【タイムカプセル】を使った結婚式演出まとめ♡*

「ウェディングボックス」に今この幸せな気持ちを、何年後かに開けて思い返したい♡ゲストのメッセージを閉まったり、両親へのプレゼントにもなる演出アイディアです♪
懐かしいタイムカプセルを思い出して下さい♡あなたは何を入れますか??いつ、誰と一緒に開けますか??共同作業で幸せな瞬間をとじこめましょう♡

2016.11.7 公開 2019.2.25 更新 演出

タイムカプセルって懐かしい♡

小学生の頃、友達と裏山や校庭の隅などにタイムカプセルを埋めたことってありますか??
自分の夢や、その時の好きな子を書いた手紙や、おもちゃ、写真などを入れて「オトナになって、みんなで集まった時に開けよう!」と約束した懐かしい思い出♡
埋める時には将来大人になった自分を想像してワクワクしていましたね!
そんなワクワクを、結婚式の演出に取り入れてみませんか?
海外でも人気のタイムカプセル演出、ご紹介します♡

ウェディングボックスとは♡

ウェディングボックスとは、結婚式当日に手紙や思い出の品物を入れてフタをし、二人が決めたタイミングで開けるタイムカプセルのこと♪

中身は自由に好きな物を♡

・二人の思い出の写真
・両親との写真
・ゲストからのメッセージつきポラロイド写真
・お互いへの手紙
・両親への手紙
・結婚式当日の新聞
・コイン
・DVD

などなど♡

海外では「ワインボックス」が有名♡

ワインと手紙を入れる「ワインボックス」部屋に飾れるように、可愛くおしゃれなデザインがいいですよね♡

名前、日付、ロゴマークなど入れたら素敵☆人前式の際に「◯◯年後に飲もうね♡」と二人で釘を打ち付けます。

https://www.instagram.com/p/Bn0NINtna3y/

釘を使うのではなく、鍵を閉めるという演出もおしゃれ♡

10年後のお互いへの手紙と、入籍時に撮った写真を添えて。。。♡

受付でゲストからやってもらってウェディングツリーと共にウェディングボックスへ**あの日、証人となってくれたみんなとの想い出も一緒に詰め込んでみては?

シャンパンでも◎

ファイトボックスって??

ファイトボックスとは、ケンカをした時に開けるため用意するボックスです。万が一離婚の危機に陥った際に読み返す、ラブレターを入れたボックス。

それで初心に戻り、仲直りするという目的ですが、できれば開けたくないですね・・・(笑)

入れるものの注意点

紙の性質

紙には、大きくわけて「酸性紙」と「中性紙」があり、長期保存に適した方は中性紙です。
表示されていない場合があり、見分け方としては紙を燃やして黒い炭化物ができるのは酸性紙で、白い灰になるのは中性紙です。

筆記用具

手紙などを入れる場合、鉛筆とペン、どちらで書くのがよいのでしょう?タイムカプセルの中で高湿度状態になった場合を考えると、ペンではなく鉛筆で書いておく方がよいようです。

写真

写真はただ放置しただけでも時が経つと色があせたり、黄ばんだりします。それに何枚か重ねて置いていた場合、湿度の関係でくっついたりします。
酸性紙の紙箱やクラフト封筒に入れておくのは避け、ラミネート加工やポケットアルバム等に入れて外気と直接触れないようにしておくのがおすすめです。
カラー写真よりモノクロ写真の方がより長期保存に向いているそう。ネガはさらに長期保存に向きません。

ビデオテープ・カセットテープ・MD・CD類について

温度・湿度・静電気に弱く、データ破損の可能性もあります。すぐカビが生え、ホコリ・磁気にも弱いです。
長期保管するときには、一番最初の巻き戻しの状態にしなければなりませんが、テープを長い間巻きっぱなしにしておくと、ゆがみが発生している場合もあります。
1年に1度は早送り、巻き戻しをして、テープの接着がすることのないように管理することが必要なので、テープ類はタイムカプセル内に長期保存をするには大変難しいようです。
再生できるかどうか分からないけれど、これも思い出のひとつとしてタイムカプセルの中に入れてみるのもよいかもしれません。
また、数年後のカプセル開封時にそのメディアを再生できる機械が残っているか、ということも考えておく必要がありそうです。

中身は◯◯年後の私たちを想像して♡

自分たちらしいもの、時間が経っても美味しく頂けるもの、注意点だけ気をつければ何でもいいんです!
小学校時代のタイムカプセルを思い出して、ワクワクするものを詰めましょう☆
できれば手紙は入れておきたいですね♪
未来の自分に、相手に、両親に、どんな言葉を送りたいですか??
今の幸せな感情をストレートに綴ってください

この記事を書いた先輩花嫁
ウェディングニュース編集部

インスタ花嫁支持率No.1の結婚式準備アプリ♡ウェディングニュースです**結婚式の参考になる情報や、お得な情報まで花嫁さまにとって本当に役にたつ情報を毎日発信中♩

TOP画像出典: www.weddingnews.jp