wd_0522さんのアイコン画像

wd_0522

テーマは「感謝」です。

自分たちの言葉で、感謝の気持ちを伝えたかったため『人前式』を選びました。

装飾などのコンセプトは「ナチュラル」「自然」。
自然や植物が好きなので、挙式の時には「水合わせの儀」を入れたり、エスコートカードには「ドライフラワー」を仕込むなど随所にナチュラル感を取り入れました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2021-05-22
trunk hotel
50人未満

なんといってもチャペルが素敵です。
和装・洋装どちらも合うと思います。また、挙式本番の時のチェロの生演奏も◎ゲストとの距離も近く、アットホームな式をやるにはおすすめです。

会場のどの場所もそれぞれがおしゃれです。新郎新婦控室も、チャペル扉前も、チャペルの中も、写真映えは間違いなしです。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2021-05-22
trunk hotel
50人未満
KEYAKI

披露宴会場はどこも素敵ですが、
・ナチュラルに感じられる会場であること
・テラスなど外に出るような演出ができること
・会場を広く使えること
という点を踏まえ、私たちはKEYAKIを選びました。

コンセプトやこだわったこと

●自作のVTR
両親が撮り溜めていた幼い頃の映像やゲストとの思い出の写真を掘り起こし、編集しました。互いに、「家族」「友人」「今に至るまでのエピソード」についてインタビューをとり、VTRを3本(OP、中座後VTR、花嫁の手紙VTR)を作成しました。

●席札&エスコートカード
テーマは「かさばらない&ちょっとセンチメンタルでどこか懐かしい」です。なので、席札は思い出写真をモノクロで印刷し、下位置にはローマ字で名前を書き、裏にはメッセージを書きました。

「かさばる」を解消するため、エスコートカードに。ドライフラワーをつけ、テーブルナンバーのドライフラワーとリンクするような形で作りました。席札の思い出写真はエスコートカードにはめられるようになっているので、持ち帰る際に、一枚絵になって「かさばらない」ようになっています。

●音楽(会場選曲・VTR音源)
ほとんど映画音楽。あとはゲストとの思い出の曲を選びました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
和装 1着目

スタイル
白無垢

白無垢 mirror mirror
柄が少なくてシンプルなことが決め手です。
ブーケやヘアアイテムで遊べる可能性が広がりました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
Temperley London
ショップ
MIRROR MIRROR

temperleylondon
mirror mirror
一番最初に着て、一番ときめいたのがテンパリーのRozalia。ただし、前撮りも、総レースのスレンダードレスだったので、「違った雰囲気のものがいいのでは・・・」と悩みました。

それでもやはり、
・白無垢から、ガラリと変えたいこと
・自分の体にフィットすること
・スタイルよく見えること、
という点から、こちらのドレスに決めました。

THIRD DRESS
ドレス 3着目

前撮りは、古着屋で購入したヴィンテージドレスを着用しました。なかなかないデザインに一目惚れしました。

SHOES
シューズ

5月の挙式だったので、白のサンダルにしました。
披露宴会場でみんなのところを自由に歩きたいという理由で、履きやすさを重視しました。足の爪のネイルは、イヤリングと合わせて黒に。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

ショートカットならではのヘアメイクがしたい、とヘアメイクさんに伝え、あとはお任せしました。ただし盛り込みすぎないように、多少抜けも作ってもらっています。

●1着目・白無垢
ヘアカフに挑戦しました。渋めのゴールドでアシンメトリーに装飾し、耳はそれに合わせてゴールドのイヤカフを。
メイクは、ブーケに合わせ紫のリップ&アイシャドウにしました。

●2着目・ドレス
ゴールドではなくなく、シルバーのイヤカフ×黒の五連のイヤリング。イヤリングがインパクト大なので、ヘアはシンプルに何もつけませんでした。
ブーケが暖色系だったので、リップはブラウンに。

ACCESSORIES
アクセサリー

1着目・白無垢
ゴールドのイヤカフ(bohem)

2着目・ドレス
mirror mirrorでレンタルした黒のイヤリング
シルバーのイヤカフ(bohem)

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

1着目・白無垢
ゴールドのヘアカフ(友人からの借り物)

NAILS
ネイル

ハンド:ブーケ合わせのニュアンスデザイン
フット:2着目のイヤリングに合わせた黒

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

ブーケがイロモノで個性的なので、会場装飾はシンプルに「白」と「グリーン」にしました。メインテーブルの後ろの装飾は枝っぽい「渋さ」も入れて欲しいとオーダーしました。

FLOWERS
装花のポイント

「可愛すぎない」「ちょっと渋い」「邪魔にならない」ように、あとはドレスや白無垢と合うように、フローリストさんにお任せしました!

FOOD
お料理のこだわり

「純白」です。味も見た目もシンプルが一番だと思い、選びました。ゲストもとってもおいしかったと喜んでいました!

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

白×金箔のシンプルなウエディングケーキを選びました。

WEDDING FAVORS
引出物

ゲストが欲しいものを送りたい、というのと、荷物を減らすためにtrunkオリジナルのギフトカードにしました。

PETITE GIFTS
プチギフト

trunkどら焼きです。

WEDDING RING
結婚指輪

talkativeの最もシンプルなものにしました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

トランクのチームワーク
本番はトランクチームの団結力、パフォーマンスに、圧巻の一言でした。おもてなしが素晴らしいです。コロナ禍でゲストの人数が減っていても、寂しさを一切感じさせない対応(手拍子や声かけ)で、会場を盛り上げてくれました。終始楽しかったです。

新郎謝辞
新郎から各ゲストに向けて、感謝の気持ちを改めて伝えてもらいました。新郎の負担は大きかったかもしれませんが、改めてその時の気持ちで思いを伝える様子に、ゲストは感動したと言っていました。

二人らしさとは

飾らない、素直、気楽な感じです。
結婚式では着飾っているけど、心は普段と変わらない感じで楽しめました。

嬉しかった参加者の反応

●ご飯が美味しい

●楽しかった

●VTRが良かった

●会場がおしゃれ

●お花が可愛い

●衣装が似合ってる

●思い出写真が懐かしくて良かった

などです!

私にとって結婚とは

相手に対しても両親に対しても、感謝の気持ちが自然に湧き上がってくること。そして家族が増え、一人ではないことを実感するシーンが増えること。それが結婚かと思います。

後悔していること

エンドロールムービーやドキュメントムービーは撮ってもらえばよかったと後悔しています。VTRを見ているときのゲストのリアクションが気になりました。

やりたかったけれど諦めたこと

コロナ禍でやむなく諦めたのは、テラスでの歓談です。でもケーキカットはテラスでできたので、よかったです!(ガーデンウエディングっぽいことも楽しみたかったので、私の中で外での演出は必須でした。)

節約のための工夫

エンドロールムービーをやめました。
完全に予算オーバーだったので、エンドロールムービーをやめて、花嫁の手紙を自作VTRにしました。

幼い頃の映像と最近の写真を織り交ぜて、両親に感謝の気持ちを伝えました。両親は泣いていなかったようですが、ゲストは感動して泣いてくれたのが嬉しかったですね。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

あまり肩肘張らず楽しむことでしょうか・・・!あとは色んな人に相談するのも手かと思います!当日は特に、「素直に思ったこと」「感じたこと」をゲストと共有することが、とても大事なように思います。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です