卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
神戸セントモルガン教会
70人未満

なんといってもチャペルのステンドグラスの美しさです。挙式はTHE正統派にしたかったので満足しています。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
神戸セントモルガン教会
70人未満

人数に対して、広すぎず狭すぎずの規模が気に入っています。会場の縦横レイアウトを自分たちの好みで選べたのが良かったです。横レイアウトにしたことで、末席の親族でも距離感が近かったのが嬉しかったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

自分たちの好き!を詰め込むこと。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

和装前撮りで着用した色打ち掛けを選んだポイントは、七五三や成人式で着なかったイメージの打ち掛けを選びました。華やかだけど派手すぎない刺繍がお気に入りです。

スタイル
色打掛
シューズ

式場で用意して頂きました。旦那との身長差もあるので、とにかく高いヒールにしてもらいました。

ヘアメイクのポイント

派手になりすぎないよう、上品なイメージで、とだけお伝えして、あとはお任せしました。

アクセサリー

式場でドレスに合わせて用意していただいたものの中から選びました。

ヘッドアクセサリー

和装前撮りでは大好きなかすみ草のヘッドパーツを作って頂きました。

挙式当日のヘッドアクセサリーは式場に用意していただいたもの、お色直しではハロウィンをイメージして、ディズニーのカチューシャと好きなバンドのグッズの角カチューシャを着用しました。

ネイル

普段から爪を伸ばすのが苦手なので、シンプルなネイルチップを着用しました。

メインで使った花や装花のテイスト

招待状のデザイン、ウェディングブーケ、前撮りのヘッドパーツ、会場装花には統一してかすみ草を使用しました。

装花のポイント

ウェディングドレスにも、お色直しのドレスにも合わせやすいよう淡い色合いのイメージだけお伝えしてあとはフローリストさんにお任せしました。淡い紫のバラを入れて頂き、お色直しの淡いオレンジと合わせてパステルカラーのハロウィンをイメージしました。

お料理のこだわり

試食をした際にとても美味しかったので、基本のコースにしました。ゲストの方からもおいしかったと好評でした。

ウェディングケーキ

プロポーズの時にいただいたバラの花束をイメージして、バラをたくさん飾ったケーキにしました。
ここでも大好きな自分ツッコミくまを登場させたくて、タキシードとドレスを着たアイシングクッキーを作っていただきました。

引出物

引き菓子は式場と提携のお菓子屋さんのパンドジェンヌというケーキにしました。
あとは鰹節と醤油の卵かけご飯セット。
親戚と友人でカタログギフトの金額をわけました。

プチギフト

コストコで買ったマルティネリのリンゴジュースに手作りの葉っぱのタグをつけました。

婚約指輪

ダイヤモンドシライシ

結婚指輪

銀座ダイヤモンドシライシ
婚約指輪と重ね付けしたときにきれいに見えるよう選びました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式が始まるときに、開いた扉の先に友人、同期、家族がこちらを見ていた時、大好きなみんなが揃うことなんてそうそうないと感じ、とても嬉しかったです。

二人らしさとは

感謝をきちんと言葉で伝えること。

嬉しかった参加者の反応

今まで参加した結婚式の中で一番新郎新婦と話すことができた。とても素敵な挙式で感動した。
と言ってもらえたことが嬉しかったです。

私にとって結婚とは

結婚生活はささやかな幸せの積み重ねだと思います。
ささやかな日常を積み重ねていって、記念日を祝う時などに、この人と結婚して良かったなとしみじみ思います。

後悔していること

当時あまり結婚式に当てられる予算がなかったので、会場装飾、衣装、ペーパーアイテムなどはかなり節約したのですが、いざ終わってみるともう少しお金をかけれたなと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

会場装飾‥予算の都合で節約すべきところだと思った。結婚式後にもう使わない小道具が家に溢れそうだった。

ドレス‥本当は着たいドレスがあったのですが、予算がかなり跳ね上がるため、先に予算を決めてその中から選びました。私が着たいもの、というより親にとって最後の着せ替え人形だと思い、色々悩んだ結果最後は親が気に入ったドレスにしました。

節約のための工夫

ペーパーアイテムは自作することでだいぶ予算が削減できたと思います。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

挙式当日よりも、それまでに2人で色々相談したり、時には喧嘩をしたことで少しずつ夫婦になっていくんだな、と感じました。

準備は大変だったけど、思い返してみれば良い結婚式だった〜と言えるように、たくさん悩んで、たくさん楽しんでください!