お洒落なブーケがズラリ♡ドライフラワーデザイナー・RoseCharityさんに人気の花や作品をインタビュー

お洒落なブーケがズラリ♡ドライフラワーデザイナー・RoseCharityさんに人気の花や作品をインタビューのカバー写真 0.9312242090784044

結婚式といえば、やっぱり欠かせないのがお花を使ったアイテム♡ 最近では生花だけでなく、ドライフラワーを使ったアイテムも花嫁様たちから注目を集めているってご存知でした? そこで今回は、実際に多くの花嫁様たちのブーケや髪飾りを制作してきた人気のフラワーデザイナー・RoseCharityさんにインタビュー! 作品づくりを始めたきっかけやウェディングシーンで人気の作品について伺ってみました。

♡RoseCharityさんのプロフィール♡

幼少期より緑や石に触れるのが好きで、2009年頃から気功を習い始め、薬石や天然石を学ぶ。
その後、友人や妹の結婚式の影響で「お花は自然に人を笑顔にする」とドライフラワーに興味を持ち、
2015年よりドライフラワーの勉強や制作を開始する。
翌年、ウェディングブーケの販売を開始。現在はドライフラワーを使った作品制作・販売を行うほか、
パワーストーンの講師としても活躍中。

minne×日比谷花壇ハンドメイドウェディングフェスタ出展、アンティークshopドライフラワー販売など、各イベントで大活躍中のRoseCharityさん。

パンパスグラスを使ったボリューミーで華やかな作品が可愛いと、今多くの花嫁様たちから注目を集めているドライフラワーデザイナーさんです♡

今回はそんな多くの花嫁様たちからラブコールを受けるRoseCharityさんに、作品づくりを始めたきっかけやウェディングシーンで人気の作品などを教えてもらいました୨୧*:.。

妹の勧めでフラワーデザイナーに

———–まずは作品制作を始めたきっかけについてお伺いしてもよろしいですか。

RoseCharityさん:今は妹も私もフラワーアイテムの制作を行っているのですが、元々は妹がドライフラワーとプリザーブドフラワーと造花を使って髪飾りをつくっていたんです。それで、「お姉ちゃんもやらない?」というふうに勧めてもらって。

———–なるほど、じゃあ最初は妹さんから習いながら始めた感じなんですね。

RoseCharityさん:そうです。最初は小さい作品をつくっていたんですけど、やっぱり大きい作品もつくりたいと思うようになって、それでブーケとかをつくるようになりました。

———–作品に使っているお花はご自身で乾燥させてドライフラワーの状態にしているんですよね?となると制作に結構な時間がかかるのでは。

RoseCharityさん:そうなんです~!うちではドライフラワーを生花からつくっているので、もう上から下から色んなところでお花を乾かしています。

———–今の時期だと湿気がすごいから乾くまでだいぶ時間がかかるんじゃないですか?

RoseCharityさん:そうですね。なので室内はもう常に乾燥するようにしています。お肌には悪いんですけれども(笑)

———–作品のイメージはどういった時に思いつきますか?何かからインスピレーションを得たりすることはありますか?

RoseCharityさん:インスタグラムやTikTokを見て、こういうのをつくったらこういう人にいいだろうなって思いついてつくることが多いですね。

———–RoseCharityさんの作品は結婚式だけでなく、さまざまなシーンに合わせやすいように制作されていると思うのですが、結婚式で使う場合はどういった場面で自分の作品が似合うと思いますか?

RoseCharityさん:そうですね、ガーデンウェディングとか、リゾートウェディングですかね。そういったものに合うようにつくっています。

私の好きな花

———–RoseCharityさんの作品はどういったお花を使っているんですか?

RoseCharityさん:海外のお花を好んで使っています。プロテアとかバンクシアとか。

———–海外のお花は現地から取り寄せているんですか?

RoseCharityさん:市場で海外のお花を売っているので、それを買ってドライフラワーにしています。

———–ご自身の中で特別感のあるお花って何かありますか?

RoseCharityさん:パンパスグラスという、ほわほわしたお花が好きですね。

RoseCharityさん:パンパスグラスはボリュームが出るのでものすごく色んなところで映えるんです。部屋の中でも映えますし、暗いところでも映えますし、どこでも映えるところが気に入っているのでおすすめしています。あとはキングプロテアも好きですね。

———–キングプロテアの好きなポイントはどんなところですか?

