卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
リビエラ東京
70人以下

一面ガラス張りのチャペルにたくさんの自然光が入り、曇りガラスへの切替も出来る点がおすすめです。
ガラスの切替は即座に行えるので、入場シーンなどで、シルエットのみ映したい場合はゲストへの演出で利用できます。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
リビエラ東京
70人以下

披露宴会場内にキッキンがあり、ゲストの皆様の前で作って頂けるので、音と薫りも同時に楽しめる点がおすすめです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

待合室でのBGMです。
新郎新婦が思うゲスト皆様への一人一人へのメッセージを音声収録し、待合室にてBGMとして流しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

リビエラ東京内ドレスサロンにてレンタルしました。持込不可の為、憧れのヴェラウォンに似た、チュールがふんだんに使われた、ドレスサロン内でも一番重いドレスを探してもらいました。シンプルが好きなので、トップのみ刺繍があり、スカート部分はチュールのみのデザインを選びました。肌が白いので、限りなく真白に近いドレスを選びました。

ドレス 2着目

リビエラ東京内ドレスサロンにてレンタルしました。テーマカラーである紫色のドレスを選びました。もともとローラアシュレイの家具や雑貨が大好きで、ドレスを見せて頂いて即決しました。スカート部分のチュールも紫以外に、ピンクやイエローが使われており、刺繍もとても可愛くてお気に入りの1着です。披露宴が終わった後に知ったのですが、インスタで人気のドレスとのことで、ゲストの皆様にもとても好評でした。

シューズ

リビエラドレスサロンでお借りした、白の3センチパンプスでした。
前撮りではフェラガモのヴァラリボンが付いた7センチヒールを履きました。色は肌馴染みの良いnew bisqueです。

ヘアメイクのポイント

1着目のドレスでは低めのシニヨンで上品さを意識しました。
2着目のドレスでは巻いてもらった髪を下ろし、ゆるめのポニーを作って頂きました。

アクセサリー

銀座ダイヤモンドシライシのネックレスとイヤリングでした。
2着目は、自前のMIKIMOTOのパールピアスでした。

ヘッドアクセサリー

1着目はMIKIMOTOのティアラ、
2着目は生花で作って頂いたヘアアクセサリーを付けました。

ネイル

ラメフレンチをお願いしました。
肌馴染みの良いピンクベージュとシルバーのラメでオーダーしました。

メインで使った花や装花のテイスト

テーマカラーの紫でお願いしました。
ピンクも使って頂き、会場全体が華やかに見えるよう紫陽花をふんだんに使って頂きました。

フローリスト

リビエラ東京内のフラワーコーディネーターの方です。

お料理のこだわり

お料理で会場を決めたと言ってもいいほどです。結婚式場にしては珍しい和食で、もともと料亭だったお店が現在は、リビエラ東京として運営されているので、出汁が効いててとても美味しいです。
ゲストの皆様にも「今まで食べてきた会場の料理の中でも一番美味しい」と言って頂けました。

ウェディングケーキ

レモンケーキを選びました。
もともと広島の銘菓、レモンケーキが好きだという点、そしてスイーツビュッフェも企画していたので、ケーキが被らないよう選びました。レモンケーキの周りをシュガーでコーティングしてもらい、見た目はシンプルなケーキにしました。

引出物

1、グルメカタログ
2、京都グランマーブルの食パン(京都三食、プレステージ、メイプルキャラメル)どれか1種をランダム
3、プチギフト
親戚には御祝儀に応じてグルメカタログの金額を変更しました。

プチギフト

シュガーコーティングが施されたチョコレートです。リビエラ東京にてオーダーしました。

婚約指輪

銀座和光で購入しました。一粒ダイヤの周りには小さなダイヤが施され、花をイメージしたゴージャスでエレガントな雰囲気です。
とてもお気に入りです。

結婚指輪

銀座和光にて購入しました。
婚約指輪の地金がS字なので、重ね付けできるように結婚指輪もS字にしました。地金の片面にダイヤがセッティングされた指輪です。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

サッカー日本代表の長友選手や奥様の平愛梨さん、元スペイン代表で現在、サガン鳥栖でプレーしているフェルナンドトーレス選手、その他日本代表選手やJリーグの選手の方々からお花やビデオレターを頂いたことです。彼が大のサッカー好きで、義両親が私たちのために頑張って動いてくれたことに対して、親の愛情の偉大さを改めて感じました。

二人らしさとは

大事にしてることは、喧嘩しても当日中に絶対仲直りすることです。生活のルーティンが違うので、お互いにコミニュケーションをよくとることを意識しています。

嬉しかった参加者の反応

ご飯も美味しく、ドレスもテーブル装花も全て豪華だったと言って頂けたことです。泣いたり笑ったり感情が追いつかなかった〜という声もありました。

私にとって結婚とは

責任。1人だけの人生ではないから、今まで以上に自身の健康、そして彼の健康に気をつかうようになりました。そして今は父親を支える母親としての役目、精神力の強さを痛い程感じています。

やりたかったけれど諦めたこと

バルーンを使った演出です。バルーンリリースをしたかったけど、結婚式が台風が多い9月だったために、天候のことを考え諦めました。

節約のための工夫

オープニングムービーです。彼の趣味が映像作りなので、ソフトを購入し、ドラゴンクエスト風に自身で作りました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

やりたいと思ったことは無理かもしれないと思っても、絶対プランナーさんにお伝えするべきです。私たちは申込時に「出来ません」と言われていたことでも結局ワガママを言って実現することが出来ました。一生に一度ですから、後悔のないように楽しんで準備を進めて下さい。