卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ノートルダムマリノア

大聖堂のステンドグラスがほんっっとうに綺麗で素敵です!! 前撮りも当日も一生心に残る大切な写真がたくさん撮れました!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ノートルダムマリア

どの会場も全面ガラス張りの海が見える景色でカーテンロールを上げると一気に明るく海が広がるのでおすすめです! 式場内も外観もとても綺麗にされていて お城で結婚式をしてるようです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ペーパーアイテムは飼っている愛猫を登場させたくて全て自作にこだわりました! ウェルカムボードやフォトプロップスもDIYにこだわりました!

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

私はチュールふわふわで女の子らしいものが苦手で、最初はシンプルなものがいいと思っていたんですが、チュールふわふわでボリュームのあるものを着てみると予想外に良く、胸〜お腹の部分は刺繍で甘すぎずトレーンの長さもあって大聖堂に映えそうで決めました!

ブランド
THE LOVEL
ドレス 2着目

ドレスを選ぶ前から黄色が黄緑のドレスが着たいと思っていて、色、形ともに理想に近かったので決めました!

ブランド
THE LOVEL
シューズ

thelovelのもので特にこだわったところはないです。 とりあえず足にフィットすること重視でした。

ヘアメイクのポイント

メイクはケバくならなければいいという感じでこだわりはなかったです。

アクセサリー

お義母さんから借りた真珠のパールのイヤリングとネックレスをつけました。

ヘッドアクセサリー

ティアラは似合わなかったので、挙式のときは大きくて長いアクセサリーを耳の上につけました。

ネイル

ブライダルネイルという感じではなく、ネイルにも愛猫を描いてもらいました!

メインで使った花や装花のテイスト

挙式ではレースフラワー、ノースポール?、クラスパディア?をメインに白を基調にしました。
カクテルドレスの時はリースブーケにして、ドレスが黄緑なのでビビットカラーのカラフルな色の花にしてもらいました!

装花のポイント

ブーケは持って帰れるので、ドライフラワーにしたいと思っていて 猫がユリ科、ラベンダーがダメなのでそれを使わないで作ってもらいました!

フローリスト

フローリストさんはノートルダム専属の方です。

お料理のこだわり

少なすぎず多すぎず、少し遊び心のあるコースを選びました。

ウェディングケーキ

フルーツが乗ってる3段のケーキで、肉球の足跡をチョコで作って1番上に登るような感じでつけてもらいました! 上には私たちの名前と愛猫の名前を書いてもらい、猫のシルエットの板チョコにしてもらいました。

引出物

独身女性には猫のディスペンサーセット、プチタルトのセット
独身男性にはプチタルト、選べるお酒とグラス ファミリーはバームクーヘンとカタログのグルメお取り寄せ にしました!

プチギフト

猫のシルエットが入ったクッキーか肉球型のマドレーヌにしました。

婚約指輪

BLOOMのダイヤの婚約指輪をもらいました。

結婚指輪

eteのゴールドつや消しのものにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

普段無口で泣いたところなど見たことがない父が、最後の挨拶で泣き出したことが本当にびっくりしたのと同時に涙が溢れてきました。 反抗してばかりで心配ばかりかけていたのでやっと安心させてあげられたなと実感しました。

二人らしさとは

喧嘩とゆーか、一方的に私が怒ったりするんですが必ず次の日には仲直りすることです。 あと、隠し事は全くしないこと。

嬉しかった参加者の反応

こんなに楽しい結婚式は久しぶり! 自分も初めて結婚したいと思った! とみなさん本当に楽しんでいただけました! 愛猫が登場したものもすごく好評でした!

私にとって結婚とは

結婚は私の人生の第2のスタートです。 これから妊娠、出産、子育て 全てのことが初めてで大切な人と一緒に歩いていくことがとても楽しみです。 結婚してよかったことは良いところも悪いところも全て見せて分かり合えることです。

後悔していること

ドレス当てクイズでサイリウムをしたんですが、サイリウムに番号を書いて景品を用意したのですが サイリウムの番号がほとんど消えていて少しぐだってしまったことです。

やりたかったけれど諦めたこと

バルーンリリースをしたかったのですが、いいお値段したので泣く泣く諦めました。

節約のための工夫

ペーパーアイテムは式場で頼むとかなりの値段するので、全て手作りしました!

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

こだわりたいことがあれば早め早めにとりかかったほうがいいです! 私は式まで1年以上時間がありましたが、あれよあれよとあっという間に時間が過ぎて1週間前に少しバタつきました。 旦那さんの協力も必要不可欠なので、協力してくれるよう早い時期から言って聞かせたほうがいいです!