貯金や両家の負担は?結婚準備の【お金の疑問】をまとめて解決♡

結婚はほとんどの方が初めての経験♡もちろんわからないことがたくさんあるので、周りにいる先輩カップルにアドバイスをもらいつつ準備を進める人も多いと思いますが、お金のことってなかなか聞きにくいですよね。でもだからこそみんなはどうしているのか気になるところ!そんな結婚準備にまつわるお金の悩みを解決するヒントを見つけてみませんか?

2016.11.6 公開 2018.7.30 更新
この記事を書いた先輩花嫁
Rie

2015年春に都内のゲストハウスで挙式。ウェディングドレスコーディネーター・披露宴のサービススタッフとして働いていたので、その時の経験や自身の挙式の時に感じたことなどを発信していきたいと思っています。

ついに結婚♡でも浮かれてばかりはいられない!?

大好きな彼からのプロポーズ♡ついに私たちも結婚♡考えただけでウキウキしますよね!
でもちょっと待って!”結婚”って言っても、結納や新居への引っ越し、結婚式に新婚旅行と何かとお金がかかるんです!
結婚式でやりやいことはたくさんあるし、衣装やお花・お料理にだってこだわりたい!
女性なら当日を最高の状態で迎えるためのエステやネイルに…あれもこれも♡と夢は膨らむ一方。
でも全部叶えようとしたら一体いくらかかるの!?と頭を悩ませている方も多いのでしょうか?
だからと言ってお金のことなので、なかなか周りの人には聞きづらいですよね。
そこで、実際にかかる金額や先輩カップルの貯金術・少ない予算でも素敵な結婚式にするためのポイントなどを調べてみました!
理想の結婚式を叶えるために、一緒に勉強して行きましょう♡

知りたい!その1 結婚式の平均費用

「ゼクシィ 結婚トレンド調査 2015」によると、挙式、披露宴・披露パーティの総額は平均で352.7万円だったそうです。
もちろん招待するゲストの人数や演出・装花などで違いは出ますが、平均するとゲスト一人当たり5.9万円ほどになるんだそうです!しかも、これは年々増加しているんだとか!
このゲスト一人当たりの金額を頭に入れておくと、自分たちの招待する予定の人数で計算ができるので、これから貯金を始めるカップルは、目標額を決める際の参考にしてみてください♡

知りたい!その2 先輩カップルの貯金事情

お付き合いしている時から”結婚費用(結納、挙式、披露宴・披露パーティ、二次会、新婚旅行)”の貯金をしていたカップルは一体どれくらいいるのでしょうか?
「ゼクシィ 結婚トレンド調査 2015」によると、”貯金していた”人は87%だったそうです。

気になるその金額は・・・?

第1位・・・100~200万円未満(22%)
第2位・・・200~ 300万円未満(20%)
第3位・・・300~400万円未満・400~500万円未満(13%)
第4位・・・500~600万円未満(11%)
第5位・・・100万円未満(10%)

気になる貯金額は多い順から上記のような結果になりました。
ちなみに平均は、313.6万円だったそうです!
なんと、結婚費用を上回るほど貯めていた方も中にはいるようですが、かかる費用の一部をまず貯めるというカップルが多いようです。

全額を自分達だけで負担した先輩カップルも!

人生の中でも大きな買い物となる挙式・披露宴。
そのすべてを自分たちだけで負担したカップルももちろんいます!
すべての金額を貯金するにはなかなか大変ですが、どういった思いから全額負担を選んだのでしょうか?

結婚は自分たちの意思でするものだから、親に頼りたくなかった。自分たちで全額払って親へ感謝の気持ちを伝えたかった。

結婚式は今まで大切に育ててくれたご両親への感謝の場。
立派に育った姿を見てもらい、感謝を伝えたいという思いにきっとご両親も喜んでくれるはず♡

自分たちの好きなようにさせてほしかったこと、親族を呼ばないなどの理由から援助は受けませんでした。

親からの援助を受ける場合に、少なからず頭に入れておかなければいけないのが、ご両親の意向を汲んだ内容や衣装にしなければならない可能性が出てくること!
お金を出してもらうということは、「意見をする権利がある」ということを覚えておきましょうね。


TOP画像出典: www.weddingnews.jp