yui_cjcjさんのアイコン画像

yui_cjcj

和洋折衷をコンセプトにしました。

ホテル雅叙園東京は会場がとても綺麗だったことや、スタッフの印象がとてもよかったことが決め手となり選びました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-11-04
ホテル雅叙園東京
70人以下

ガーデンチャペルを利用しました。式場内は自然光が入り明るい印象でした。
披露宴は重厚感のある会場を選んだので、挙式は開放感のあるガーデンチャペルと対照的な雰囲気にすることができてよかったです。

また、挙式後は外にある広いお庭でブーケトスを行ったり全員での記念撮影を行うことができました!

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-11-04
ホテル雅叙園東京
70人以下

重厚感のある会場を選びました。
ホテル雅叙園東京には様々なコンセプトの会場があるので、自分たちのイメージにぴったりな会場を選べるのが良いところだと思います。

コンセプトやこだわったこと

和洋折衷を意識して準備を進めました。

ホテル雅叙園東京はどんな演出やアイディアを提案してもキチンと形にしていただけるので、好きなことをやりきることができました!特に担当プランナーさんが、式直前にお伝えしたワガママの全てに笑顔で対応してくださったことがとても印象に残っています。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ホテルの衣装サロンでウェディングドレスを選びました。特にブランドへのこだわりはなかったので気に入ったデザインのものを試着し、その中から決めました。
上半身はすっきり見えることと、レースで上品なデザインがお気に入りです。

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
色打掛

赤色の色打掛を選びました。
背が低いので、縦のラインが強調されるよう縦デザインが入っているものを選びました。

SHOES
シューズ

特にこだわりがなかったので、式場のブライダルサロンで一般的なものをレンタルしました。ヒールの高いシューズです。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

首回りをすっきり見せるようにしたのがポイントです。

ACCESSORIES
アクセサリー

浅草橋で購入したアクセサリーを持ち込みました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

ヘッドアクセサリーも浅草橋で購入したものです。

NAILS
ネイル

ビューティーサイトから選んだデザインのネイルです。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

テーブル装花には竹を選び、和のテイストを意識しました。当日はとても素敵に仕上がっていました!

FLOWERS
装花のポイント

会場の落ち着いた色・ドレスの白・色打掛の赤と被らないよう、緑&ピンクを基調にしました。

FOOD
お料理のこだわり

和洋折衷のコースを選びました。
少しお値段はしましたが、ゲストに満足していただけたと思います。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ケーキはいらなかったので頼まず、代わりに鏡開きを行いました。

WEDDING FAVORS
引出物

男性と女性でそれぞれ選びました。男性友人には個包装されたバウムクーヘン・マグカップ・鯛茶漬けセットを、女性友人にはマカロン・可愛いデザインの今治タオル・鯛茶漬けセットを贈りました。
また、上司にはカタログギフト・和三盆お菓子の詰め合わせ・鯛茶漬けセットを贈りました。

PETITE GIFTS
プチギフト

和の式場に合わせて、おかきをお渡ししました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ダイヤモンドシライシにて、2人で選んだエンゲージリングです。

WEDDING RING
結婚指輪

同じくダイヤモンドシライシで、シンプルなデザインのマリッジリングを選びました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

感動というより終始楽しかったです!

二人らしさとは

二人らしさとは、笑いの絶えない時間を過ごすことができたことだと思います。

嬉しかった参加者の反応

「豪華だったね!」と言っていただきました。
また、鏡開きで皆様にお酒を振る舞う用に升を特注したのですが、「ヒノキの香りが良かった!」と言っていただけたので用意した甲斐がありました。使用した升はお土産として持ち帰っていただきました。

私にとって結婚とは

お互いに協力し合うこと、干渉しすぎないことだと思います。

後悔していること

もっと自分磨きをして結婚式を迎えたかったです。

節約のための工夫

招待状の宛名書きは自分たちで行いました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

式場選びに足を運ぶ前に、ある程度“自分のイメージ”や“譲れないポイント”を抑えておくといいと思います。

私たちの場合は「ウェディングケーキは必要ないけれど鏡開きをしたい」や「仕事も忙しく、細かなこだわりはないので、できるだけお任せできるようにしたい」という考えがありました。そこに一番応えてくれる式場がホテル雅叙園東京だと思い、こちらに決めました。

初めのポイントさえ押さえておけば、細かい部分の理想が違ったとしても後悔しにくいのではないかと思います。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です