ts_wedding_さんのアイコン画像

ts_wedding_

テーマは Home coming day です💐

私たちは王道の結婚式スタイルは好んでおらず、人と被るのも絶対避けたくて、 ゲストと飲み会をしてるような距離の近い、アットホームな雰囲気を目指しました!

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2018-04-28
ザ ランドマークスクエア オオサカ
70人以下

目の前が大阪城で、建物が歴史的建造物ということにとても惹かれました。まだオープンしたばかりで、綺麗で人と被らないのも決め手でした。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2018-04-28
ザ ランドマークスクエア オオサカ
70人以下

全体的にアンティークな雰囲気で、和のテイストも所々に散りばめられています。シンプルでキラキラし過ぎていないので落ち着いた披露宴会場でした。その分、装花やお料理、衣装も映えました!

コンセプトやこだわったこと

いわゆる定番演出は一切せずに、ゲストに食事をゆっくり楽しんでもらったり、ゲストと話したり写真を撮ったりする時間を、多く確保すること大事にしました! なので涙はなく笑顔の溢れる空間になりました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ブランド
Jodie
ショップ
FOURSIS & CO.

私はドレスを決めるより先に、合わせるアクセサリーはゴールドが良いと決めていました。このドレスは胸の刺繍がヴィンテージっぽくて、さりげなく金糸も入っていたのでぴったりでした。 背中の開き具合が最高だったのと、チュールが取れて2wayだったことも決め手です。 挙式まではチュールのオーバースカートを付けて、トレーン長めでボリュームのあるAラインで。 披露宴ではチュールを外して、てろんとした柔らかいスレンダーラインと、2パターンで印象を変えることができました。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ブランド
David Fielden

davidfielden 8667
初めて着たカラードレスが運命のドレスになりました。 くすんだ色味とデザインが素敵で、さすがインポートって感じに一目惚れしました。 オフショルに刺繍にフワフワで、可愛いが詰まっていました。 ほんとはドレス選び出す前からピンクは絶対嫌!と言い張っていました。 周りでピンク率が高かったので見慣れてるし、ピンクのイメージと言われることが多かったので意外!と思われたかったのですが、ピンクが一番しっくりきました。 スモーキーピンクのドレスは、インスタでも着てる人を見たことなかったのでレア感がありました。

SHOES
シューズ

ウェディングシューズは姉のお下がりを使いました!

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

挙式、披露宴のヘアスタイルは、いっぱい入れたハイライトを活かしたシニヨン。 お色直しのヘアスタイルは、くるくるカールのハーフアップ。

ACCESSORIES
アクセサリー

ウェディングドレスは、海外ブランドのフープピアスを合わせました。胸元にデザインのあるドレスだったので、ネックレスは付けませんでした。
カラードレスは、ドレスのフワフワ感に合わせて羽根ピアスにしました。 20歳の誕生日に母からもらった一粒ダイヤのネックレスを着けました。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

ウェディングドレスには、ゴールドの小枝ヘッドアクセを。カラードレスには、ドレスに合わせてオーダーしたお花のヘッドパーツをサイドにいっぱいつけました。

NAILS
ネイル

ごちゃごちゃせずシンプルにしました。薄いピンクベースに、押花パーツでブーケや花びらを散りばめたデザインにしました。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

絶対使いたい花の種類は特になかったので、時期にあった花でイメージに合うもので作っていただきました。

ブーケは、丸いの嫌・クラッチ・リボン長め・葉っぱでボリューム多め・葉っぱは垂らしたい・アンティークなくすみ色の中にポイントではっきりした花も欲しい・小花系の中にバラもくすみ色で少し入れたい・ペッパーベリーとか木の実系も入れたい・とにかく人と被りたくない、と色々オーダーしました! オーダー通りの私らしいブーケで、垂らしたジャスミンが個性的で気に入りました!

高砂も小花も入れて緑多めの優しい色味でオーダーしました。 各テーブルはブーケと色味を合わせて、大きめのバラも入った花束タイプをオーダーしました。

FLOWERS
装花のポイント

お値段が上がるポイントだったので、目立たせたい部分とそうでない部分のメリハリとバランスは、フローリストさんに相談しながら予算内でも見映えの良いものにしました。

FLORIST
フローリスト

サンジョルディフラワーズザデコレーター

FOOD
お料理のこだわり

結婚式でよくあるフレンチではなく、モダンインターナショナルキュイジーヌというお料理でした。 レストランもある式場なので、見た目の良さ、味の良さは完璧でした! ゲストからも料理が美味しかったと褒められました。お箸がはじめから置かれているので食べやすく、 おばあちゃんにも完食してもらえました。料理は最後1週間前まで悩んだので、内容もボリュームも満足してもらえて良かったです。 ドリンクは妊婦さんやママさんもいたので、ノンアルコールのカクテルを入れるなど、アルコール以外も充実させるように選びました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

3段のネイキッドケーキにしました。 よくあるネイキッドではなく、クリームの塗り方にこだわり、大人っぽい仕上がりにしてもらいました。 お気に入りのケーキトッパーを目立たせるために、グリーン以外の装飾がないシンプルなケーキでした!

