卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

wedd_maki

wedd_makiさんのプロフィール写真
都会的でモダンだけどアットホーム。そんな家族結婚式です💒
ハレの日ならではの非日常で緊張ある雰囲気と、家族だけで楽しめるアットホームさ。
両方をバランス良く感じられる一日になるよう、相反するものをバランス良く取り入れる事をテーマにしました。
東京都 / JR東京駅、地下鉄大手町駅
パレスホテル東京(PALACE HOTEL TOKYO)

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
パレスホテル
30人以下

繭をモチーフにしたパレスホテルのチャペルは、
開放的なのに柔らかく包まれているような空間。家族との、静かであたたかな式が挙げられました。
私は霧雨の結婚式でしたが、大きな窓からは光がたっぷり入って、白い霞も幻想的に見えました。これもキレイだな♪と思えた会場です。もしも雨でも落ち込まなくていいですよとお伝えしたいです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
パレスホテル
30人以下

パレスホテルでは珍しい、家族だけの小規模披露宴をしました。
桔梗の間は皇居側が一望出来て、風景も楽しんでもらえます。せっかく開放的な空間なので、ゲストと近い距離で話せた方が良いと思い、テーブル装花のみで高砂は設けませんでした。

披露宴自体はそのほうが会話が弾んで楽しかったですが、お写真にした時には、もう少し背景を飾る花々が欲しくなるかもしれません。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

都会的でモダンだけどアットホーム。

そのバランス感を会場の装花に反映してもらいました。有機的であたたかみを感じさせる流木のモチーフと、ソリッドで繊細なガラスの花器とグリーンを組み合わせてもらい、私たちの式ならではの空間を作ってもらえました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

インポートでセレクトされた
イタリアの老舗アトリエtoiitaliaのドレス

一番に、自分の体型や雰囲気に合うことを前提に選びました。
hatsuko endoのドレスコーディネーターさんに、とても助けられました。客観的な目線でどういうものが似合うか見立ててくださったので、スムーズに決まりました。

私はいわゆる骨格ストレートタイプなので、王道Aラインのシルエットに。ウエディングドレスの白にも黄味の白から青味の白まで様々あるのですが、自分の肌色が映える青味の柔らかな白を選びました。

ブランド
Hatsuko endo
シューズ

BENIRのホワイトサテンのシューズです。
12cmヒールでしたが、とても歩きやすかったです。

ヘアメイクのポイント

挙式時は上品に。披露宴時は華やかに。
1つのドレスで2つのヘア&メイクに切り替えるので、雰囲気をガラッとかえられるよう相談しました。
ヘアは、上品なシニョンのアップスタイルと、ダウンのボブスタイルに。

メイクは、挙式時と披露宴時に色味を替え、
披露宴の方が深い色のアイシャドウに赤いリップという、より華やかに変える提案をしてもらいました。

アクセサリー

挙式時→エリザベスバウアーの、ペタルモチーフのイヤリング
披露宴時→ジェニファーベアの、星モチーフのヘアピンとイヤリング

ヘッドアクセサリー

ジェニファーベアの、星モチーフのヘアピンを散りばめたヘアへ。
イヤリングと全く同じモチーフで揃えようと決めたのですが、同じレンタル先にはなかったので、頑張ってネットで探しました。

ネイル

クリーミーパールブラウンに、ポイントで白のパール粒をつけてもらいました。
マリッジリングが、mikimotoのパールの輝きをプラチナで表現したデザインだったので、手元はパール感で統一しました。

メインで使った花や装花のテイスト

ブーケは、ホワイト〜コーラル〜ブラウンのダスティカラーです。ドライフラワーは個人的に好きではないので、生花中心で上品に仕上げてもらいました。

会場装花は「相反するモチーフの両立、バランス」をテーマに、流木とガラスの花器とを組み合わせて。スタイリッシュだけど、有機的に作ってもらいました。

装花のポイント

上品だけどオシャレで個性的になるよう、
そのバランス感は細かく相談にのっていただきました。

フローリスト

muku 増田さん

お料理のこだわり

パレスホテルのお料理の中で、先に具材が入ったプレートに、あとから汁を注ぐスープは大人気とのことでした。目でも楽しめる料理は皆楽しんでもらえました。

ウェディングケーキ

家族のみなので、ケーキカット等の定番の催しはなんだか気恥ずかしく、別でデザートを用意してもらいました。実は新郎が特定の果物にアレルギーがあるのですが、その点も細かに確認頂けたので安心でした。

