卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
グランドホテル東雲
100人以下

グランドホテル東雲のホテル内の神前は、多くのご来賓の方が参列することが出来ます。
家族はもちろん、たくさんの友人の前で誓いを立てることが出来ました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
グランドホテル東雲
100人以下

シックな雰囲気の会場なので、和装・洋装をしても会場の統一感を崩さず披露宴が執行できました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

一番に、結婚を喜んでくれた家族にきちんとした形で感謝を伝えたいと思いました。
披露宴の流れの中で、きちんと家族一人一人にメッセージが届くように演出しました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

白無垢は、どうしても着たい一着でした。
昔から着物が好きだったこともあり、式を挙げるのなら白無垢と決めていました。
白無垢は日本の花嫁の衣装ということもあり、着用した際は背筋が伸びるようでした。

スタイル
白無垢
和装 2着目

色内掛けは、赤色の着物にしました。
こちらも、赤色な色内掛けに憧れがあったからです。成人式や卒業式など、赤色は着ないで結婚式の時に着ると決めていたので着れて嬉しかったです。

スタイル
色打掛
ドレス 3着目

ウェディングドレス octavia
ウェディングドレスは、本当に迷いました。
何件もお店に行き、試着を繰り返しました。
vera wangのoctaviaを着た際は、本当に軽くて柔らかい雰囲気が気に入りました。完全に一目惚れでした。唯一無二のドレスと言われるだけあり、本当に大好きなドレスです。

シューズ

たくさん歩くと考え、普段から履き慣れてるDIANAのウェディングシューズにしました。
ウェディングドレスの裾から見えても可愛い、ビジュー付きのものにしました。

ヘアメイクのポイント

綿帽子から髪が出ないようにセットしました。
綿帽子を取っても、可愛いようにまとめ髪にしました。
ウェディングドレスの際は、ポニテールにしたかったので大人可愛いローアップにしました。

アクセサリー

アクセサリーは、ジェニファーベアのクロエというイヤリングのみにしました。
ゴールドで大振り、存在感を出したかったので正解でした。

ヘッドアクセサリー

和装の時に、ドライフラワーのヘッドアクセサリーを使用しました。

ネイル

仕事柄、生まれて初めてネイルをしました。
シンプルなものにしたかったです。

メインで使った花や装花のテイスト

緑を多く取り入れてもらいました。
そして、色々な色のお花を入れてもらうことで、とても華やかな会場になったと思います。

装花のポイント

ミモザのお花が好きなので、ミモザたっぷり入ったブーケをお願いしました。
和装・洋装共にドライフラワーのブーケを使用しました。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキは、カラードリップケーキにしました。
費用などのことも考え、土台などは手作りで作成しました。
三段目のみ生ケーキにしてもらい、ファーストバイトが行えるようにしました。
誰にも気付かれなかったです。笑

引出物

引き出物は全部で16パターンになってしまいました。年齢・性別なども異なるので、その方に合ったものを送りたいと考えるとパターンが多くなりました。

プチギフト

カトープリエというケーキ屋さんのレーズンラスクにしました。

婚約指輪

主人が選んだ婚約指輪ですが、ダイヤの形がハートカットされている指輪です。

結婚指輪

結婚指輪は、TSUTSUMIのペアリングにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

入場のシーンです。
二人の思い出の音楽ということもあり、 ハナミズキの音楽を使用しました。
たくさんのご来賓の方の顔を見た時は、 入場から涙が溢れでてきました。

二人らしさとは

二人でいると、より一層自分らしくいれることです。長い付き合いということもあり、大好きという感情よりも、なくてはならない存在という感情の方が大きいような気がします。

嬉しかった参加者の反応

神前式に参列したことがない友人方が多かったので、神前式の良さがわかったとの声が聞けたのは嬉しかったです。
また、DIYしたものも、たくさんあったので褒めて頂き、頑張った甲斐がありました。

私にとって結婚とは

当たり前ですが、家族になることです。
お互いを想い、生活を共にしていくことだと思います。
思いやりなしには中々難しい気がします。

後悔していること

カメラマンさんは頼みましたが、ビデオ撮影は金額的に頼みませんでした。
でも終わってみると、プロのビデオ撮影は入れておけば良かったなぁ〜と、夫婦で後悔しています。

やりたかったけれど諦めたこと

ブーケを自分で作りたかったです。
色々なお花屋さんに行き、ブーケを作成しようと試みましたが、上手くできず断念しました。

節約のための工夫

ケーキの土台を手作りしました。
これだけで8万円以上の節約になりました。
招待状・座席表・プロフィールブックなどのペーパーアイテムも手作りしたので節約になったと思います。 また、オープニングムービー、プロフィールムービーなども手作りしました。 鶴シャワー用の鶴は家族に協力をしてもらいました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

自分たちが行いたい結婚式を想像することが大事だと思います。
そして具体化してイメージする!
そうすることで自分たちの想いなどを、多くの方に伝えることができるのではないかと考えます。
私たちは準備期間が1年以上ありましたが、最後の最後までバタバタしていました(笑)
しかし、終わってみると良い思い出です。
一生に一回の結婚式を妥協せず、たくさん悩んでひとつひとつ丁寧に決めてください。