卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

miyu.119

miyu.119さんのプロフィール写真
KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館さんは前々から「いいな!」と興味を持っていました。いろいろな式場へ見学しに行こうとも思っていましたが、一番最初に見学させていただいたKOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館さんに即決しました!

そして、式のコンセプトは『結~人と時が紡ぐ縁~』にしました。

人との縁を大切にしたい思いがあり、出会いから結婚までの長い期間で多くの人に支えられ、その人たちが繋いでくれて今の私たちがいることの感謝を伝えられる式にしたいと考えました。
神奈川県 / 鎌倉駅
KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館
30人以下

挙式自体への参加者は親族のみの30人未満ですが、
鶴岡八幡宮は観光に来ている方も見られる挙式形態です。

それによって披露宴に呼べなかった方などに声をかけ、多くの人が挙式を見に来てくれたことで、たくさんの人に祝福される幸せを感じました!

また警備員さんが人よけをしてくれて道を作って下さったことで、多くの方に祝わっていただきながら、参道の真ん中を歩くという、なんとも贅沢な気持ちを味わえました!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館
100人以下
SAIBI

披露宴会場のおすすめポイントは5つあります。

①三面スクリーン…高砂背景以外の全ての壁がスクリーンになるので、入場やプロフィールムービーは迫力のある映像になります!

②隠し扉…正面の扉の会場反対側の壁が隠し扉になっています。映像が流れていた壁から突然開き新婦が登場し、参列した方々がとても驚いていたのが印象的です!

③美味しい料理…鎌倉野菜を使った四季折々の料理や、段葛をイメージした創作料理など、見て楽しく食べて美味しい料理でした!

④良い立地…鶴岡八幡宮とkotowa鎌倉が近くにあるため歩いて移動でき、また、鎌倉駅からも遠くないので立地に関してもとても素晴らしいです!

⑤和装も洋装も着られる…古都鎌倉の雰囲気や八幡宮の境内を白無垢で歩き、披露宴では色打掛を着用しました。お色直しでは洋装に着替え、雰囲気もがらりと変えることができます!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

和装に合った手作りアイテムをたくさん用意して、参列した方をお迎えしました。

コンセプトが『和』と分かりやすかったこともあり、あまり悩まずに作成に取り掛かりました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

手刺繍でこだわった鶴の刺繍が日の光に当たり素敵だと思いました。また、風に揺れたときに裾から裏地の赤がとても映えました!

スタイル
白無垢
和装 2着目

あまり定番でない色の打掛で、ぜひ着たいと思いました。来てくださった方からお褒めの言葉を沢山いただきました!

ドレス 3着目

私含め家族、衣装担当さんの意見が一致し、即決したドレスです!自分の体のラインが一番きれいにみえる、煌びやかなレースが特徴のドレスです。

ただ、衣装合わせが4月、挙式が11月でサイズが合わなくなっており、3日前の最終衣装合わせで久しぶりに着てみるとゆるゆる。横を調整して応急処置対応になってしまいました。
何事も“早め早め”で準備を進めていましたが、衣装合わせは早すぎないほうがよかったかなと思いました。

ブランド
FioreBianca
シューズ

レンタル

ヘアメイクのポイント

和装では自分の髪で日本髪に結ってもらい、洋装ではウェーブを交えて柔らかさをだしつつ、すっきり見えるアップスタイルにしました。

アクセサリー

和装では色打掛にあうよう金の簪を用意し、洋装では光り物が好きなので、輝きのあるティアラ・ネックレス・イヤリングにしました。

ヘッドアクセサリー

白無垢では綿帽子をつけたのですが、挙式後に綿帽子を外した瞬間、歓声があがったのが嬉しかったです!

ネイル

手を見ていただく機会もあるため、なにもないのは寂しいと思い、白無垢・ウェディングドレスを着ても邪魔にならない程度のシンプルなピンク系のネイルにしました!

ジェルネイルにしたことで、途中ではがれることもなくよかったと思います。

メインで使った花や装花のテイスト

夫がオレンジ好きということで、オレンジをがメインの花材をリクエストし、その他のテーブルクロス等とあうように和のお花でお任せしました。
洋装の際のブーケは、プロポーズの際にくれたバラをイメージして作って下さいました。

装花のポイント

和モダンなイメージで、和装・洋装どちらでもあうように仕上げてくださいました。当日は、打ち合わせ通り&イメージ通りの会場になっていたのが印象的でした!

フローリスト

会場提携ショップのひなのさんが担当してくださいました。

お料理のこだわり

料理のスタッフの方と打ち合わせをする中で、“以前食べたことのある思い出の食事”の話をしたのですが、それをメニューに入れてくださいました。
参加した方もとても喜んでくれました!

ウェディングケーキ

ケーキカットは行わず、鏡開きを行いました。
新郎新婦の両親をサプライズで呼び、6人で鏡開きをしたのが素敵な思い出となっています!

引出物

カタログギフト、半熟レモンカステラ、メデ鯛お吸い物をお渡ししました。

プチギフト

プチギフトは、鎌倉銘菓 『くるみっこ』です。

婚約指輪

K.UNOの美女と野獣デザインのものです。
何年も前、学生時代に何かで見て「かわいい!」と言っていたのを覚えてくれており、プロポーズの際にサプライズでいただきました。

結婚指輪

K.UNOの日本伝統工芸『木目金』の指輪です。
形は曲がったりねじれたりせずシンプルな形で、ダイアは1つの原石から2つとっていただき、二人の指輪に1粒ずついれました。

K.UNOでは、結納返しの時計のときも、誕生日のスーツプレゼントでもお世話になりました。今後も、クリエイターさんには、アクセサリー等いろいろなことをご相談出来たらと思ってます。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

段葛から舞殿に行くまでの間、関係者だけでなく観光の方々もいる中を歩きました。本当にたくさんの方にお祝いの言葉をいただきました。

二人らしさとは

仕事での関りも多い方も多く参列してもらったことや“結婚”という大きな節目であることから、曲がったことはせずに王道を行きつつ、やりたいことはやりきりました。

嬉しかった参加者の反応

「厳かでいい式だった。」
「料理美味しかった!」
「和装も洋装も似合ってるよ!」
「いい式だったよー」

私にとって結婚とは

お互い仕事で時間が合わないこともありますが、毎日「おやすみ」「おはよう」「いってきます」「いってらっしゃい」が一緒にできることだと思います。

後悔していること

披露宴に招待するリストについて、しっかり時間をかけて抽出できなかったのが心残りです。
招待状を送った後に「招待したい!」と思う人が出てきてしまいました。

やりたかったけれど諦めたこと

新郎新婦の創作ダンスです。
東京で教えてくださるレッスンあるとのことですが、仕事もしながら準備もしながら東京までは通えないこと、ウェディングドレス的に動きにくいドレスにしてしまって無理だったことで諦めました。
ですが、素敵なドレスも着れて、再入場ではそれに近いものができたので満足です!

節約のための工夫

フェアにたくさん参加し、特典をたくさんつける事ができました。
またテーマである『人との縁』に合わせて、手作りアイテムや、映像を用意しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

やりたいことをやりましょう!
物理的に難しいことはあるものの、人それぞれいろんな形の結婚式があります。たくさん話し合って自分たちらしい結婚式にしてください。

また、KOTOWA 鎌倉 鶴ヶ岡会館のスタッフの皆さんは、本当に親身になって希望を“カタチ”にしてくれます。

まず、プランナーさんは結婚式についていろいろ教えてくださいました。そして、音響担当さんはリハーサルまで一緒に行ってくださったり、私たちだけの演出映像作っていただいたり・・・感無量です!