは知人の料理人のお手製である鴨の燻製を前菜に使い、メインの料理のソースも一から作っていただきました。また、クラムチャウダーのパイ包みなど女性の方が好きな物も選びました。
料理はどれも美味しいと、皆様からの評判がとても良かったです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

スクエア型のウェディングケーキです。
旦那さんが苺が好きなのでフルーツは苺をメインにしてもらいました。

WEDDING FAVORS
引出物

数種類のソルトの詰合せとパスタソースとパスタ皿のセットの2種類を用意しました。料理をする方はソルトの詰合せにしたりと、ゲストに合わせて選びました。

引き菓子は少し変わったものを、と思い引き菓子の変わりに披露宴の料理でも出された鴨の燻製を用意しました。

PETITE GIFTS
プチギフト

ヴィタメールのドラジェです。

WEDDING RING
結婚指輪

ティファニー
ソレスト バンドリング ダイヤモンド

ダイヤモンドのハーフサークルで光に反射するとキラキラと光りとても綺麗です。内側に入籍した日付をとそれぞれのイニシャルを刻印してもらいました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

旦那さんとのファーストミートでお互いに向けて書いた手紙を交換して読んだ時です。

旦那さんとの交際期間は11年以上ですが、手紙をもらったことがありませんでした。旦那さんの性格からして「いつもありがとう」的な感謝の言葉くらいかな、と想像していましたが、手紙のある一文を読んで、何で結婚しないのかなど周りからいろいろ言われても、長い年月信じて待ち続けた日々の私の気持ちが報われたと思いました。

背中合わせで手紙を読んだあと対面しましたが、私が泣いているのを突っ込みつつ、普段泣かない旦那さんも涙を流すのを見て更に涙が溢れました。最後には泣きながら笑い、笑顔で抱き合いました。旦那さんからもらった手紙は今でも読み返すと涙が出ます。

また、普段涙を見せない家族や友人が泣いているのを見て、嬉しくてたくさんもらい泣きをしました。

二人らしさとは

2人らしさは友人の言葉ですが『互いが互いに1番に想いあって、それを行動に移している』。想いの部分は同じであるというのが2人らしさです。
二人が大事にしているのは、二人で考えた誓の言葉です。その中でも特に『お互いに誠実であり続ける努力をする』という言葉を大切にしています。

嬉しかった参加者の反応

当日いつどこを見てもゲストの方々が笑顔で嬉しかったです。後日結婚式のデータを見ても楽しんでくれたことが実感出来ました。
嬉しかった感想はたくさんありますが、なかでも「結婚式に20回近く出席したことがあるけど、今日みたいなパターンは初めて‼︎ 」「新鮮だらけでとても楽しかった!!」という言葉は特に嬉しかったです。

また、式場の一つ一つに私らしさが出ていたようで、おもてなしや演出のお褒めの言葉も嬉しかったです。

私にとって結婚とは

ときには安心感だったり、ときには我慢や忍耐。たくさんの事があると思いますが、どんな事も2人で分かち合っていきながら新しい世界を広げていくのだと思います。
結婚してよかったのは家に大好きな人が帰ってくる、そばにいることです。1人じゃないんだな、と実感できます。

後悔していること

ブーケトスをブーケプルズにしたのですが、ゲストの引っ張る力が強すぎた反動で私の手が離れてしまい私側にあった花が飛んでいったことです。
普通のブーケプルズと違ったので、余計にそうなったのかもしれません。失敗してしまったので、もう一度やってみたかったですが、笑いになったので最終的には良かったです。

心残りがあるのは式場が決まってから5ヶ月なかったので、時間がなくゆっくりドレスを見ることができませんでした。また、出来るだけ手作りをしたかったのですが、したい事全ては無理でした。なので時間があるなら、早め早めに行動してたっぷり時間をかけて準備してください!

写真はこういう写真が欲しい!というのがあれば、指示書を作成して事前にカメラマンさんに渡しておいたほうがいいです。

やりたかったけれど諦めたこと

キャンドルサービスやフォトラウンドのように、各テーブルを回る演出です。
ゆっくり食事をしてもらえる時間を作りたかったので時間がかかるものは省きました。おかげで、ゆっくり食事ができて堪能できたと言っていただけました。

もう一つ、ウェディングケーキを2、3段にしたかったのですが、高さを出すと値段が上がっていくので、節約でスクエア型のケーキにしました。

節約のための工夫

あれもこれもとなるとキリがないのでどうしてもやりたい事や演出は削らずに、その他はもう一度よく考えてどちらでもいいと思える事や演出を削り、手作り出来る物は手作りしました。
また、ドレスは持ち込み料金がかかっても購入したほうが安かったのでそこは大きかったと思います。

あとは節約になったのか定かではありませんが、結婚式を挙げる時期をあまりこだわらずに人気のある季節・日取りを外して決めました。どんな日取りでも、その日が私たちにとって最高の1日なのは変わりなかったので。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

旦那様、プランナーさんとよく話し合うことが大切だと思います。とくにプランナーさんは結婚式のプロなので疑問に思ったことや不安な事は伝えて溜め込まず解決するようにしてください。結婚式のイメージや、やりたい事なども上手く伝えられなくても一緒に考えて提案してくれます。

そして準備中もしっかり楽しんでください!
式の準備中は夫婦で意見が合わず、喧嘩をしたり辛いこともあるかもしれませんが、どちらかに任せるのではなくお互いに少しずつ協力することで最高の結婚式になると思います。当日は今までの努力が報われ、心からの笑顔で溢れます!

プレ花嫁様の結婚式が素敵なものとなりますように。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です