tandmdaysさんのアイコン画像

tandmdays

「星&羽根」
七夕入籍だったので式にも星を取り入れたいというのはすぐ決まったのですが、星テーマだけだとオリジナル性がないかなぁと思いながら過ごしていました。

その後選んだ結婚指輪が天使の羽根をモチーフにした指輪だったのですが、式場との初打ち合わせの時に式場にあるマークが羽根であることに気づき、プランナーさんに聞いたところ、「エルダンジュ」がフランス語で天使の羽根という意味であることを聞き、だったら「星&羽根」をテーマにしよう!!と思いつきました。

「Smiles,always as ever」は直訳すると「今までもこれからもずっと笑顔で…」という意味です。
&オブジェをオーダーしたのですが、言葉を入れてもらうことができたので何かないかなぁってネットで検索した時に、「〇〇,always as ever」というのを見かけました。

2人でこれから生きていく中で大切にしたいのって何だろう?って考えたときに「Smile」が浮かびこの言葉にしました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度4
2020-03-14
エル・ダンジュガーデン
70人未満

見学の時、エルダンジュガーデンの挙式会場が横長でバージンロードが短めであることがマイナスポイントでした。でもその他のプラスポイントが勝ってエルダンジュガーデンにしたのですが、当日の挙式時、ここを選んで本当に良かったと思うことができました。

まず挙式会場の形が横長&席に段差がある(前方の席より後方の席の方がやや高さがある)ため、退場で振り返った時、はっきりと全員の顔を見ることができて、温かく幸せな気持ちに包まれました。

またエルダンジュガーデンでは牧師先生と式の前に打ち合わせがあります。私たちは式の2週間前ぐらいにお会いしました。そのおかげで当日緊張していた中で、牧師先生の笑顔を見た時に、ホッとすることができました。

そして私たちは人前式でなく教会式にしたのですが、誓いの言葉を牧師先生に向かって言うのではなくお互いに向かい合って手を取り合って言う形でした。また指輪交換の時にも牧師先生に続いて伝え合う言葉があって、心に残る挙式になりました。

最後に、自由度が高いこともエルダンジュガーデンの魅力です。私は青いバージンロードを歩くことに憧れていました。それを伝えたところアイルランナーの持ち込みをOKしていただけました。

節約のため布探し・購入・文字入れに関しては式場の力を借りず、自分たちで頑張りましたが、式1週間前に搬入した後はプランナーさんが頑張ってくださり、アイルランナーのシワとりやバージンロードにきれいに固定することをやってくださいました。

アイルランナー用の適した布でないにも関わらず、エルダンジュガーデンのスタッフさんのおかげできれいにピンと伸びたアイルランナーの上をつまづいたり滑ったりすることもなく安全に歩くことができました。憧れの青いバージンロードを真っ白のウェディングドレスで歩くことができたのがとてもうれしかったです。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度4
2020-03-14
エル・ダンジュガーデン
70人未満

披露宴会場は白と明るい木目の内装で明るい印象です。また大開口窓でガーデンとつながっており、ケーキカットやデザートビュッフェでガーデンを使用することができたのもよかったです。写真を見返してみても、背景が披露宴会場内の室内だけでなく外の空や自然の緑が入り込むことが魅力だなと思います。

私たちは高砂をソファにしたのですが、普通にお願いするとエルダンジュガーデンではダークブラウンのソファになります。でも私たちのイメージの雰囲気に合わなかったため、どうしようかなと思っていたところ、木目のベンチもあるという話を聞き、それを使用することができました。ナチュラル感を重視したい方にはオススメです。

コンセプトやこだわったこと

今まで自分に関わってくれた大切な人たち「1人1人に感謝の気持ちをしっかり伝えたい」。
また私達は2人とも30代なので、既婚者のゲストがほとんどでした。だからこそ今までに見たことがないっていう演出を取り入れて「わくわくしてもらいたい」という気持ちがありました。そこで取り入れたのは「スィッチングレター」でした。

ウェルカムスペースにある鏡にゲスト1人1人の名前を印字した青い封筒を吊るして、ゲストの方々には受付後に自分の封筒を探してもらいました。封筒には「合図があるまで開けないでください」という手作りシールで封をしました。

挙式会場にゲストの方々が全員揃って、私たちが入場する前に、プランナーさんに合図してもらい、ゲストの方々に一斉に開封してもらいました。中には写真を印刷したメッセージカード。涙してくれたゲストもいて、気持ちが伝わったことを嬉しく思いました。

スィッチングレター以外も装飾アイテム、アイルランナー、招待状、テーブルナンバー、ポーズカード、オープニングムービー、星&羽根シャワーなどなどたくさんの手作りアイテムを取り入れながら、ゲスト参加型のサプライズ演出も取り入れたので、友達から「すごかった」「次は何が出てくるかなって楽しかったよ」って言ってもらえました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ショップ
LAVOGA