WEDDING FAVORS
引出物

引き出物は宅配にしました。遠方や子連れゲストも多かったので喜ばれました。また、宅配にしたことで贈り分けがしやすかったです。

未婚女性の友人には、グランマーブルのデニッシュ、マグセット、スープセット。 既婚女性の友人には、グランマーブルのデニッシュ、食器セット、だしセット。 既婚男性の友人には、グランマーブルのデニッシュ、グラスセット、コーヒーセット。 親族には、グランマーブルのデニッシュ、陶器のお皿やマグセット、鯛飯セット。

PETITE GIFTS
プチギフト

リフレッシュスクイーズ
(見た目も可愛い野菜ジュース)

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

ケイウノ
シンプルなダイヤの指輪です。

WEDDING RING
結婚指輪

SIENA
オリジナルのロゼチナという素材のひねりデザインの指輪で、私は1粒ダイヤ付き、彼はマットデザインです。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

バージンロードを歩いた時です。私は父がいないので母と歩きました。母とは色々あったので、この晴れの日に一緒に歩けて良かったです。また、私たちはケーキ入刀の後、お互いお母さんに食べさせてもらうラストバイトの演出をしました。 お母さんにあーんしてもらうのが懐かしくて、最後かなと思うと少し寂しくなりました。

二人らしさとは

笑顔。
自分たちだけでなく周囲(ゲスト)にも笑顔になって欲しいので、自己満足で終わらないことを大事にしました。

嬉しかった参加者の反応

この会場でしか味わえない間近での大阪城を、遠方ゲストは観光気分で楽しんでくれて、意外と大阪のゲストも楽しんでくれていました。大阪に住んでいても頻繁に来ない場所ですし、この目線で大阪城を見れるのはここだけなので初めての体験をしてもらえたと思います。

いわゆる定番演出は一切しなかったので、どう思われるか少し気にはなりましたが、ゲストに食事をゆっくり楽しんでもらったりゲストと話したり写真を撮ったりする時間を多く確保することができました。 自分たちもマイクで話したり、高砂から動いたり。乾杯で始まり、最後も乾杯で締めました。 ゲストからも、こんな結婚式初めて!とか こだわってるの伝わったよ!とか言ってもらえたり感じてもらえたので大成功!だと思っています。

私にとって結婚とは

結婚して自分より相手のことを考えることが増えました。家族になって良いこと悪いことありますが、後悔だけはしないようにお互いを思いやることが出来るようになりました。また親や兄弟に対しての有り難みがようやく分かりました。

後悔していること

予定より人数が増えたことにより、披露宴会場が狭くなってしまったこと。もっと見積もりをしっかりしておくべきでした。

やりたかったけれど諦めたこと

ナイトウェディング。憧れがあったのですが、親族ゲストや子連れゲストのことを考えると諦めました。

節約のための工夫

低予算だったので、手作りできるものは作りました。リングピロー、引き出物トートバッグ、プロフィールブック、サンキュータグ、シールなど。 アクセサリーや装飾品はお譲りやフリマアプリで調達しました。 あと、プランナーさんとの相談も念密にして、同じクオリティーで安く抑えるにはどうすれば良いかを色々考えて、お料理や装花の構成にもこだわりました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

理想のイメージをしっかり持つことをお勧めします。ぼんやりした定まってないイメージだと、統一感がなくなったり、色んなものが良く見えてブレブレで悩むことも多くてストレスがたまりました。ストレス発散も大事でした。また、親や友達にもネタバレするので相談できず、悩み事を溜め込んでしまったときもあり、準備が嫌でマイナスの気持ちがズルズルの時期がありました。私はSNSで繋がった同じ状況のプレ花嫁さんや先輩花嫁さんに相談したり、情報やアイデアをいただいたことで、かなり助けられました。誰かに頼るのも大事だと思いました。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
テーマカラー『ホワイト』レポ特集
洗練された気品 大人ウェディング集

エリアから探す

スタイルから探す

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

あなたもマイレポを作りませんか?

ウェディングニュースのマイレポで、
あなたの大切な結婚式の記録を残しましょう♡
あなたの経験が次の花嫁の力になります。

保存するには登録が必要です