引出物

両親には、カタログギフト
最近赤ちゃんが生まれた親族には、ベビーグッズ(出生のお祝いとはまた別に)
兄弟には、こだわりのショコラティエのチョコレート
をそれぞれ贈りました。

いずれも、遠方からの移動で参加してくれる親族ゲストがほとんどだったので、その場でのお渡しにはせず郵送しました。

プチギフト

船モチーフの箱に入ったクッキーを贈りました。
これからの門出を祝して、かわいい船のギフトを選びました。

結婚指輪

MIKIMOTO 
パールの輝きをプラチナで表現したデザインリングです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

両親への手紙を読んだ後で、
父から「結婚っていいものだろ〜 普通でいいんだぞ〜」ってハグされた時に、式をしてよかったなあと心がほぐれました。
(20代の頃は仕事第一で、全く結婚しそうにない娘だったので、、、「人より頑張らねば」という虚勢をはった様子を、父がずっと心配していたのでした)

普段口に出来ないことを伝え合える、一生に一度の機会だなと思いました。

二人らしさとは

結婚式も、大きくやって気遣いで疲れるのでなく、小さくでも楽しめるようにと家族婚にしました。
自分達が本当に大事にしたいことは何かを話し合って、シンプルにしていく。という事が夫と2人だと出来ます。
見栄ではなく、正直なところを大事にするスタイルが自分達らしく、結婚式にも現れていたと思います。
・新郎新婦、お互いの他己紹介
・新郎新婦から、家族それぞれのエピソード紹介
・プロフィールムービー
・新居と2人の生活、近況紹介ムービー
など、両家を知る機会と子供の頃からの2人を知ってもらう機会を沢山作れるようなコンテンツを盛り込みました。

嬉しかった参加者の反応

義母に、とってもいい式だった。と言ってもらえたことと、義父が式の最後で泣いていた(初めて見た!)のが嬉しいというか、、、心を動かされました。

私にとって結婚とは

純粋に、夫のことが大好きなので2人で一緒になれて良かったなあと思っています。恥ずかしいですね(///ω///)
夫の父母と親しくなるにつれて、夫の人間性として好きな部分を2人の中にも見いだすようになりました。義理の両親と親しくなっていく事も、結婚してよかったなと思えることの一つです。

後悔していること

披露宴の人数に対し、最初の方は会場スタッフの方が多すぎたので、若干シュールな雰囲気になりかけました。とても丁寧な対応をして頂いたのですが、こじんまりとした会には勿体ない事だったなと思いました。もし同じような小規模披露宴を計画する方がいらっしゃいましたら、事前にプランナーさんと確認してもよい部分かもしれません。

やりたかったけれど諦めたこと

衣装をチェンジしたかったなあ、、と願望はありましたが、家族だけでの結婚式でそれはオーバーだと思いました。
ハネムーンでの後撮りを考えているので、そちらで実現出来ればいいと思っています。

節約のための工夫

無駄な演出はしないこと。
あとは、家族式だったので、司会進行を新郎新婦の2人でしたことです。

プランナーさんが、家族との仲や2人の普段の様子を聞いて、ご自身で司会進行されても盛り上がるのでは?と提案くださり、これはそうしてよかったなあと思っています。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

理想を叶えるためには、やはり節約と現実の間で揺れることもあるかと思いますが、一生一度の事なので、まずはやりたい方を選んでほしいと思いました。
私は、迷ったときに夫と義母がそう言ってくれたので嬉しかったです。色々工夫すれば、細かな所で節約はできるので心配しないで楽しんでほしい!

コロナ禍もあり色々な決断に苦しんでいらっしゃるプレ花嫁さんも多いのではと思います。
大規模な披露宴も、もちろん魅力的です。しかし、ゲストが多い分意見や状況も様々になり大変な面もあるかと思います。どうしても難しい事情が出てき場合には、小規模で小さく丁寧に楽しむ会への変更も、選択のひとつとしてアリなのかなと。

家族だけも、よいものですよ〜とお伝えできたら幸いです。