卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
QUANTIC
100人以下

天候に左右されない屋内型会場で、自然光がたくさん入り明るい空間でした!
生演奏ということで、ポップでカジュアルな挙式が行えました。
ゲストの方も、生演奏に驚いていました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
QUANTIC
100人以下

白ベースの会場なので、装飾が自由にできることと、ゲストの距離が近すぎず遠すぎず、ちょうど良い距離感でした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

全てにおいてこだわりがあったのですが、
衣装は、もちろんとても悩みました!
そのほかにも、映像系やウェルカムスペース、ゲストテーブル、装飾など、DIYできるところは全てやりました!
シンプルでスタイリッシュなイメージがあったので、それはブレないようにしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ドレス名 DIANA
maison_rendezvous

ウェディングドレスは、マーメイドラインの、
背中が開いたデザインに、くるみボタンにずーっと
こだわりがありました。
試着する前に一目でこれだ!と思い、試着して即決でした。

和装 2着目

千載万松鶴 milastale

白無垢に憧れがあったので、白無垢をかっこよく着るというイメージで、ブルーの色打掛と、ゴールドのポイントを入れました。

スタイル
白無垢
シューズ

華奢に見えるよう、オープントゥの8cmヒールにしました。色はベージュです。

ヘアメイクのポイント

メイクはマットが苦手なので、とにかく自然にツヤ感が出るように、目元もチークも抑えて、リップの色味だけ調整してもらいました。
ヘアは、挙式でゆるくアップ、披露宴ではピタッとポニーテール、和装でフルアップにしました。
雰囲気を変えたかったので、大きくは変更していませんが、分け目を少しずつ変えてました。笑
ワックスで固めず、オイルでウェット感を維持してもらいました。

アクセサリー

挙式では、シンプルな揺れるパールピアス
披露宴では、ranjanakhanの大振りイヤリング
和装では、パールの一粒のものをつけました。

ヘッドアクセサリー

挙式、披露宴のドレスは、あえてヘッドはつけていません。
和装の時に、ゴールド、白のドライフラワーをつけました。

ネイル

ベースはシンプルにして、ゴールドの金箔、シルバーのミラーネイルを取り入れました。

メインで使った花や装花のテイスト

スタイリッシュなイメージで仕上げたかったので、
濃いグリーン、茶色、ゴールド、ベージュの色で、
お花を使わずに葉、枝のみで作っていただきました。 枯れたイメージにならないように、ツヤのある質感を大事に、メインはタイサンボクの葉、そこにゴールドで染めたリーフ、パンパスグラスなどをプラスしていただきました!
ブーケは、カラーというお花を使い、ボリュームよりもスラッとした縦長のブーケでした。

装花のポイント

とにかくスタイリッシュになるように、こだわりました。
甘くならないように、かっこよさ重視でお願いします、とお伝えしました。

フローリスト

日比谷花壇

お料理のこだわり

QUANTICのお料理は、何を食べても本当においしかったので、お肉のランクやボリュームを考えて、
実際に食べて美味しかったものを厳選していきました。

ウェディングケーキ

海外のウェディングケーキの、写真をたくさん集めていたので、そこから好きなテイストのものを組み合わせました。
シンプルに見えながらも、デザインはこだわりました。

プチギフト

マルティネリ
サンクスタグをつけました。

婚約指輪

ete

結婚指輪

yukahojo

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

一番というより、沢山ありました。

・母親からのベールダウンの際に、おめでとうと言われたこと。
・姪っ子のリングガール姿
・友人の余興のムービー

などなど沢山ありました。

二人らしさとは

楽しいことが大好きな二人なので、とにかくゲストも私たちも、楽しめるような空間を心がけました。

嬉しかった参加者の反応

・オシャレだった
・新しい式だった
・ご飯がとても美味しくてびっくりした

などと言われて嬉しかったです。

私にとって結婚とは

結婚とは、

・生涯を共にする人と出会えたこと。
・楽しいことも悲しいことも共有できる。
・安心できる場所。

後悔していること

準備が、前日〜当日までかかってしまい、
細かくやりたい事を決めていたのに、諦めてしまったことです。

やりたかったけれど諦めたこと

演出です。

節約のための工夫

自作できるものは全てやりました!
プロフィールブックを作り、メニュー表もその中に入れました。 ムービーも自作で仕上げました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

テーマと、前準備をしっかりと行うことが大事です!
私自身も最初はプランナーさん、ヘアメイクさんに遠慮して、言いたいことも言えなかったですが、
遠慮せず意見を言うことが大切だと思います。