m.nweddingさんのアイコン画像

m.nwedding

テーマは「笑顔溢れる温かな結婚式」でした。
家族婚だったので、お互いの家族がリラックスできる空間を大切に、でもカジュアル過ぎず品が感じられる結婚式にしたいと思っていました。

形式的な挙式ではなく、どんな式にしたいかを自分たちで考えることができる〈ガーデン×人前式〉のスタイルにしました。絶対泣いてしまうと思ったので両親への手紙はやめて、生まれた時と同じ体重の米俵をプレゼントし、両親も笑顔で受け取ってくれました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度4
2020-11-28
THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO
10人未満

〈和装×日本庭園〉での挙式が希望でこの会場を選びました。普段は非公開のお庭で挙式ができる特別感や会場から八坂の塔が見えるロケーション、そして会場に移動するためにねねの道を通るので、道中多くの方からお祝いの言葉をかけていただき、心温まる特別な経験ができました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-11-28
THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO
10人未満

1番のおすすめは窓から京都の景色を楽しめること!ゲストにも情緒ある街並みを楽しんでいただけます。こげ茶色の梁がお部屋を温かみのある落ち着いた印象にしていますが、装花次第で華やかな空間にも変えられて、部屋の広さも広すぎないので、少人数婚でも居心地良く楽しめる会場だと思います。

エレベーターで移動ができるので、階段の登り下りが大変な方にも安心して参加していただけるのもオススメポイントです。

コンセプトやこだわったこと

ゲストが退屈しないような空間作りを心がけました。テーブルは両家が会話しやすいように、流しテーブルに。

また本来であれば受付に飾るウェルカムスペースですが、披露宴会場に飾っていただき、待ち時間が退屈にならないよう、また会場の余白を埋めて少人数でも寂しさを感じないように工夫しました。お互いの幼少期からの写真を飾って昔のことを思い出してもらったり、相手の家族にはお互いの成長過程を知ってもらえたらいいなと2人で話し合って考えました。

ゲスト一人一人に出番を作って、結婚式に参加してもらえるような演出も考えました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
和装 1着目

スタイル
白無垢

THE TREAT DRESSING 大阪店
真っ白の白無垢がよかったので、必然的に候補が2着に絞られたのですが、1着目に着たやわらかな印象の白無垢に決めました。

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
色打掛

THETREAT DRESSING大阪
ゴールドの色打掛にしました。色打掛は沢山試着して本当に悩んだのですが、季節が秋だったので、紅葉の赤とケンカしないことを軸にしつつ、最後は母の意見が決め手になりました。

SHOES
シューズ

白の草履
衣装合わせの時に、歩きやすいとおすすめされた3段の物にしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

挙式は結婚式の時にしか経験できない〈白無垢×綿帽子〉のスタイルに。披露宴は綿帽子を外して変化を楽しみました。

髪型は少し洋の雰囲気を取り入れて、コンパクトに下めのシニヨンにしていただき、ピタッとまとめすぎず、少し動きが出るようにセットしてもらいました。お色直しの時にはガラッと雰囲気を変えて、前髪をオールバックに。ゴールドの色打掛けに負けない華やかなスタイルにしていただきました。

ACCESSORIES
アクセサリー

白無垢では母が昔父からプレゼントしてもらった真珠のイヤリングをつけました。お色直しでは、色打掛がとても華やかなのであえてアクセサリーなしにしました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

白無垢の時は胡蝶蘭のヘッドセット(生花だとしなっとしてしまわないかが心配で、造花のものにしました)
色打掛の時は柄の色と合うような、ドライフラワーのヘッドセットを選びました。

NAILS
ネイル

乳白色のベースに、金箔を散らしたデザインにしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

メインのお花は特定せずに、いろんな色を取り入れて、華やかで明るい印象になるようにしました。

FLOWERS
装花のポイント

花瓶だと綺麗にまとまりすぎてしまう印象だったので、花瓶は使用せず〈流木×キャンドル〉の組み合わせにしました。

お花はテーブルから直接生えているように装飾してボリューム感を出しつつ、対面に座るゲストの顔もちゃんと見える高さにしていただきました。キャンドルは点火して、あたたかい印象になるようにしました。

FLORIST
フローリスト

静間由以さん、日比谷花壇さん

FOOD
お料理のこだわり

ゲストの年齢が親世代以上だったので、和食の要素が多いコースにしました。「温かいお料理は温かい器で、冷たいお料理は冷たい器で出てきて、どれも本当に美味しかった」と好評でした。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

秋婚だったので「みのり」という名前の、秋仕様で和装にも合うデコレーションのケーキにしました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

HARRY WINSTON

WEDDING RING
結婚指輪

HARRY WINSTON

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

父とバージンロードを歩いたことです。
昔からずっと「本当に好きな人と結婚しなさい」と言ってくれていた父。今まで何かと心配をかけてきた分、父が元気なうちに花嫁姿を見せてあげたい、一緒にバージンロードを歩きたいと思うようになりました。バージンロードを一歩一歩父と歩きながら、叶えられて本当によかったと感じていました。

二人らしさとは

いっつもふざけて笑い合っていること

嬉しかった参加者の反応

式中、ゲストがずっと笑顔で過ごしてくれたことが一番嬉しかったです。今でもいい結婚式だったと言ってくれて、改めて結婚式をやってよかったと思っています。

挙式会場に移動するために、ねねの道を通ったことも「今まで参加した結婚式では無かった初めての経験で、京都らしさが感じられてよかったよ」と言ってもらえたことも嬉しかったです。

私にとって結婚とは

これからの人生を、楽しい時も苦しい時も一緒に分かち合っていくこと。

後悔していること

カメラ撮影の指示書を作成していなかったこと。
ゲストの自然な表情を残して欲しいという希望があり、それだけは伝えていたのですが、具体的にこんなショットが欲しい!というところまで考えていなくて、出来上がった写真を見てから後悔しました。どんな写真を記念に残したいか頭の中を整理するためにも、指示書を作成すればよかったです。

やりたかったけれど諦めたこと

ハワイ挙式にずっと憧れていたのですが、コロナのために叶わずでした。

節約のための工夫

こだわりがないものや、自分たちで出来ることは節約しました。例えば、前撮りの写真は全然こだわりがなかったので、セルフ前撮りにして、ドレスやアクセサリーもフリマサイトを活用しました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

後悔しない式場選びをするためにも、見学前にどんな結婚式にしたいか2人で話し合って、見学時に確認することをまとめておくことをお勧めします!着たいドレスや、お願いしたいスタイリストさんがいても出来なかったり、式場の提携外で持ち込み料金がかかったりするので、特にこだわりのある花嫁様は要注意です。

見学に行く時には、先に見学に行った式場の見積もりを持って行くと比較が出来るので、値引きの交渉がしやすくなります。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です