ayumi_wedding1013さんのアイコン画像

ayumi_wedding1013

挙式は、仏前式を執り行いました。(函館国際ホテルではありません)日本人ならではの白無垢に身を包み、厳かな雰囲気の元粛々と行いました。

披露宴のテーマは、「ティファニーとシンデレラ」です。会場装飾や、引き出物などは2人の好きなティファニーで統一しました。新婦の私が「憧れのプリンセスになりたい」と幼少期から強く願っていたので、演出や衣装など拘りました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-10-13
東雲山善導院
50人未満

挙式会場は、主人の親族の寺院で、普段結婚式を執り行っているのかは不明です。畳の上に、真っ赤な絨毯が1本伸びており、ご縁に感謝しながら歩きました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-10-13
函館国際ホテル
150人未満
高砂〜TAKASAGO〜

4つあるバンケットの中の「高砂〜TAKASAGO〜」で行いました。

シャンデリアが豪華で、ムービングプロジェクターを使った、ライティング演出が可愛いです。高砂のLEDライトが綺麗で、幻想的な雰囲気を演出できました。やりたいことの自由度が高く、プラン内のあらゆる選択肢が多いので、他人と被らないオリジナルの披露宴ができました。

コンセプトやこだわったこと

披露宴のテーマは「ティファニー とシンデレラ」。

そして「ゲストがテーマパークに来たような、非日常を提供したい」そんな気持ちで拘りました。会場装飾や引き出物は、ティファニーで統一しました。音楽はディズニーで統一し、入場の際の演出など、ワクワクできるよう拘りました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ウエディングドレスは、品のあるロールカラーのものがいいと昔から決めていました。正面はもちろん、背面にもこだわりがあり、ロールカラーの部分がV字になっていないものを探していました。格安ドレスショップに赴き「松尾」のものを購入し、持ち込みました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

華やかなグリッタードレスがいいなと思っており、お色は沢山試着して悩みました。提携ドレスショップの担当の方が、「納得いくまで着てみましょう!」と沢山提案してくださり、ありがたかったです。

最終的に、試着に付き添ってくれた主人が、これはどう?と手にとってくれたドレスが、まさに理想通りで、もともと希望していたグリッターで、主人が好きなネイビー、更に大好きなリボンがついている「マリアローザ 」のドレスに決めました。友人から「星空ドレスだね」と言われ嬉しかったです。

THIRD DRESS
ドレス 3着目

「シンデレラになりたい」と幼少期から夢を見ていたので、イメージに合うドレスを真剣に探していました。

SNSで衝撃のドレスを見つけ、その瞬間号泣してしまいました。とあるご夫婦がオーダーメイドでお作りなった「光るドレス」です。世界に1つだけのドレスで、奥様の為に作られたもののため、サイズ調整ができないのですが、奥様と私の体型が同じで、足のサイズまで同じで、ステキな靴までお借りしました。

会場スタッフの皆様にもご無理を申して、リハーサルまでしていただき、夢が叶いました。

SHOES
シューズ

ウエディングシューズはノンブランドですが、グリッターのシルバーのものにしました。歩きやすいように、アンクルストラップのついたものにしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

細かい希望のヘアスタイルがあり、前撮り時に写真を見せながら詳細を伝えました。特に拘ったのが、3着目「光るドレス」のヘアメイクで、シンデレラに近づくよう細かい希望を伝えました。

その時してくださった仮のヘアスタイルが、私の希望を全て網羅した髪型で、安心して本番を迎えたのですが、当日は希望を超えた本物を、忠実に模写したような髪型にして頂きました。

担当の方が、何度もキャラクターを見て研究し、練習しましたーと言ってくださったので胸いっぱいになり、本当に夢を叶えてくださったと思っています。

ACCESSORIES
アクセサリー

1着目は、母にもらったパールのイヤリングをつけました。胸元をスッキリ見せるため、ネックレスはつけませんでした。

2着目は、しずくのようにゆらゆら揺れるイヤリングと、それに合わせて、キラキラ光り存在感のあるネックレスをつけました。いずれも提携ドレスショップにてお借りしました。

3着目は、1粒のキュービックジルコニアのイヤリングをつけました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

1着目は、リボンボンネをつけました。購入すると高価なので、自分でハンドメイドしました。
2着目は、キラキラのビジューボンネをサイドにつけました。

3着目は、大きめのティアラをつけました。小物合わせの際に、希望のティアラのイメージを、ドレスショップの担当の方に伝えており、自分で購入し持ち込む予定だったのですが、前撮りの時に仕入れてくださっており、理想通りのもので、本番にお借りしました。

NAILS
ネイル

テーマである「ティファニーとシンデレラ」をイメージしたデザインで、ティファニーブルーをベースに、白リボンをクロスさせたり、ガラスの靴を描いてもらったり、かぼちゃの馬車をビジューで作ってもらいました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

卓上装花も高砂の装花も、全て「白」で統一しました。
ゲストテーブルを、ティファニーカラーでデザインしたので、白リボンのイメージで白にしました。

FLOWERS
装花のポイント

卓上装花は「カラー」にしました。カラーは、義理の母が生前お好きだったお花で、お会いすることが出来なかったお義母様を会場で感じられるように、カラーのお花を選びました。

