兄弟へのご祝儀はいくら?金額相場や渡すタイミングをご紹介♩

兄弟が結婚するのって自分のことのようにとても嬉しくなりますよね*実は兄弟へお祝いの気持ちを込めて贈るご祝儀は、友人へのご祝儀とは金額や渡し方が異なってきます。どのような違いがあるのかを確認していきましょう♩

2018.10.29 公開 2018.10.12 更新
この記事を書いた先輩花嫁
ayu.s

二人とも海が好きなこともあって、初めてのデートやプロポーズなど節目になる時にはいつもそばに海がありました。ビーチやリゾートに行くようなあのワクワク感をみなさんに感じていただけたらと二人【RESORT HOLIC!!!】をテーマにしたゲスト参加型の披露宴を行いました♪ これから結婚式を控える花嫁さんのお役に立てるような記事を更新していきます (`・ω・´)キリッ

兄弟のご祝儀、いくら包むの?

全日本冠婚葬祭互助協会で平成29年に調査された結果では最多回答額は50,000円で、平均額は54,676円だということがわかりました*

ですが独身や既婚、年代でも相場が変わってくるので、詳しく見ていきましょう♩

独身(未婚)の場合の金額相場

最多回答額平均額
20代50,000円37,857円
30代50,000円60,132円
40代50,000円70,294円

友人のご祝儀の平均が3万円といわれているので、友人よりも関係性が深い兄弟のご祝儀はそれより多く包みたい!と思う方が多いようです*

ですが20代だと社会人になりたてということもあり、平均額は他の年代に比べて低くなっています。

年代が上がるにつれて、お給料も高くなっていくのでご祝儀も年相応に上がっていく傾向にあります。

もし兄弟が3人以上いる場合は兄弟と金額を合わせると余計なトラブルにならず安心です◎

夫婦で参加する場合の金額相場

夫婦で兄弟の結婚式に出席する場合は上記の相場では少ないです…!

お料理なども1人分ではないので、7万〜10万程度包むとよいでしょう。

金額は割りきれない奇数のほうが縁起が良いと言われていますが、8万円は末広がり、10万円は区切りがいいのでどの金額もマナー違反になりません*

学生の場合はご祝儀渡すの?

まだあなたが学生の場合、親と一緒に家族として結婚式に出席するためご祝儀を贈らなくてもよい場合がほとんどです。

だけどそれだけだとちょっとさみしいなぁ…という方は、身の丈にあったプレゼントを贈るのもとっても素敵♡

喜ばれること間違いなしです♩

兄弟へご祝儀はいつ渡す?渡し方は?

一般参列をする場合は結婚式当日に受付で渡すことがほとんどですが、兄弟の場合は渡すタイミングも異なってきます。

どのような違いがあるのかを確認していきましょう*

渡すタイミング

結婚式当日ではなく、それよりも前にご祝儀を渡すのがよいとされています。

それは兄弟の結婚式では招かれる側では招く側になるから、受付で渡すのはちょっと不自然なことになります…!

それに結婚式前はバタバタしがちなので、結婚式の2週間前くらいまでに渡してあげると喜ばれます。

もしあなたが既婚で旦那さんの家にはいったのであれば、別の家族となり招待される側となるので結婚式当日に受付で渡しましょう*

渡し方

ご祝儀は手渡しが基本です◎

もし遠くに住んでいて、どうしても手渡しで渡せない場合は事前に連絡して、現金書留で郵送しましょう。

その時はメッセージカードも添えてあげるとGOOD♡


TOP画像出典: www.weddingnews.jp