卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
日本平ホテル
150人以下

1万坪のガーデンでの挙式は、開放感と非日常感があり、とても気持ちが良かったです。海外のウェディングみたい!とゲストからも大好評でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
日本平ホテル
150人以下

窓がない分、音響が抜群で、映像などの演出の感動度が増す気がしました。部屋が暗くなると、ゲスト席に置いたキャンドルが幻想的でとても綺麗でした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ドレスは2着ともとってもお気に入りです。
ブルーグレーのカラードレスが会場で映えるように、テーブルクロスや装花にはかなりこだわりました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

梨花ドレス(スマイル)

サテンの生地は好みでなかったので、オーガンジー素材のドレスを探していました。率直にドレスを見て可愛い!と思ったのがこのドレスでした。自分の雰囲気にも合っていると直感で思いました。

オーバースカートが付いていて、2wayで使えるのもとても良かったです。

ショップ
FOURSIS & CO.
ドレス 2着目

クロエ

インスタで見つけて一目惚れでした。提携店がちょうど扱っていたのでほんとにラッキーでした。
このドレス以外でキュンとくるカラードレスはありませんでした。

ブランド
Hatsuko endo
シューズ

ジミーチュウとかにも憧れましたが、ここは節約して提携店のレンタルシューズを履きました。
白の9cmヒールです。

ヘアメイクのポイント

挙式は王道な感じです。
カラードレスでは雰囲気を変えて、流行りのポニーテールにしました。

面長なので、とにかく自分の顔が少しでも小さく見えるようにお願いしました笑

メイクはメイクさんにお任せしました。

アクセサリー

挙式時は両親がプレゼントしてくれた白百合のパールのピアスとネックレスを着けました。
カラードレスでは、友人に作ってもらったピアスを着用しました。とってもお気に入りです。

ヘッドアクセサリー

挙式ではドレスのレースの雰囲気に合わせて、白のビーズのヘッドドレスを着けました。
披露宴入場時はフラワーパーツを着けました。
カラードレスの時はピアスを目立たせかったので、あえて着けませんでした。

ネイル

ネイルは大好きなmurakami nailさんにお願いしました。

クリアホワイトをベースにして、ブルーグレーのドレスをイメージして、ブルーグレーのグラデーションを入れ、レースも描いてもらいました。
とってもとってもお気に入りです。

メインで使った花や装花のテイスト

挙式はかすみ草で装飾してもらいました。

披露宴の装花は、白・パープル・グリーンの3色で、ダリアや紫陽花を主に使ってもらいました。とても上品で豪華で、ホテルウェディングらしくなりました。

装花のポイント

名前に入っている百合は、絶対どこかに使いたかったのでブーケに入れてもらいました。

フローリスト

rosa decor

お料理のこだわり

日本平ホテルのお料理は、意外に金額はリーズナブル。ランクアップをしなくても、どれもとっても美味しいです。

スープだけプラス料金にして、ホテル特製のオニオンスープにしてもらいました。とても好評でした。

ウェディングケーキ

シンプルなブルーベリーのケーキにしました。
センス抜群の担当プランナーさんがデザインしたものです。

引出物

引き出物は、治一郎のバームクーヘンと、カタログギフトにしました。

静岡ではこれに縁起物として鰹節などの乾物を入れるのが一般的ですが、会社の上司と親族だけ、出汁セットを追加しました。
県外のゲストは乾物はいらないだろうと思い、その分カタログギフトの方に予算を回しました。

カタログギフトは「やさしいきもち」のカードタイプにして遠方から来たゲストの荷物が重くならないように配慮しました。

治一郎は静岡で有名なお店で、県外・県内両方のゲストから、とっても喜ばれました。

プチギフト

静岡で人気のハグコーヒーというお店でオリジナルのドリップコーヒーバッグにしました。ここにも妹が書いてくれたイラストを使いました。

婚約指輪

ラザールダイアモンド

結婚指輪

DITO (手作り)

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

友人が余興でムービーを作ってくれたのですが、新郎がトイレに行くとスタッフに連れられたままムービーがスタート。

大学時代に住んでいた大阪、三重の私の実家、友人がいる東京まで出向いて撮影をしてくれたみんなからのメッセージムービーを作ってくれました。

それだけで十分嬉しくて号泣だったのですが、みんながムービーの中で渡してくれた花束を持って、最後に新郎がサプライズ登場。

ほんとにカッコよかったです。

わざわざ事前に会場に来て、新郎が会場に入場するまでの映像も作ってくれて、とにかくクオリティがすごかったし、ここまでこだわって作ってくれた友人の愛の大きさが伝わって、ここまで頑張ってくれる友人と出逢えたことが本当に嬉しくて感動しました。

二人らしさとは

自然体でいること。
いつも笑顔で楽しむこと。
周りの人、家族を大切にすること。

嬉しかった参加者の反応

昔からムービーを作るのが好きで、オープニングムービーにはこだわりました。

他の人と被らない感じにしたくて、ドローンを使ったりして頑張って作ったのですが、すごい良かった!って言ってくれる人が多くて嬉しかったです!

号泣しているゲストがほんとに多くて、見送りの際、本当にいい式だった!感動した!ってみんなが言ってくれました。

準備もバタバタで至らない点もありましたが、本当に結婚式を挙げて良かったと思いました。

私にとって結婚とは

みんなに感謝を伝える場。
これまでの自分たちの人生を振り返る場。

後悔していること

ゲストを呼びすぎてしまい、みんなとしっかり話せなかったのが心残りです。

あとはウェルカムスペースはタイムオーバーで、とりあえず写真を並べただけになってしまったので、もっとこだわりたかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

バルーンリリース
一瞬で4万近くが飛ぶと考えたらもったいないとなり他に予算を回そうとなりました。

全身パネル
ウェルカムスペースに飾りたかったですが、時間と予算が足りず泣く泣く諦めました。

節約のための工夫

ペーパーアイテムは持込にして、ピアリーで購入したセットに自分たちで印刷しました。いいプリンターも買えたので満足です。

洋装の前撮りは、二次会でも使えるドレスを購入し、撮影は友人に頼んで、できるだけ費用を抑えました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

まだテーマやコンセプトが決まっていない方はインスタで花嫁アカウントを作って、とにかく情報を集めるのがいいと思います。
その中で自分がいいと思うのを保存していくと、自分の好みが分かってきて、自然とテーマも決まってくると思います。

あとは、何を1番大切にするかは2人で最初にしっかり話し合ったほうがいいです。その軸があれば、何が必要で何が不要か分かるようになります。

あとは彼の協力が必要不可欠です。
プレ花嫁は色々と情報収集して、何をしないといけないか、どんなことをしたいかっていうのが頭にあると思いますが、彼の方はそのイメージがほとんどないと思った方がいいです。イメージを共有して、やらないといけないことはtodoリストを作って見える化をしてあげることが重要だと思います。

2人で協力して準備期間も楽しんでください!

前撮り
後撮り

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

セルフ前撮りは、念願だったネモフィラの丘で!
カメラマンは親友にお願いしました。
親友に撮ってもらったからこそのリラックスした表情の写真がとってもお気に入りです。

和装前撮りは、京都で撮影しました。
一目惚れした菊そらがほんとに可愛かったです。

セルフ前撮り アルバムを見る >

ウェディングプロフィール

着用した衣装

・ドレス
・色打掛

和装前撮り アルバムを見る >