キャンドルを使ってゲストと一緒に作り上げた空間【yuri_happyweddingさん】カトリック神田教会

2016.9.10 公開 2018.7.30 更新 テーマ・コンセプト
この記事を書いた先輩花嫁
WeddingNews編集部

Wedding News編集部です♡スタッフみんなで花嫁さんの結婚式準備のお手伝いができるように頑張ります♪

https://www.instagram.com/weddingnews_editor/

Instagramにて3,500人ほどのフォロワーを持つyuri_happyweddingさん。

カトリック神田教会にて挙式と挙げたという彼女は、「ゲストと一緒に作り上げる式」が理想だったと言います。

そんな彼女のウェディングについて、取材しました。

結婚式後は気になる視点も変わってきた

IMG_5696

IMG_6002

編集T:今日はゆりえさんのウェディングについて色々聞きたいと思っているのですがよろしくお願いいたします。

yuri_happyweddingさん(以下:Y):もちろんです。こちらこそよろしくお願いいたします。

編集T:まずは、式場と挙式の時期をお伺いしてもよろしいでしょうか?

Y:2016年5月後半にカトリック神田教会にて行いました。

編集T:5月だと、本当最近のことですよね。式が終わって感じることや思うことはありますか?

Y:式が終わって一ヶ月間くらいは、余韻に浸っていましたね。終わってからは一言で言うとすごい達成感でした。無事終わってよかったーというような感じで、よく言われる「ウェディングロス」とか「抜け殻感」はなかったですね。

編集T:挙式が終わると、今までやっていたことが一気になくなってぽっかり穴が空いちゃうというお話もよく聞きます。
Y:あ、でも自分で式を挙げてからは友人や知人の結婚式に行っても見る場所や気になる場所が変わってきた感じはありますね(笑)

編集T:例えばどういうところですか?
Y:いままでは花嫁さんのドレスとかにあまり関心がなかったのですが、やっぱり自分がドレスを選んだりすることを経験すると前よりはちょっと詳しくなるじゃないですか。なのでドレスを見ちゃったりもありますね。今までは料理とかがすごく気になってましたが、もっと演出とか装花とかを見たりするようになりました。

編集T:なるほど!ここを奮発したのかなぁとかここを抑えたのかなぁとか、そういうことも無意識に見ちゃうようになるかもしれないですよね。

Y:あはは(笑)そうですよね!

キャンドルを使った演出はこだわったポイント

IMG_5699

IMG_5604

IMG_5621

編集T:ゆりえさんの挙式のなかで、こだわった点を教えて頂けますか?

Y:やっぱり譲れなかったのは《みんなに楽しんでもらえる空間作り》でした。結婚式にお互い会社の方々を呼ばなかったから、自由に出来たという部分もありましたね。

編集T:Instagramを拝見すると、キャンドルを使った演出をしたということを載せていたと思うのですがキャンドルは始めから使う方向で考えていたのですか?

Y:いえいえ、準備をしていくなかで決まったのですが。いろいろ見ていくなかでたまたま秋葉原でキャンドルのワークショップをしていてふらっと立ち寄ってキャンドル作家さんと話してたんです。

編集T:ふむふむ。。。

Y:そこで結婚式でいろいろキャンドルが使えるというお話を聞いて、キャンドルを使う結婚式にしようと決めたんですよね。

編集T:結婚式でキャンドル!幻想的でいいですね。

Y:キャンドルを70本も使っていただきました。その作家さんがとても良い方で、巡り会えてよかったなと思います。式の打ち合わせにきてくれたり搬入・設置・撤退まで全部してくれたんですよね。

編集T:す、素晴らしいですね!

Y:そうなんですよ!しかも・・・作家さんとプランナーさん達がなんかこそこそしているなぁと思ったら、私たち(新郎新婦)へのサプライズをゲスト一体となってしてくれたんです。

編集T:えええ!それはすごく感動しますね!

Y:みんながキャンドルを持って演出のサプライズをしてくれたんです。もうびっくりしました。嬉しくて嬉しくて本当に感動しました。

編集T:本当に素敵なスタッフさんたちに巡り会えたのですね。

Y:はい。やっぱり結婚式を作り上げる上で関わるスタッフさんの存在ってすごく大きいと思います。ふたりだけではなにもできないわけですし、こうやって周りの手助けだったりご協力があって素敵な結婚式になるんだなと思いました。

ドレスを選びのコツは会場とのバランス

IMG_5616

IMG_5980

IMG_5720

IMG_5474編集T:他にもこだわったことなどありますか?

Y:お花にもこだわりました。母の友達がフローリストなので、その方にお願いしたんです。もともと会場に設置するお花には決まりがあったのでブーケや頭のお花などをお願いしました。

編集T:絶対使用したいお花などはありましたか?
Y:名前が《ゆりえ》なのでブーケに百合を使いたかったんです。あと、わたしの身長的には小さいブーケの方がバランスが合うのですが、会場が大きいのでそこに合わせて大きめのブーケを作ってもらいました。

編集T:お名前にちなんで百合の花を使用するって素敵ですね。

Y:お色直しはピンクのドレスだったので合わせてピンクのブーケにしました。

編集T:ドレスはどのように決めましたか?

Y:ドレスの決定は早かったですね。母と妹と試着に行き、8着くらい着たのですが妹の見立てが確かでした(笑)

編集T:やっぱり女性親族とドレスを選びに行くと決定が早い説ってありますよね(笑)

Y:よく見ててくれてたり、似合うものがわかってくれているからでしょうね。最初は袖つきが着たかったのですがサイズ感がよくなかったので断念しました。

編集T:決定したドレスの決め手は何でしたか?

Y:広い会場に映えるトレーンの長さが決め手でした。

編集T:やっぱり会場とのバランスを考えてドレスを選ぶと決まりやすい気もします。着たいものを着るというのも、もちろんですが会場の雰囲気に合うか、バランスはどうなのかってこともすごく重要ですよね。

Y:そうですね!すごく重要だと思います。

編集T:カラードレスはどのようにして決定しましたか?
Y:一通りいろんな色を着て、いちばん似合ったのがピンクだったのでピンクのカラードレスにしました。肌色や雰囲気でそれぞれ似合う色が違うのでいちばんしっくりきたカラーにしました。


TOP画像出典: www.weddingnews.jp