卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

emi_h_wedding

emi_h_weddingさんのプロフィール写真
ハワイは少人数だったのであくまでもアットホーム、そしてリゾート感を大切にしました。
国内披露宴ではハワイとは全く違う雰囲気にしたかったので、私たちが大好きな映画メリーポピンズをテーマにしました。
テーマカラーは、ハワイウェディングではコーラルピンクとティファニーブルーを意識してコーディネートしました。
国内披露宴では特に設けていませんでしたが、
メリーポピンズをテーマにしていたので、アンティークっぽい色合いを意識しました。
東京都 / 外苑前駅
リビエラ青山

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
カワイアハオ教会(ハワイ)
30人以下

これからもずっとその地に残る歴史が深い教会を選びました。 とても神聖な雰囲気で、ハワイの王族にもゆかりある教会だったので私たちにとって特別な場所になりました。 壁がサンゴでできているという点もハワイらしくてお気に入りです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
リビエラ青山
30人以下

ブライダルフェアへ行く際にはある程度自分たちの理想の披露宴を思い描いて参加した方が良いです。 私たちは食事にこだわりたい、アットホームな雰囲気でと考えていたので食事に定評のあるリビエラ青山さんはぴったりでした! リビエラさんのブライダルフェアではランチコースもいただけてシェフの方からもお話が伺えたのがとても大きかったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ハワイは少人数だったのであくまでもアットホーム、そしてリゾート感を大切に。 国内披露宴ではハワイとは全く違う雰囲気にしたかったので、私たちが大好きな映画メリーポピンズをテーマにしました。
ハワイウェディングで一番こだわったのはやっぱり写真。 どうしてもお願いしたいカメラマンさんがいらっしゃったので、このカメラマンさんを起用できるプロデュース会社さんを選んだくらいです。 前日に行ったフォトツアーも合わせて対応いただきましたが、どれも素敵なお写真で家族やゲストの友人もとても喜んでいました。 また、ブーケは生花にしようとこだわりました。アーティシャルフラワーとは違い生花ならではの重みと香りが特別感を増し、少しお値段は張りましたが生花にして大正解でした。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

セミオーダーのウェディングドレスをオーダーしました。
国内披露宴も控えておりお色直しの予定もなかったのでこだわりのドレスを一着、自分のサイズでオーダーしていただきました。 取り外しのトレーンや着脱可能なボレロなどを作成いただき、一つのドレスで何通りものコーディネートができる世界で一着の私のドレスです。

ブランド
La Reine
ドレス 2着目

フォトツアー用のカラードレスをオーダーしました。
フォトツアーではホワイトドレスではなくカラードレスで撮影したいと考えていました。 こちらのショップはとても格安にもかかわらず、お色の変更など自由にでき自分の理想通りのドレスを購入することができます。 コーラルピンクのエンパイアドレスはハワイの自然や街ともマッチしてとてもお気に入りの一着です。

ブランド
COCOMELODY
シューズ

レペットのバレーシューズ。 テーマカラーであるコーラルピンクのシューズを選びました。 新郎とあまり身長差がなかったのと、ドレスが完全オーダーだったため 歩きやすい3cmヒールのものを選びました。 ハワイウェディングでは歩き回ることも多かったので、 フラットなバレーシューズは全く疲れずとても助かりました。 チラリと見える色あざやかなピンクも好評でした。

ヘアメイクのポイント

ハワイウェディングではクラシカルなシニョンヘアで。 ヘアアクセサリーはハワイらしいシェルやサンゴのモチーフをたっぷりと使ったマリンモチーフのヘッドドレスを。 Qazariさんというブランドで注文したのですがとても評判でした! 式後のレストランでのレセプションディナーでは、ブライズメイドをしてくれた友人から現地でプレゼントされた花冠をつけてガラッと雰囲気を変えました。 国内披露宴も緩めのシニョンでまとめてもらいましたが、 柔らかいレースでできた大きめのヘッドドレスをフロントにつけてバレリーナのようなヘアスタイルにしていただきました。 なかなか珍しかったようでゲストにも評判でした。 ヘアメイクは両方ともナチュラルに近いメイクにしてもらいました。

アクセサリー

母から借りたアクセサリーを、somthing borrowとしてつけました。 パールのネックレスと、母が自身の披露宴で装着していたビジューのネックレスを身につけました。

ヘッドアクセサリー

ハワイらしいシェルやサンゴのモチーフをたっぷりと使ったマリンモチーフのヘッドドレスをQazariさんというブランドで注文しました。レセプションではプレゼントされた花冠をつけました。 国内披露宴では大きなレースのヘッドドレスを思い切ってフロントにつけました。

ネイル

ピンクベージュを基調としたフレンチネイルにしました。 お花モチーフも入れて華やかに。ブルーのラインストーンもつけてsomething blueも入れました。

メインで使った花や装花のテイスト

ハワイ挙式:プロデュース会社さん(Real Weddings)を介してオーダーしました。芍薬を入れたかったので、テーマカラーであるコーラルピンクを基調とした華やかなブーケに大人っぽくネイビーのリボンをかけていただきました。 国内披露宴:テーブル装花はメリーポピンズをテーマにしていたので甘すぎずでも大人ガーリーに。白とグリーン基調のお花に紫のアクセントカラーを入れていただきました。 ブーケはハワイとは全く違う雰囲気にしたかったのでホワイトリリーにしました。

