インスタ映え確実♡フォトジェニックすぎるフラワーカーテンの作り方♩

一生に一度の結婚式♡最高にフォトジェニックな空間で素敵な写真を残したいですよね♩アーティフィシャルフラワーを使えば、誰でも実は簡単にインスタ映え確実なフラワーカーテンが作れちゃいます♡その作り方を画像付きで解説しちゃいます!

2017.12.18 公開 2018.7.30 更新
この記事を書いた先輩花嫁
marica_wedding

普段はファッション雑貨のデザイナー。 休日は2018夏婚のdiy大好きプレ花嫁! 仕事から得る最新のトレンドを入れこみつつ、自分らしい世界観を作るために絶賛奮闘中! instagram marica_wedding

フォトジェニックすぎる♡フラワーカーテン♡

こんにちは!2018夏婚予定のプレ花嫁marica_weddingです。

今回は高砂装飾やフォトブースにも大活躍間違いなしの、お花でいっぱいのフラワーカーテンの作り方を紹介したいと思います!

とっても簡単!フラワーカーテンの作り方♡

用意するもの

*アーティフィシャルフラワー(造花)

*0.5mmワイヤー

*ロープ

*ハサミ

画像にも記載がありますが、ワイヤーは細すぎない0.5mm幅がオススメです!
私は少しキラっとするのもかわいいと思ったので、ゴールドのワイヤーを使用しています。

色味が気になる方は、茎の色味に合わせてグリーンのワイヤーを使ったり、ワイヤーを巻いた後にフローラルテープで巻くのがオススメです♪

最近は100均などでも可愛い造花が多いですが、私は全て「アーティフィシャルフラワー」を使用しました。アーティフィシャルフラワーとは、クオリティの高い造花のことで、都内では東京堂さんなどで購入できます!

◆東京堂さんのHPはこちら

手順1:お花を並べる

材料が揃ったら、お花を並べてみましょう♩

ワイヤーで留めていく前に、お花を並べて色の配置と長さを決めます。
その際、茎の細いものや太いもの、お花のサイズの大きいものや小さいものをミックスすると、ボタニカルな雰囲気が出て可愛くなります♡
そして、一番上になる部分は茎の細いものにしておいてください。その理由は後程ほどわかります♪

手順2:ワイヤーで留める

長さを決めたら、吊るした時に一番下にくるお花と、二番目のお花の茎どうしをワイヤーで留めます。

この画像のような感じでOK!
茎のギリギリで留めると落ちてしまう可能性があるので、1.5cmくらい重ねると安心です。

手順3:下から上へ順々に留めていく

一番下と二番目が留まったら、画像の矢印の部分のようにその上のお花をまた留めていきます。
その要領で下から一番上まで留めていきます♩

手順4:先端を釣り針のように曲げる

一番上にくる部分はこの画像のように、折り曲げます。
この部分は、ロープに差し込むために使うので、一番上にくるお花は茎の部分があまり太くないものが使いやすくておすすめです◎

手順5:先端をロープに差し込んで留める

先ほど折り曲げた先端をロープにこんな感じで差し込みます。

差し込んだ後、ワイヤーでぐるぐると取れないように留めます。
グルーガンなど接着剤を使わなくでいいので簡単ですよ◎

手順6:カーテンの幅分繋げたら…完成♡

リボンなどと合わせても、とーーっても可愛いんです♡
ゲストもきゅんきゅんして写真を撮ってくれること間違いなし!
枯れないアーティフィシャルフラワーは、式後もずっと残しておけるのがいいですよね♩
工具などを使わずにできるので、ぜひ挑戦してみてくださいね♡


TOP画像出典: www.weddingnews.jp