FOOD
お料理のこだわり

お料理はすごく拘りました。メニューにはない、ご当地の食材(王様椎茸)をプラスしていただき、お寿司3巻盛りは5巻盛りに増やしていただき、ネタもこちらで指定しました。

松茸スープの松茸の量を増やして頂き、サラダとマリネと別メニューのものを、1つのお皿に盛って頂きました。料理提供の順番、品数、使う食材(アスパラ→ホワイトアスパラ等)、使うお皿まで細かくご相談させて頂きました。ゲストから美味しくて、量に驚いたとの声を多く頂きました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

テーマである「ティファニー 」をイメージした、リボンのついたケーキにしました。リボンの色を、ティファニーブルーに変えていただきました。

WEDDING FAVORS
引出物

・テーマである「ティファニー 」のデザートプレート2枚組。
・大きな花のモチーフがついた、box入りの焼き菓子セット。
・ハート型の紅白うどん。

PETITE GIFTS
プチギフト

ご当地のお菓子メーカーのクッキーと、メッセージ付きの紅茶パックを贈りました。袋はティファニーカラーの布を縫って、自作しました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ブランド:4℃

大好きなシンデレラの、ティアラをイメージしたものです。アイスブルーのダイヤモンドが綺麗で、かぼちゃの馬車にも見えるデザインです。私が憧れている、キャラクターモチーフの指輪を探し出してくれたようです。

WEDDING RING
結婚指輪

ブランド:ロイヤルアッシャー

スタンダードなデザインで、私のみ一粒ダイヤモンドが施されています。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

2019年最大の大型台風が直撃。1週間前から予報されており、命を守る行動をとしきりに警鐘が鳴らされる中、ゲストのほとんどが遠方で(九州から北海道に嫁いだため)、全員不参加もあり得る状況でした。

前日の飛行機は、ほぼ全便欠航。最悪ゲスト0でも仕方ない、悲しみより覚悟のような気持ちで入場すると、大好きな人たちの笑顔がありました。あの手この手で駆けつけてくれて、号泣しながら入場しました。

二人らしさとは

周りの人の笑顔の為に、ベストを尽くすことです。
結婚式に関しては、あらかじめ観光案内を作成して送ったり、主人は新婦側ゲスト全員、1人1人にお手紙を書いて送っていました。

普段から、例えば駐車場の案内の方に窓を開けてお礼を言ったりなど、少しでも周りの方々が気持ちよく、笑顔で過ごせるようにと考えて過ごしているところが、私たちらしさだと思います。

嬉しかった参加者の反応

「某テーマパークにきたようで楽しかった」この言葉が1番多く、嬉しかったです。
結婚式のため移動したり、ヘアセットやドレスで着飾ったりなど、せっかく普段と違う1日ならば、楽しく美味しく幸せになって帰ってくれるような、おもてなしをしたかったので、大満足でした。

私にとって結婚とは

私たち夫婦は、北海道と九州の遠距離恋愛だったので、結婚して一緒に生活して、おはようもおやすみも毎日隣で言える事自体、幸せだなと噛み締めています。

恋人と夫婦になって変わった事は、大事なことを1つ1つ2人で決めていくことです。付き合っている頃の決め事って、旅行先とか楽しみなことでしたが、結婚してお金のことや健康のこと、住まいのことなど、沢山意見を交わして決めていくことが増えていきます。その度に、自分にはない考え方に触れられて、成長できている気がします。

後悔していること

拘った料理のお写真が全然残らなかったので、カメラマンの方に撮って欲しい項目を詳細に伝えるか、仲のいい友人に、料理を撮って欲しいと伝えればよかったと思っています。

やりたかったけれど諦めたこと

ダーズンローズセレモニーです。披露宴で、これをしながら入場したかったのですが、プログラムの時間の都合上入れられませんでした。

節約のための工夫

・「これは持ち込めますか」このワードを、あらゆる場面で聞いていました。例えばブーケも持ち込みokで、装花打ち合わせの際、提案された金額の2分の1で済みました。

・手作りできるものは、手作りしました。リボンボンネ、ウェルカムスペースの風船、プロフィールブック 、芳名帳、プチギフトの袋など。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私は直前まで、台風の心配でヤキモキしていました。どうして私だけと悔しい思いでした。でも、始まってみると、最高に幸せな時間が待っていました。これを書いている今、コロナウイルスが流行り、キャンセルや延期をなさるプレ花嫁さんが沢山います。

やり場のない悲しみや怒り、拝察しております。でも、もし決行することをお決めになった方は、あとは何も心配せず、素敵なその日をワクワクした気持ちで迎えて欲しいです。結婚式を終えて時間が経つのに、今もふと結婚式のことを思い出しては、幸せな気持ちが溢れることが多々あります。

人生1度のその日は、単なる通過点ではなく、人生の大事な糧になると思います。皆さんの結婚式も、幸せに溢れた素晴らしい時間になりますように、お祈りしております。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です