エルダンジュガーデンに決めた理由の1つがこのドレスです。LAVOGAではファーストドレスです。

子どもの時からウェディングドレスに憧れていた私は同じ金額払うならレンタルじゃなくて自分の手元に残る形にしたい、オリジナルにしたいという希望があり、ファーストドレスにしたいと思っていました。

担当の方が本当に優しくて素敵な人で、優柔不断な私に嫌な顔1つせず、一緒に考えていただきながら、たくさんの提案もしていただけました。
ベースのウェディングドレスのままではなく、ウェスト部分の装飾をなくしたり、胸元のレースを増やし、逆にスカート裾やトレーン裾のレースをなくし、トレーンに別のレースを増やしていただくというワガママを叶えていただきました。

おかげで自分の理想のドレスの形になり、思い入れのある1着になりました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
KIYOKO HATA

LAVOGAに元々置いてあるドレスの中にはお気に入りを見つけることができなかったのでinstagramでドレス検索をして気に入ったドレスの中で取り寄せ可能なものから選びました。

私の好きな淡い青色ベース&こまかくて繊細な印象のグリッターが散りばめられている&前から見た印象と後ろからみた印象が違っててどちらもかわいい&プリンセスの中で1番好きなシンデレラみたい!笑
というのが好きなポイントです。

SHOES
シューズ

色々こだわった私ですが、ウェディングシューズには一切こだわりませんでした(笑)
こだわりのシューズを選んでいる方を見ると素敵だなと思いましたが、ほとんど見えないシューズにお金かけるなら違うところにお金かけたい!と思い、私はLAVOGAからレンタルできるシンプルな真っ白パンプスにしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

挙式:ゆるふわシニョン→かっちりしすぎず、でもゆるすぎずという絶妙なバランスをお願いしました。instagramの中で、これが好きという写真とこれはちょっとイメージと違うという写真を何枚もヘアメイクさんに見せた上で相談しながら整えていただきました。

披露宴:ヘアチェンジはしませんでしたが、ヘッドドレス位置を変更していただきました。ヘッドドレスは1個しか用意しなかったのですが変化がつくように一緒に考えていただきました。

お色直し:ふわふわハーフアップ→しっかりと巻いてもらって歩くと揺れるようなふわふわ感を目指してもらいました。ポニーテールの方がふわふわ感は出たと思うのですが、髪をおろしたかったのでハーフアップにしてもらいました。

ACCESSORIES
アクセサリー

イヤリングを3種類用意して挙式・披露宴・お色直しで全てチェンジしました。イヤリングをボリュームがあるものにしたのでネックレスは無しにしました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

instagramで検索していた時に一目ぼれした小枝シルバーヘッドドレスにしました。長さが結構あるものだったので挙式では折りたたんで真後ろにつけて正面からは見えないように、披露宴では広げてサイドから付けて前からも見えるようにして、ヘアチェンジなくても変化がつくように工夫してもらいました。

NAILS
ネイル

ジェルネイルにしました。白ベースですが、青いシェルで花を作ってもらいました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

高砂は緑中心で青い小さめの花を散りばめてもらいました。各テーブルにはくすみピンクのお花を置いてもらいました。

FLOWERS
装花のポイント

高砂ソファの後ろにフレームをたててもらって、緑に囲まれた高砂にしました。

また各テーブルには淡い青のランナーを敷いてもらったうえで、大好きなくすみピンクのお花を置いてもらいました。花器は丸いころんとしたガラスにしてもらい、キャンドルも使いながら、大人かわいい装花を目指しました。

FLORIST
フローリスト

提携のバーバチカさんです。上手に意図を読み取ってくださりセンス良く仕上げていただけました。

FOOD
お料理のこだわり

料理にも星や羽根を入れ込んでほしいという要望に応えていただき、野菜のカットやデザートに取り入れていただきました。

また前菜でサプライズできる演出の料理がありそれを選択しました。ドライアイスに包まれて登場し、各ゲストの前で蓋を開けるとモクモクの中から海鮮の前菜が登場するというものだったのですが、彼側のゲストのうちの1人にはウコン、私側のゲストの中で2人結婚式が2週間違いの友人がいたのでミニブーケをプレゼントしました。驚きの声があがり、盛り上がりました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

エルダンジュガーデンではパティシェさんと打ち合わせをしたうえでデッサンをしていただけます。またエルダンジュガーデンでは、ケーキに何をのせても、どんな形にしても料金が一律なのが良いところです。
instagramの写真を何枚か見せながら、オリジナルケーキを作っていただきました。

星と羽根を散りばめる・2人が付き合いはじめから使っているおそろいのスニーカーも取り入れる・青のマーブルケーキ・3段ケーキ
というポイントをすべて取り入れていただきました。