装花のポイント

ハワイウェディング:大きな教会だったので会場負けしないよう、写真映えするような華やかなブーケにしたいとこだわりました。 国内披露宴:とてもこだわって、一番ミーティングに時間をかけました。世界観を大事に、大人っぽくかつガーリーに仕上げたかったのでイラストや写真を持ち込んでかなり打ち合わせを重ねました。 その結果当日大感激するぐらいの出来栄えでとてもリビエラさんには感謝しています。

お料理のこだわり

ハワイウェディング:プランナーさんに相談し、ワイキキでも有名な名店ミッシェルズというレストランでレセプションディナーをしました。 国内披露宴:試食する機会も多かったので、見た目も華やかでかつ味も美味しい、ゲスト皆さんに満足いただけるようなコース料理にしました。 リビエラさんのお食事は和風テイストも含まれていて年配のゲストまで楽しめるようなコースを選びました。

ウェディングケーキ

ハワイではシンプルなケーキを選びました。 国内披露宴では、すでにハワイでケーキカットをしていたので省略し、オレンジソースをかけるカラードリップケーキの演出をしました。 6月の披露宴だったので初夏らしく爽やかなオレンジを使ったケーキにしていただきました。

引出物

ハワイウェディング:手作りスタンプで装飾をしたトートバッグに、ハレクラニホテルで購入したコーヒー豆orパンケーキミックスor紅茶(事前にどれが良いかゲストにアンケートを取っていました)とハワイ産のタブレットチョコレートをセットにしてプレゼントしました。 荷物にならないようどちらも現地調達しました。 国内披露宴:贈りわけを親族/上司/男性ゲスト/女性ゲスト/夫婦ゲストの5種類で準備しました。 親族/選べる美食カタログギフト、出汁のセット、ケーキ二種セット 上司/丼と選べる懐石ごはんカタログ、金卵の親子丼セット、デニッシュとラスクのセット 男性ゲスト/丼セットと選べる銘柄肉丼カタログ、出汁味噌汁、デニッシュパン 女性ゲスト/ボウルセットと選べるブランチカタログ、出汁の三種セット、デニッシュパン 夫婦ゲスト/プレートセットと選べる世界の美食カタログ、出汁の三種セット、デニッシュパン

プチギフト

ハワイで撮影した写真をパッケージに印刷したフルーツティー。 ティートリコさんで注文しました。

婚約指輪

夫の亡くなった祖母の指輪をリメイクして譲り受けました。

結婚指輪

ティファニーのリングです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

やっぱり今まで苦労をかけて家族に晴れ姿を見せることができたこと。 父を10代の頃亡くしているので、母が私をシングルマザーとして立派に育ててくれました。バージンロードはどうしても母と歩きたいと思っていたので、念願がかないとても嬉しかったです。 リハーサルではおどけていた母ですが実際に一緒に歩いた時には、手を震わせながら、目に涙を浮かべて一歩一歩バージンロードを一緒に歩いてくれていて、その姿を横で見た瞬間は絶対に忘れません。

二人らしさとは

学生の頃出会って約10年経ってからの結婚でしたが、未だに驚かれるくらい仲が良い私たち。 いつも笑顔を絶やさないのが私たちらしさと考えています。 ハワイの写真も国内の写真も、自分でびっくりするくらい笑顔で溢れていて私たちらしさがにじみ出た結婚式だったと思います。

嬉しかった参加者の反応

こだわった料理や衣装、装花が褒められたのはもちろん嬉しかったのですが何よりも「絵美が今までで一番幸せそうな顔をしていた!」と泣きながら友人が喜んでくれたのが一番忘れられません。 また、ファーストダンスを披露したのですがこのダンスへの反応がやっぱり一番大きく私たちも一生懸命練習したので嬉しかったです。

私にとって結婚とは

カップルではなく家族になれたことが大きいです。 今後の人生のことを二人で一緒に決めていく過程が、大変なこともあるけれどとても嬉しいです。 アメリカと日本で遠距離だった時期も長いので、一緒に暮らしてご飯を食べて、一緒に買い物をして、一緒にテレビを見てと言ったさりげない時間が幸せです。 おやすみが合う日はなるべく二人で散歩をする時間を作っています。 ゆっくり歩きながらお茶をしたり、話したりする時間は夫婦ならではだなと感じています。

後悔していること

ムービー作成がかなりギリギリになってしまったので、もっと時間に余裕を持って手間をかけて作成したかったのが唯一の後悔です。 みなさん、余裕を持ってムービーは作成するのをお勧めします!

やりたかったけれど諦めたこと

かなり希望を叶えていただいたので特にありません。

節約のための工夫

ペーパーアイテムなど自作できるものは全て自作しました。 また、細かいことですがブライダルシューズなどはセール時期を狙って購入したのも大きかったと思います。 その分装花や食事には手間とお金をかけるようにしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

インスタグラムやネットの情報を見ているとやりたいこと、取り入れたいことがたくさん出てきたり何が正解かわからないことが出てくると思います。 欲張ってしまうと結局全てが中途半端に終わってしまうことも多いです。 インターネットに載っている情報がすべて正解ではありません。プロに任せることは任せて、どうしてもこだわりたい部分ややりたいことは最低限に絞ると最終的に満足いくウェディングになると思います。 旦那様ともゆっくり話をして、素敵な時間を過ごせるよう頑張って下さい!