RoseCharityさん:もう存在感があるところですね。1つの花で20~30cmぐらいあるので。

———–そんなに大きいんですね!

RoseCharityさん:そうなんです。あとさまざまな色があるところも好きですね。ピンクだったり白だったり、濃いえんじ色だったり。

———–RoseCharityさんの好きな色は何ですか?

RoseCharityさん:やっぱりピンクが好きですね。

結婚式におすすめの作品

お次は花嫁様から人気の作品やブライダルシーンにおすすめの作品、オーダーについて聞いてみました♩

花嫁さんたちから人気の高い作品は?

———–RoseCharityさんの作品は卒園式や友人の新居祝いなど、さまざまなシーンでの贈り物にご購入されているお客様が多いようですが、その中でもとくに結婚式のシーンで人気の高いものってどれになるのでしょうか?

RoseCharityさん:結婚式はどの作品もまんべんなく売れているんですけれども、一番売れているのはやっぱりグリーンホワイト系ですね。

ウェディングブーケの大人気カラー、ホワイト×グリーンカラーのクラッチブーケ。バラの周りにフワフワのパンパスグラスをあしらったボリューミーな作品です♥+。
受注制作《グリーンホワイトブーケ&ブートニア》の詳細を見る

———–RoseCharityさんの作品って結構華やかというか、明るいものが多いですよね。

RoseCharityさん:周りにパンパスグラスを入れているので、それで明るく見えるようにしています。

———–パンパスグラスはRoseCharityさんの作品に毎回入れているものなんですか?

RoseCharityさん:はい、毎回必ず入れています!最近はものすごく人気が出てきていて、入荷した途端売れて…って感じですね。単体で使う人もいるぐらい人気なんですよ♩

パンパスグラスをメインにしたブーケ。サンキライの赤い実と小枝を組み合わせて和風テイストに仕上がっています。
白無垢・色内掛け・引き振り袖など、和装に合うブーケを探している花嫁さんにおすすめです♩
受注制作《コットンレッドホワイト和装ブーケ》の詳細を見る

———–RoseCharityさん的にこれは結婚式におすすめだよっていう作品はありますか?

RoseCharityさん:今は海外の花が流行っているので、そういう花を使ったものをおすすめしています。プロテアやバンクシアは1つでも存在感が出るのでおすすめです♩

存在感抜群のキングプロテアを中心に、ボルドーやグリーンユーカリを活かしたボリューミーなブーケ♡同じデザインのブートニアと花冠がセットになったブライダル向けの作品です♩
受注制作ブライダル《特大キングプロテアベージュブーケ》ベージュの詳細を見る

オーダーも承ります♡

———–RoseCharityさんの作品はお客様のご要望に応じて提案・制作していただけるとminneのショップページで拝見したのですが、実際はどのような要望が多いですか?

RoseCharityさん:要望はもうとにかくパンパスグラスをたくさんいれてくださいとかですね。

———–パンパスグラスって本当に人気なんですね。

RoseCharityさん:ええ、すごい人気です。あとパンパスはどの色がいいとかっていうオーダーもきますね。パンパスグラスは白色だけじゃないので。赤とか青もあって、色の指定をされるお客様もいらっしゃいます。

———–そうなんですね。じゃあ結構オーダー対応することが多い感じですか?

RoseCharityさん:はい、多いですね。試作を何回も重ねて、お客様に似合うような作品になるようにつくっています。

———–それだと制作時間もかなり長くなりそうですね。パンパスグラスに関するオーダーが増えると在庫切れになったりすることもあるんですか?

RoseCharityさん:ありますね。最近またパンパスグラスの生花が出始めたので、今絶賛ドライ中なんですけれども、これを切らすともう商売が成り立たないぐらいです。

———–今の時期に生花が出始めるとなると、春ごろには在庫が減ってしまいそうですね。

RoseCharityさん:そうですね。一応大きいものと小さいものがあるので、大量に仕入れて大きいものは切らさないようにしています。

おすすめは2ヵ月前のオーダー

———–結婚式って人気シーズンがあるじゃないですか。春とか秋とかはとくに結婚式を挙げる花嫁さんが多いかと思うんですけど、そういう時に受注が増えてしまって制作が間に合わなくなってしまうことってありますか?

