新婚旅行でのケンカ・・・離婚にならないためのポイント!

新婚旅行は楽しいことばかりを想像して2人で旅に出ますが、ケンカになってしまうことも。今回はそうならないための準備や、ケンカになった時の対処法を伝授します!

2016.10.29 公開 2018.7.30 更新
この記事を書いた先輩花嫁
WeddingNews編集部

Wedding News編集部です♡スタッフみんなで花嫁さんの結婚式準備のお手伝いができるように頑張ります♪

https://www.instagram.com/weddingnews_editor/

成田離婚にならないためのマニュアル

「成田離婚」という言葉を知っていますか?90年代にドラマから誕生した新語。新婚旅行の些細なケンカでスピード離婚をしてしまうという事。
いざ行ってみると言葉の隔たり、文化の違いなどトラブルはつきもの。「見たくなかった」夫、妻の行動や発言を目の当たりにするかも?
ここでは、そんな新婚旅行で離婚にならないためのちょっとしたアドバイスを取り上げてみました!

楽しみにしていた新婚旅行で揉めるのであればどういった理由?

行く行かないでもめる

新婚旅行って行くものだと思ってたらパートナーは違った!男性は実はそこまでお金かけたくない、単純に手配や準備などが面倒だったりで腰が重いなど、せっかくの新婚生活ぎくしゃくしないように説得ではなく納得に変わるまでとにかく話し合って決めましょう。

行くのは決まったけど、行き先の意見の不一致

興味や価値観の違い、予算の誤差なので意見が食い違いがあったりしますよね。共通点がない場合は余計、混乱を起こしがちです。お互いの意見を尊重し、どちらかの意見に流れても2人で遠出の旅を成功させることに意味があると思いませんか?

頼りがなくて揉める

「頼りないなぁ」と思っても決して口には出すべからず!
そこは先回りして自分で調べてしまうのもいいかも。さりげなく、フォローして相手をたてることができる人って器が大きいお嫁さん♡

「別れましょ」とならないための心がけ【準備編】

準備はお互いしっかり進めるべし

「持ってきたのか?」「任せてたのに・・・」「知らないけど・・・」お互いに任せすぎて、無責任になりすぎない。お互い自分のものは自分で用意すべきです。特に貴重品(パスポートなど)大事なものは他人に任せすぎないこと、大人なんだから自己責任です。

ケンカにならないため持って行くべし

original

  • スマートフォン(Wi-Fiの契約を忘れずに)

電子辞書・地図など調べたい事が全て調べられる現代の素晴らしい神器。

  • 常備薬

環境が違って少し体調が優れなくなったとしても、すぐに飲める薬があれば安心ですね。

過密スケジュールに注意すべし

「あれもこれも、それもやりたい!行きたい!」気持ちは分かるけど、時間を密にした計画をして、行動がうまくいかなった時はすごくイライラします。
ましてや慣れない土地ではいつも以上に疲れます。計画が狂ったとしても何かを諦らめられるくらいのゆとりの時間と気持ちを持ちましょう。

許せる心のゆとりを持つべし

頼り過ぎてしまった結果・・・。相手に求めすぎてしまうことはあったりしますよね。また、相手の行動や発言にガッカリしたりとしてしまうもの。
大きな心のゆとりをもって「なんくるないさ!」(なんとかなる!)精神を持つとよいでしょう。

o0480064013488233049

ちなみに「なんくるないさ!」(なんとかなる!)という楽観的な意味に思われがちですが、実は「挫けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る」という意味とのこと。トラブルがあってもお互い協力し合い、助け合って乗り越えたいものです。

人の意見も尊重する計画を立てるべし

自分が楽しいからといって相手が楽しいとは限らない。「オンリー計画」(ショッピングだけ)(マリンスポーツだけ)という計画は、相手も好きじゃなければ楽しくありません。お互いが楽しめるようなバランスのよい計画を組みましょう。


TOP画像出典: www.weddingnews.jp