慶事用切手だけじゃない!ワンランクアップする招待状切手のアイディア

2016.1.3 公開 2018.7.30 更新 招待状
この記事を書いた先輩花嫁
WeddingNews編集部

Wedding News編集部です♡スタッフみんなで花嫁さんの結婚式準備のお手伝いができるように頑張ります♪

https://www.instagram.com/weddingnews_editor/

こだわって準備した結婚式の招待状。せっかくなら切手にもこだわってみては?結婚招待状の切手といえば、慶事用切手が基本。でも、せっかく作ったオリジナルの招待状には少し合わないことも。ここではちょっと手間でオリジナリティを出せる慶事用切手以外の、切手のアイディアをご紹介します!

まずは基本の確認!招待状の切手は慶事用が無難

一般的に、結婚式の招待状には慶事用切手や寿切手が使われます。この切手を貼ることで、おもてなしの心や嬉しい事ということを相手に伝えることができます。目上の人や親族の方は形式を重視する方が多いので慶事用が無難です。

ただ慶事用切手は和風デザインが多く、折角なら切手も招待状デザインにテイストを合わせたいものですね。

慶事用切手を手配するポイント

1,料金
重さによって値段が変わりますが、招待状送付用には82~92円が目安です。返信用ハガキは62円で問題ないです。
心配であれば事前にいくらで送れるのかを確認をしましょう。必要物を入れ、封をきちんとノリで閉じます。ノリの重さで変わる時があるのでノリの塗り忘れが無いようにしましょう。ノリは液体だとしわになってしまうのでスティックタイプがおすすめです。

2,発送日
一般的に「大安」「友引」がいいとされています。近年はそれほど気にする方がいないので都合がいい日に郵送をしても大丈夫です。しかし、返信期間ギリギリに届くのは失礼にあたるので余裕をもって発送しましょう。一般的には式の2か月前発送、3週間~1か月前が返信期限といわれています。地域差などもあるので、プランナーさんにアドバイスをもらうと安心できます!また、ポストに投函すると折れてしまったり、汚れてしまう可能性があるので、窓口でお願いする方が安心です。

慶事用だけじゃない!招待状に使える切手アイディア


結婚式の招待状に利用できる切手を紹介します!

オリジナル切手

日本郵政のオリジナル切手作成サービスです。フレーム形の郵便切手の内枠内に写真等を印刷できます。写真の仕上がり寸法は大型タイプの場合は約3.2cm×3.2cmとなり、それ以外は約2.4cm×2.4cmとなります。

似顔絵を描いて切手に

前撮りなどの写真を切手に

アルファベットなどのシンボルマークを切手に

お花

日本郵政の花シリーズ

おもてなしの花シリーズ

季節の花シリーズ

ふるさとの花シリーズ

グリーティング切手

「めでたい」にかけたタイの切手

料金別納郵便

料金別納郵便を使うには、郵便物が10通以上でその10通が同一料金であることです。同じ招待状を何通も送る結婚式にはとても便利な方法です。
マークの下部2分の1以内にイニシャルやロゴ等のオリジナルのデザインが記入できます。結婚式の日付を入れていいかどうかは、郵便局によって対応が違うようなので事前に確認をして印刷をしましょう! このマークは、縦長の封筒の場合は表面の左上部、横に長い封筒の場合は右上部に印刷します。

詳細はこちら→日本郵政

イニシャルのシンボルマークがお洒落

周りの絵柄とアルファベットがお洒落

アルファベットを使ったシンボルマークがお洒落


TOP画像出典: www.weddingnews.jp