卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

asami.wedding0914

asami.wedding0914さんのプロフィール写真
テーマはラプンツェルとフランス!
私達が伊勢山ヒルズを選んだ決め手はチャペルと邸宅式の披露宴会場でした。
新郎と何度かヨーロッパ旅行をしたことがあり、式を挙げるなら海外の雰囲気を感じるところがいいなと思っていました。
伊勢山ヒルズのチャペルはバラ窓と真っ赤な絨毯が印象的で、窓から降り注ぐ光がなんとも言えない雰囲気や外観がとても素敵で気に入りました。
披露宴会場はプールとガーデンがあるものがいいなと思っていたのですがまさにぴったりでした。プロポーズされたのがパリだったので、会場名が「パリ ブランシェ邸」という名前だったことで、なおさら「ここがいい!」と思いました。

神奈川県 / 桜木町駅
伊勢山ヒルズ

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
伊勢山ヒルズ
100人以下

大聖堂のバラ窓と、ステンドグラスが圧巻です!
窓から降り注ぐ光が醸し出す雰囲気印象的です。
外観もとても素敵なチャペルで海外のような雰囲気があります。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
伊勢山ヒルズ
100人以下
パリ ブランシェ邸

披露宴会場はプールとガーデンがある会場がいいなと思っていたので、ぴったりな会場でした!
邸宅式の披露宴会場だったので、披露宴会場だけでなくプールやガーデンにも装飾ができます。挙式後にはそこでサンクスギビングパーティーを行ったりと、演出の幅も広がってよかったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

来賓の方が楽しめ、今までで一番だと言ってもらえるような式にすることを意識して準備しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

アンテプリマのドレスです。
トレーンが長いため大聖堂に映え、歩くたびに光り方が変わる素敵なドレスでした。

ブランド
ANTEPRIMA
ドレス 2着目

アンテプリマのグリーンのカラードレスです。
グリッターと立体的な小花があしらわれており、ライトの加減で表情が変わるところが素敵だと思い選びました。

ブランド
ANTEPRIMA
シューズ

シンデレラのガラスの靴のようなものを探していました。全体にラインストーンが装飾されており、つま先にガラスの花がついているものを選びました。

ヘアメイクのポイント

一着目は大聖堂に合わせたクラシカルなアップに。
二着目はラプンツェルのようなヘアスタイルにしてもらいました!

アクセサリー

挙式ではシルバーのティアラ・ピアス・ネックレスと白のグローブをつけ、お色直し後はナチュラルテイストにチェンジするため花のヘッドパーツと花のピアスをつけました!

ヘッドアクセサリー

ウェディングドレスにはシルバーのティアラを合わせ、カラードレスには花のヘッドパーツを合わせました。

ネイル

ドレスに合わせて、白とティファニーブルーとグリーンのデザインにしてもらいました。

メインで使った花や装花のテイスト

薄いラベンダーとピンクのバラをメインにしていただきました。

装花のポイント

会場の雰囲気がかわいらしい感じだったので、あまりかわいくなりすぎないように!とイメージをお伝えしていたのですが、理想通りに飾り付けてくださりよかったです!事前搬入の際に忘れてしまったものも、当日快く引き受けてくださり嬉しかったです。

また新郎も飾り付けをしたいと言っていて、当日にプランナーさんと一緒に飾り付けができたようで良い思い出になったと思います笑!(私は支度中でその様子は見れなかったのですが)

お料理のこだわり

試食した中で自分たちも気に入ったコースを軸に、何点か差し替えてもらいました。

ウェディングケーキ

ある程度目立つように、会場の雰囲気に合わせた差し色として、パステルブルーのものを選びました。

引出物

二人ともお酒が好きなので、ペアグラスをメインに親族や上司、友人で価格帯を変えました。
また、お酒を飲まれない方やご家族でご列席いただいた方には、ティーセットや食器セットにしました。

プチギフト

クッキー(外注)

婚約指輪

新郎がデザインし、新郎の友人に作成してもらいました。

結婚指輪

二人でデザインし、新郎の友人に作成してもらいました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

新郎からの最後のサプライズスピーチに一番感動しました。

また、担当してくださったプランナーさんは、たくさんの方に掛け合って叶えて私達の希望をくださいました。式の最後には、「この式が終わってしまうのが寂しい」と言って泣いてくださり、私も新郎もすごく嬉しい気持ちになりました。
素敵なプランナーさんが担当してくださったお陰で改めて伊勢山ヒルズで結婚式を挙げて良かったなと思いました。

二人らしさとは

来ていただいた方たちの楽しんでいる姿を見られることが一番嬉しいと思ったので、そこに重きを置いていろいろ考えました。
その中でいろいろなものを作っていく過程に、自分たちらしさを詰め込めたと思います。

嬉しかった参加者の反応

「今までで一番よかったよ!」や、「こんな演出見たことない!」という言葉はうれしかったです。

私にとって結婚とは

未だに実感が沸いていないのが、正直なところです。これから長い時間一緒にいることで、それぞれに結婚したことの良さや、意味ができてくるものだと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

新郎が希望していた花火は、会場設備的に不可能でした。

節約のための工夫

一生に一度なので、お金であきらめるくらいなら、式なんてやらなければいいと新郎が言ってくれていたので、あまり節約については考えませんでした。
但し、ペーパーアイテムなど、作れるものは自分たちで作成しました。
アクセサリーや小物類は、一度しかつけないものが多いので、ネットを利用し、Usedのものも利用しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

新郎の協力や、お金との相談は必須ですが、やりたいことは全部やった方がいいと思います。
そして前日は早めに休んで当日を迎えるのがオススメです◎