ntk_wd1124さんのアイコン画像

ntk_wd1124

ゲストにはおいしい料理とお酒、仲間との会話を楽しむ贅沢な時間を過ごしてほしかったので、そのための空間づくりにこだわりました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2019-11-24
名古屋マリオットアソシアホテル
150人以下

チャペルはゲストとの距離が近いので、ひとりひとりの顔が見え、皆に囲まれて祝福される幸福感を味わえました。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2019-11-24
名古屋マリオットアソシアホテル
150人以下

ボールルームはクラシカルな雰囲気満点ですが、ライディングでパーティー感も演出でき、雰囲気をがらっと変えることができるのでおすすめです。

コンセプトやこだわったこと

料理がおいしいこと。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
ANTONIO RIVA
ショップ
LAVIEEN ROSE

ドレス名:sissi

かわいらしいデザインながら、ミカドシルクの高級感で大人っぽくも着られそうなところ、クラシカルな会場の雰囲気に合いそうだったところがポイントでしたが、決め手は何より試着したときの高揚感です。

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
色打掛

赤の色打掛は母の希望でしたが、顔映りが良く、王道の鶴の刺繍もポイントでした。

THIRD DRESS
ドレス 3着目

ショップ
LAVIEEN ROSE

ブランド:ersa atelier ドレス名:mavia

1着目と同じビスチェタイプのホワイトドレスですが、チュールやビーズ刺繍、ハートカットのビスチェで印象を変えられそうだったこと。腰からチュールが立ち上がるデザインが個性的で他人と被りにくいうえ、お色直しに相応しい華やかさもあったことが決め手でした。

SHOES
シューズ

クリスチャンルブタンのthe lacy。
ゴールドとシルバーの糸が使われたメッシュ素材のオープントゥパンプスで、ヒールは12センチでした。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

挙式:ヘアはタイトなシニヨン。メイクはナチュラルに、アイラインはなしでリップはピンクベージュ。

披露宴(和装):つるんとした洋髪に生花の胡蝶蘭をつけました。メイクは挙式のナチュラルメイクをベースにリップを赤にチェンジしてもらいました。

お色直し:ヘアは動きを出したローポニー、メイクは目元にラメとアイラインを足し、リップはボルドーに。

ACCESSORIES
アクセサリー

挙式:エストネーションで購入したbenamunのイヤリング
披露宴(和装):ミキモトのパールイヤリング
お色直し:ヴェラウォンで購入したbenamunのイヤリング、SWAROVSKIのブレスレット

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

和装では生花の胡蝶蘭。洋装ではヘッドアクセサリーはつけませんでした。

NAILS
ネイル

Vフレンチに薬指のみパールをつけました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

テイスト:会場に合わせてクラシカルに、かつ、大人婚なのでシックになるようお願いしました。
お花:ユリ、カラー、かすみ草、トルコギキョウなど。

FLOWERS
装花のポイント

会場が広く天井も高かったので、装花に高さを出すこと。同時に高砂やスクリーンの見やすさもキープすること。

FLORIST
フローリスト

坪井花苑

FOOD
お料理のこだわり

お料理がおいしいことは絶対条件だったので、全国のホテルでも名古屋マリオットアソシアだけというミクニとのコラボメニューを選びました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

披露宴前半は和装だったのと、「ケーキより酒がいい」という新郎の一言で、ケーキカットの代わりに鏡開きを行いました。樽の爽やかな薫りが移った日本酒がおいしいと好評でした。

WEDDING FAVORS
引出物

縁起物:親族、主賓にはかつおぶし又は赤飯。友人にはオリーブオイル。

記念品:軽さ重視でカタログギフトにしましたが、ゲストの好みに応じて体験型が多いもの、かわいらしいセレクトのもの、食が充実しているものを贈り分けしました。

引菓子:遠方の方には名古屋で有名なパティスリーのマカロン、地元の方にはピエールマルコリーニのマドレーヌ。

PETITE GIFTS
プチギフト

ソラン・デ・カブラスのブルーボトルのミネラルウォーター。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

vancleef&arpelsのロマンス。

WEDDING RING
結婚指輪

vancleef&arpelsのエステル。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

余興でピアノ歴50年以上の父と、父のバンド仲間にジャズナンバー「SMILE」を演奏してもらいました。
前奏として私が生まれた年に発売され、私の好きな曲でもある赤いスイートピーをジャズにアレンジして演奏してくれました。

父が一生懸命練習して演奏してくれたことがとても嬉しく、一生忘れられない思い出になりました。

二人らしさとは

*笑顔。
日頃からいつも笑顔でいることを大事にしており、結婚式も笑顔あふれるものになったと思います。

*食。
ふたりとも食べることが好きなので料理には予算を割きました。又、ふたりのおすすめの名古屋グルメを紹介するグルメムービーを流し、好評をいただきました。

*自分たちのことよりも相手のことを気遣ってしまうところ。
結婚式でも会場選びをはじめ全てにおいて自分たちよりもゲストを優先して考えました。

嬉しかった参加者の反応

・おもてなしの気持ちが伝わってきた
・豪華で洗練されていて、でも温かい式だった
・家族に大事にされて育ってきたことがわかった
・料理がとにかく美味しくて、みんなおいしい!おいしい!って言って食べてたよ。
・普段の仕事や家事育児を忘れて楽しめた
・ムービーが面白かった!(2020年秋挙式予定のゲスト)自分の式でもあんなムービーを流してみたい。

私にとって結婚とは

笑顔。結婚してお互いに笑顔が増えました。

後悔していること

・準備期間として半年は確保するべきでした。
会場と契約したのが式から4ヶ月前。それまで結婚式に関心もなかったので、ゼロから情報収集を始めました。会場の成約者向けフェアにも1度も参加できず、イメージが固まらないまま打ち合わせに臨んで物事が進んでしまいました。

ドレスとヘアメイク、ブーケ、装花を同時進行で考えなければならず、全体をまとめるのが難しかった。もう少し時間が欲しかったと思います。

・時間的に難しかったですが、できればヘアメイクと写真は外注したかった。

節約のための工夫

・LEDのムービングライトが特徴の会場でしたが、ギラギラした雰囲気が好みでなかったことと節約のため使用せず、ライディングはお任せにしました。
・ムービーは自作しました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

準備は大変ですが楽しんでください。
笑顔でいれば間違いなく人生で最高の日になります!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です