RoseCharityさん:ありますね。そういう時はその旨を伝えて時間を調整するようにしています。

———–受注から制作までは大体どのぐらいかかるものなんですか?

RoseCharityさん:3週間から1カ月ぐらいですね。

———–じゃあ繁忙期とかは早めに注文しないとですね!

RoseCharityさん:そうですね。なるべく在庫は持つようにしているんですけれども、やっぱり出来たてを使ってほしいのでなるべく早めに注文していただくことをおすすめしています。持ちも良くなりますしね。

———–ドライフラワーだと日数の経過とともに色が変化してきますよね?そう考えると注文が早すぎても問題が出てくるかと思うのですが、大体どのぐらいの前に注文すれば忙しい時期でもちょうどいいタイミングで届くのでしょうか?

RoseCharityさん:本音を言えば2ヵ月ぐらいの猶予が欲しいですね。2カ月ぐらい経つと色も止まってきて、その色味がずーっと続いてくれるので。

———–ちなみにドライフラワーの保管期間って結構長いんですか?どのぐらい持つものなんですかね?

RoseCharityさん:ドライフラワーは1年ぐらい状態が持つんですけど、だんだん色味が薄くなってきて、おしまいの頃にはコロコロとれて落ちてくるようになります。

今までとこれから

最後に今までの思い出と今後の目標について教えてもらいました♡

今までの作品で一番思い入れのあるもの

———–これまで制作した作品の中で、一番思い入れのある作品はどれですか?

RoseCharityさん:思い入れのある作品はminneのプロフィール欄のトップページにも載っている、プロテアブーケ&ブートニア&髪飾り&花冠の4点セットですね。

お子さまの花冠もつくってほしいというふうに仰られて。それでお客様から、この海に合うようにとか、あとこういったカメラマンさんに撮影してもらいますとかお話を聞かせていただきながらつくった作品なので、この作品に対して一番思い入れがありますね。

———–ちなみにこの作品は現在も販売しているんですか?

RoseCharityさん:はい、しています♩

本物のお花を使って作ったブーケ・ブートニア・髪飾り・お子様用花冠の4点セット。家族婚はもちろん、フォトウェディングにもぴったりです♡+。
受注制作《プロテアブーケ&ブートニア&髪飾り&花冠》の詳細を見る

———–4点セットだと制作にかなり時間がかかったのでは?

RoseCharityさん:ええ、めちゃくちゃかかりました。でもデザインのイメージが決まっていたので、それに合わせてつくっていけましたね。

———–花嫁様とお子さまで同じデザインの髪飾りをつけられていますが、この花嫁様がつけているヘアアクセサリーと、お子さまがつけている花冠だと、どちらのほうが制作に時間がかかるものなんですか?

RoseCharityさん:花冠自体、制作にものすごく時間がかかるので花冠ですかね。花嫁様がつけていらっしゃる挿すタイプの髪飾りのほうが花冠よりも短い時間で制作できます。

———–なるほど。最近結婚式で花冠をつける花嫁さんたちも増えてきているので、大人サイズとなるとさらに時間がかかりそうですね…。

今後の目標

———–それこそブーケのほかにこういったヘッドパーツなども制作されていると思うんですけれども、今後こういう作品をつくっていきたいな~など、何かやりたいことや目標はありますか?

RoseCharityさん:今後はそうですね、生花をやりたいなとちょっと思っていて。私、生花を使ったアレンジメントってやったことがないんです。日持ちとかの関係もあって。

なのでオーダー中心にはなってしまうんですけど、今度はドライじゃないやつもちょっとやってみたいなぁ~とは思っています。あとはドライフラワー専用の畑も栽培したいですね。

RoseCharityさんの作品一覧はこちら

記事内でご紹介している作品は2022年8月時点のものです。現在販売している作品の詳細についてはRoseCharityさんのショップページをご確認ください。

 

LINEウェディングニュース相談カウンター
担当アドバイザーが結婚準備をサポート
何も決まっていない方でも大歓迎
無料相談受け付け中♪
ウェディングニュース相談カウンター
マイレポイメージ

プロポーズされたら、アプリがおすすめ

結婚準備に必要な情報がサクサク見れる
結婚式場の口コミ・レポまとめ読みするなら

保存するには登録が必要です