また演出の一環で星のくりぬきを前日に私たちもさせていただき、その様子を撮影した動画をケーキカット前に流していただきました。ゲストから「いつやったの?」「ここまで手作り!?」と驚きの声を聞くことができてうれしかったです。

WEDDING FAVORS
引出物

今治タオルの中でタオル端に羽根が刺繍されているものがあり、それは全ゲストの引き出物に入れました。それ以外は彼親戚・彼友人・私親戚・私友人・私上司という贈り分けでそれぞれ選びました。

PETITE GIFTS
プチギフト

エルダンジュガーデンオリジナルのフィナンシェがとってもおいしかったのでそれにしました。オリジナル性をさらに出したかったので手作りシールを作成して貼りました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ダイヤモンドシライシ

はじめは婚約指輪はいらないと思っていましたが結婚指輪を選びに行ったときに重ねづけがかわいくて、お願いしてしまいました。結婚指輪のウェーブに合うものを選び、天使の梯子がモチーフのものにしました。

WEDDING RING
結婚指輪

ダイヤモンドシライシ
天使の羽根がモチーフになっているもの

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

感動した場面はたくさんあります。式当日私は何度も泣いてしまいました。挙式当日にアイルランナーを見た瞬間の場面、彼とのファーストミート、両親とのファーストミート、両親との挙式入場、退場時の星&羽根シャワー、上司からの挨拶、親友からの手紙、友人からのプレゼント、祖母&母との中座、両親への手紙などなど…

でも何が一番か考えると「挙式できたこと」です。
コロナウィルスの影響で私たちは2月下旬から約2週間、挙式してよいのかどうか毎日毎日本当に悩みました。残念ながら欠席というゲストが少しずつ増えていき最終的に当初の予定より十数人減りました。

ドキドキわくわくするはずだった式直前の2週間、毎日のように涙を流し、本当に挙式してよいのか、挙式できるのか不安でいっぱいでした。しかしそれでも予定通りに挙式することができたのは出席するゲストからも残念ながら欠席することになったゲストからもありがたすぎる温かい言葉と励ましの言葉をいただいたからでした。

私たちは本当にたくさんの優しい方々に日ごろからお世話になっているということ、日々の平和な生活がどれだけありがたいことなのかということを痛感する日々を過ごしたからこそ、迎えた挙式当日はどの場面も感動するものになりました。

二人らしさとは

「Smiles,always as ever」
私たちは2人で笑いあう時間が大好きです。でも毎日24時間笑顔でいることはできません。これから2人で生きていく中で大変なことも辛いこともきっとあると思います。

そんな時はお互いを支え合いたい、大切な相手を側で支えることができる幸せを忘れずに生きていきたい、そして苦難を乗り越えた後は、いっしょに笑顔で過ごそう。そんな思いを込めてこの言葉を2人らしいと考え、結婚式のテーマにしました。

嬉しかった参加者の反応

「こんな結婚式に参加したの初めて」と言ってもらったのが1番うれしかったです。

私にとって結婚とは

自分が1番大切な人の側にずっと一緒にいられること。

後悔していること

当日ゲストのテーブルに飾り付けるものに間違いがありました。プランナーさんには伝えてあったのですが、プランナーさんは当日いろいろな確認に忙しいので、他の式場スタッフさんにも伝わりやすいように、装飾指示書的なものを作ればよかったなぁって思いました。

やりたかったけれど諦めたこと

星&羽根シャワーを外の大階段でやりたかったのですが、当日雨が降ったのでできなかったのが悔しかったです。

節約のための工夫

できる限り手作りしました。特にアイルランナーは注文にすると数万円はかかると思いますが、手作りしたことで1万円程度で済みました。

招待状等のペーパー類や引き出物紙袋も自分で発注することで節約になるし、ただ発注するだけでなく手作りポイントを入れることで思い入れのあるグッズになったので良かったなって思います。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式準備はこだわればこだわるほど、準備する時間だけでなく情報収集する時間も必要なので本当に大変ですが、でもその時間があるからこそ、結婚式当日に感じる感動はとても大きくなります。

またエルダンジュガーデンは自由度が高くて、スタッフさんが本当に皆さん温かいです。関わっていただいたプランナーさん、式場スタッフさん、シェフさん、パティシエさん、牧師さん、ドレス担当さん、カメラマンさん、ヘアメイクさん、動画会社さん、お花屋さん、司会者さん…たくさんの方々の優しさを感じながら準備できました。

ぜひたくさんこだわって素敵な時間にしてください。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
伝統×おしゃれ 和モダンウェディング
開放感抜群! ガーデンウェディング

エリアから探す

スタイルから探す

保存するには登録が必要です