卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
メルパルクホテル大阪
70人以下

チャペルで、プロジェクションマッピングを付けることもでき、他にはないウェディングが出来ます!

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
メルパルクホテル大阪
70人以下

フロワーが貸切できたので、入場なども自分たちらしいものが出来ました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

式でこだわったことは、家族や友人沢山の方々のおかげでこの日を迎えれたので、感謝したり、楽しんでもらえる場所にできたらといろんなコーナーを設けました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

alohina moe
アロヒナモエのウェディングドレスはキラキラとビーズが光り、見ているだけでとっても可愛く、見せてもらった時にすぐ決めました。

ドレス 2着目

キヨコハタのカラードレスは、コーラルピンクというカラーで、華やかな印象で大きなお花とグラデーションがとっても可愛くて選びました。

ブランド
KIYOKO HATA
シューズ

ウェディングシューズは、シンプルなもので、セットに入っている物にしました。

ヘアメイクのポイント

ヘアセットは、挙式時には王道の髪型にしたくて、シンプルにしてもらいました。 披露宴の時は、少しイメージをかえたくて髪型を変更しました。 カラードレスでの再入場では、手作りの花かんむりをつけたくてそれに似合う髪型をヘアセットを担当された方と相談して決めました。 メイクは、こだわりがあまりなかったので、お任せにしました。

アクセサリー

ウェディングドレス時は、 シルバーの華やかなネックレスとイヤリングをつけて、 カラードレスの時は、 セットにとオススメして頂いた、アクセサリーにしました。

ヘッドアクセサリー

ウェディングドレスの時はティアラをつけて、カラードレスの時は、手作りの花かんむりをつけました。

ネイル

ネイルは、カラードレスにもあうコーラルピンクにシルバーでフレンチネイルにしてもらい、左手の薬指の爪だけお花を描いてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

メインのお花は、色のイメージだけお伝えして、どうなるかは当日でした。お花は基本白をメインに後はお任せでした。

装花のポイント

白を基調にしてもらうことです。

フローリスト

フローリストハンナさんです。

お料理のこだわり

旅がテーマなので、いろんな国のお料理をとりいれて、年配の方にも食べやすいお料理構成にしました。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキは、リボンが可愛いところが気に入り決めました。 ウェディングケーキでは、 ナイフ贈呈、ファーストバイトを演出に入れました。

引出物

新郎の親族はカタログギフト、新郎の上司や友人はセレクトしたギフトを渡しました。新婦の親族、友人はセレクトしたギフトと、ホテルオリジナルバームクーヘン、縁起物の出汁を渡しました。

プチギフト

プチギフトは、旅をイメージして海外の美味しいクッキーにしました。

婚約指輪

C-LOVE-R幸福の「クローバー」です。ダイヤモンドで、世界にひとつだけのオリジナルデザインの婚約指輪です。

結婚指輪

ジュエリーカンダの結婚指輪です。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式の時が一番込み上げるものがありました。小さい頃からバージンロードを父と歩くのが夢でそれが叶い、母からもベールダウンをしてもらい、リングボーイには可愛い甥っ子がリングピロー を運んでくれて、とても幸せな時間でした。 挙式も終わり退場するなかで、姉と目が合い沢山の今までの思い出が走馬灯のように思い浮かび、感動して泣きました。

二人らしさとは

感謝の気持ちを忘れずに、楽しんでもらうことが、2人らしさと思います。

嬉しかった参加者の反応

今までの結婚式で一番素敵な結婚式だったと、沢山の方に言ってもらえた事がとても嬉しかったです。

私にとって結婚とは

2人の人生の出発点です。

後悔していること

後悔していることはないです。

やりたかったけれど諦めたこと

やりたかったこと全て出来ました!

節約のための工夫

節約のために、作れるものは、ほとんど手作りしました。 ウェルカムボード、リングピロー 、席札、席次表、フォトブース、花かんむり、カラードレスの時のブーケ また、ウェディングドレスで使用するティアラやシルバーのアクセサリーはホテルで借りるとかなり高額だったので、問屋さんで安くて華やかなものを調達しました。 持ち込みが禁止なところも多いので、契約前に持ち込み可能かなどは確認しました。

手作り品、プレゼントしてもらったもの アルバムを見る >
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

2人でどんな結婚式を挙げたいのか、具体的に話すことが必要だと思います。 主人は、やりたいことをやればいいよとか、最初はあまり具体的にどんなことがしたいのかもありませんでした。 そもそも私が結婚式をしたいというから、やる?ぐらいのノリでした。 2人でどんなことがしたいか、どんなスタートをきるかを話し合いを重ねて出た答えが、旅をテーマにした結婚式にしようということに落ち着きました。 テーマが決まれば、とても進みが早くなり2人で準備をし、当日をむかえました。結婚式をやらなくていいと言っていた主人が本当にやってよかったと言ってくれた時が一番嬉しかったです。 そんな風に、二人でするひとつずつの共同作業を大切にしたら、結婚式が終わった時、夫婦になったなと実感し、理想の結婚式が成功するのかなと思います。