卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

hwd_0711

hwd_0711さんのプロフィール写真
『開放的で非日常を感じる事のできる式』
ゲストにとっても特別な日になるよう、日常でなかなか感じる事のない空間を作りたかったです。チャペル・披露宴会場における広さと、歓談中ゲストを近くに感じることができるよう会場の横にはガーデンがある会場を選びました。また、1番のこだわりは『階段』です。

自分がゲストとして何度か結婚式に参加したとき、場所によって主役の2人の姿があまりみえないことを残念に思うことがありました。それは主役の2人にとっても同じじゃないかと。なので自分たちからもゲストたちからもお互いに自分たちの姿をしっかり見ることができるよう階段のある式場を探しました。

挙式後のフラワーシャワーでも、披露宴での入場でも、自分たちの招待したゲスト全員の姿をしっかりとみることができて、本当に良かったと思っています。
大阪府 / ユニバーサルシティ駅
アルカンシエル ベリテ 大阪

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
アルカンシエル ベリテ 大阪
100人未満

チャペルのバージンロードの長さ、天井の高さ、明るく真っ白な会場、本当にすべてに特別感がありました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
アルカンシエル ベリテ 大阪
100人未満

会場横に大きな窓があり、そこをあけるとプール付きのガーデンがあります。ゲストと写真を撮ったり、デザートビュッフェをしたり、海外ウェディングのような空間がオススメです!

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストにすべての時間を楽しんでほしいと思い、ウェルカムパーティーやデザートビュッフェなど、テーブルの席にとらわれないアットホームな式になるようこだわりました!そして、みんなとたくさん写真を撮ることにもこだわりました!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

式場にあったドレス。Aラインで、胸部分がハートネックの形になってるところ。大きく背中が開いていて、トレーンがすごく長く高級感がありました。

ドレス 2着目

式場にあったドレス。(確か、神田うのさんプロデュースのシェーナ・ドゥーノ)
ピンクでも紫でもなく、私が1番好きなラベンダー色のドレスです。こちらもAラインで、胸元や腰回りにビジューがたくさんついている華やかなドレスです。

ドレス 3着目

ドレリッチ
二次会用にレンタルしたのはマーメイドドレスです。すべて海外デザインのドレスの為、あまりみないデザインで、背中部分のシースルーが特に気に入っています。

シューズ

式場でレンタルした、エナメル白色の5cmヒールです。

ヘアメイクのポイント

【ヘア】
〈WD〉
首回りが綺麗にみえるよう、シニヨンスタイルに。
〈CD〉
編み下ろしにしました。
どちらも後毛を出し、少しルーズにセットしました。

【メイク】
シャドーの色味をウェディングはブラウン、カラードレスはピンクと、ドレスに合うよう変更しました。チークの濃さや色味も変え、細かい変化をつけました。

アクセサリー

イヤリングは小ぶりなもの。ネックレスはビジューがしっかりとついた目立つものにしました。

ヘッドアクセサリー

〈WD〉
ティアラ。
〈CD〉
ブーケと同じお花を髪飾りとしてたくさんつけました。

ネイル

白のグラデーションネイルです。

メインで使った花や装花のテイスト

ブーケはドライフラワーをメインに。薔薇や、パンパスグラス、かすみ草、緑も好きなのでバランスもみながらリースも入れました。

装花のポイント

色が喧嘩しないよう、かつ、シンプルになりすぎないよう気をつけました。また、ドレスとの相性も考えながら選びました。

お料理のこだわり

フランス料理。食べやすく、高級感もあり、全部美味しかったと言ってくれました。

ウェディングケーキ

いちごのクロカンブッシュ。いちごがたくさん使われたインパクトのあるケーキにしました。

引出物

〈親戚や上司〉
梅干し、今治タオル、ユーハイムのバームクーヘン
〈友人〉
今治タオル、ユーハイムのバームクーヘン

プチギフト

"いつまでもよろしクッキー"という名前の人型をしたクッキーにしました。

婚約指輪

Boucheron ブシュロン
真ん中にダイヤのついたプラチナの指輪。

結婚指輪

Boucheron ブシュロン
二連になったゴールドの指輪。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

サプライズの余興ムービーです。仕事仲間の男友達たちが漫才をしてくれると聞いていたのですが、友人達からのメッセージムービーと、私の母校へ行ったムービー、最後には夫のサプライズメッセージがあり、私のために時間を使って準備してくれたことにすごく感動しました。

二人らしさとは

友達みたいな夫婦なところです。夫婦である前に、私たちは友達でした。いつまでも友達みたいに笑い合い、楽しく過ごしていきたいと思っています。

嬉しかった参加者の反応

コロナ化で全く先がみえない状態の時に、
楽しみにしている。
絶対に参加する。
しっかりと対策してるし大丈夫。
絶対できるよ!
と励ましてくれた言葉は本当に励みになりました。

私にとって結婚とは

人との繋がりです。今までずっと一緒に過ごしてきた家族以外に、義家族、また自分たち夫婦としての家族とたくさんの人と繋がり、その輪が広がっていく素晴らしいものだと思います。

後悔していること

余興など、各セレモニーなどのタイミングです。私はエンドロールをハーフというものにしました。ハーフとは、式初めからお色直し入場までを編集したものです。その時は何も考えていなかったのですが、余興がお色直し後だったのでエンドロールには入っていませんでした。

友人たちが一緒に式を盛り上げてくれた場面を形に残すことができなかったのが唯一の心残りです。

やりたかったけれど諦めたこと

披露宴会場はソファー席の方がアットホームな感じになるかと思いましたが、予算の都合上やめました。
結果、高砂の方が会場の雰囲気に合っていたように感じるので後悔はしていません。

節約のための工夫

自分たちでDIYしたり、ペーパー類はすべて委託しました。プロフィールムービーは自分たちで作成し、ペーパー類はネットで外部委託したり、式場の値段と色々比較しながら節約しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

現在、新型コロナウィルス感染拡大において多くのプレ花嫁さんが悩み、不安な日々を送っているかと思います。私もそのうちの1人でした。たくさん悩みましたが、招待するゲストたちからの結婚式を楽しみにしているという声を聞いて、自分たちが暗い顔してたらダメだ!と思い、楽しみにしてくれているゲスト為にも全力で楽しもう!と考えるようになり、そして決行を決めました。

結婚式はとにかく楽しい時間でした。その時は色々といっぱいいっぱいでしたが、帰ってエンドロールを見た時に涙が出ました。自分の結婚式なのに。でも、これはただ感動の涙だけではなくて、やっぱり色々と悩んで落ち込んでとか、今年の花嫁さんしか感じない気持ちの何かが、一気に出てきた感じです。

これから結婚式を挙げられる花嫁様。2人が決めたことに自信を持ってください!それに正解も不正解もありません。私が卒花して思ったことは"やってよかった!"の一言です。