卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

a.n_cawedding

a.n_caweddingさんのプロフィール写真
国際結婚ということで家族や友人の住んでいる場所がバラバラですが、できるだけたくさんの方に参加してほしいという思いで、3ヶ所(京都、カリフォルニア、東京)でWeddingを企画しました。

新郎新婦のルーツや出会いのきっかけとして、アメリカ、日本、ロシアの要素を取り込みました。
挙式
挙式の満足度
5
Inn of the seventh ray

自然に囲まれた会場は、挙式はもちろん、ファーストミートや写真撮影も最高の空間で行えました。
飾り過ぎないナチュラルなお洒落感が理想通りでした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
70人以下

〜東京party〜
友人や自分達の演奏やパフォーマンスを入れたかったので、ライブハウスの中で選びました。
新郎新婦ともにおしゃれな雰囲気が気に入り、2ヶ所目で即決でした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

京都で家族だけの神前式(2019.2.10)
アメリカでメインの結婚式(2019.5.4)
東京で友人を招いてのwedding party(2019.8.11)

と、規模やゲストはそれぞれ異なりましたが、ゲストに気楽に楽しんでほしい、新郎新婦もゲストと近い場所で一緒に楽しみたいというポイントは共通でした。
(画像…California wedding)

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ウェディングドレスはアウトレットで購入し、カリフォルニアと東京で着用しました。

母に勧められて試着したドレスが気に入り即決しました。
シワ加工、レース、クリーム色がカリフォルニアの式場にピッタリだったからです。

和装 2着目

神前式で白無垢と色打掛をレンタルしました。

スタイル
白無垢
シューズ

ゴールドのエナメルシューズです。

ヘアメイクのポイント

〈ヘア〉
京都・カリフォルニア…ボリューム感のあるアップスタイル
東京…ショートヘアにし、変化を楽しみました。

〈メイク〉
神前式はお任せ、ドレス着用時はセルフメイクで、テーマカラーのパープルを取り入れました。

アクセサリー

ドレス着用時は両親からもらったパールのネックレス、義姉から当日もらったネックレス、新郎からのブレスレットを着用しました。

ヘッドアクセサリー

カリフォルニアでは、卒花した友人から譲り受けたヘッドドレスを着用し、東京でショートヘアの時は、何も付けずにシンプルにしました。

ネイル

京都…水引をイメージした和風ネイル

カリフォルニア…テーマカラーの淡いパープルグラデーション

東京…セルフでパープルピンク

メインで使った花や装花のテイスト

〜California wedding〜
テーマカラーのピンク、パープルで好みの画像を探して送りました。
イメージ通りのもので感動しました。

装花のポイント

各テーブルの装花は義母が用意してくれました。
テーマカラーだけ伝えてお任せだったのですが、大好きな組み合わせで、会場にもぴったりでした。

お料理のこだわり

京都…懐石料理
カリフォルニア…ブランチビュッフェ
東京…ビュッフェ

パーティーの時間とゲストの好みを意識しました。
(画像…California wedding)

ウェディングケーキ

カリフォルニア…三段ケーキ+花
東京…一段ケーキ+フルーツ

引出物

神前式…京都のお菓子、カリフォルニアのお菓子、雑貨

カリフォルニア…日本のお土産

プチギフト

カリフォルニア…エスコートカード兼プチギフトとして扇子、キットカット

東京…幸せサブレ

婚約指輪

新郎の祖母の指輪を譲り受けました。

結婚指輪

ブランドにはこだわらず、メーカー直営店で気に入ったデザインの物を購入しました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

世界各地から私達のウェディングの為に集まってくれたこと、たくさんの方のサポートのおかげで3つのウェディングを無事行えたこと自体が感動でした。
(画像…California wedding)

二人らしさとは

二人らしさは、人との繋がりを大切にすることです。
ウェディングも友人や家族と一緒に作りあげました。
友人や家族にセレモニーの演出に参加してもらったり、友人に演奏やパフォーマンスをお願いしたりしました。

嬉しかった参加者の反応

当初アメリカに来ることを渋っていた両親が、『来てよかった…』と心から言ってくれたのが嬉しかったです。
友人からは『こんなラブラブな結婚式初めて』とも言われました。笑

私にとって結婚とは

一生のパートナーと一緒に新たなスタート地点に立つことです。
結婚式の準備は、長い人生のほんの一部にしか過ぎず、これから2人の生活を築いていくことにワクワクします。

時々、意見がぶつかることもありますが、真剣に言い合える相手だからこそ特別な人だなぁと一緒に住み始めて思いました。

後悔していること

ありません。
強いて言えば、もう少し早めに声を掛けていれば、式に参加できたかもしれない友達がいたことです。

やりたかったけれど諦めたこと

白無垢でのかつら&角隠しです。
式後の食事会まで付けておくのは辛そうだったので、式から通して洋髪にしました。(式中は綿帽子)

節約のための工夫

ペーパーアイテム類、ムービーは全て手作りにしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

とにかくイメージを膨らませて、自分達らしい結婚式にしてください。
実現難しそうに思えることでも、工夫次第で実現できる方法もあると思います!
結婚式は本当に本当に楽しいです。
是非準備から2人で楽しんでください!!