心を突き動かす♡芸能人の贈った&受けたプロポーズの言葉特集

2015.10.2 公開 2018.7.30 更新 プロポーズ
この記事を書いた先輩花嫁
WeddingNews編集部

Wedding News編集部です♡スタッフみんなで花嫁さんの結婚式準備のお手伝いができるように頑張ります♪

https://www.instagram.com/weddingnews_editor/

一世一代のプロポーズの言葉を何にしようかお悩みのあなたに、芸能人が贈った&受けたプロポーズの言葉をご紹介します。男性のキャラクターが滲み出た個性的なプロポーズの言葉やストレートなプロポーズの言葉も、是非参考にしてみてくださいね。

シンデレラ城前でガラスの靴と共に贈るフジモンのストレートなプロポーズ

出典:http://bing.com

藤本敏史さんから木下優樹菜さんへ 「僕のお嫁さんになって下さい」

シンデレラ城の前でプロポーズが有名。「僕のお嫁さんになって下さい」が言葉で、プロポーズの際には、この日のために作った「ガラスの靴」を贈ったそう。

出典:http://weddingpark.net

幼い頃からシンデレラが大好きだったという木下は「ディズニーランドのシンデレラ城の前で、ガラスの靴を贈られるといったプロポーズが理想でした。それが5年前に叶いました」とにっこり。「ひざまずいて『僕のお嫁さんになってください』って。頭にティアラをのせられて…。本当にシンデレラになれました」と微笑ましいエピソードを披露した。

とっても憧れる夢のようなプロポーズですね。プロポーズ時にもらったガラスの靴は小さかったけれど、五年目のプロポーズ記念にディズニーへ行って木下優樹菜さんにぴったりのサイズのガラスの靴をサプライズでプレゼントされたそうです。プロポーズする場所をディズニー等、何度も来たくなるような楽しい場所に設定しておくと記念日の度に訪れたくなるので凄くいいアイディアですね。

白浜の美しいエーゲ海に浮かぶミコノス島で石田純一さんが贈るロマンチックなプロポーズ

石田純一さんから東尾理子さんへ 「生きている限り大切にしていく」「人生のフェアウェイを一緒に歩いていこうね」

プロポーズの舞台は、白浜の美しいビーチで知られるエーゲ海に浮かぶギリシャのミコノス島。2009年8月16日夜、別荘のプールサイドのソファにふたりで座り、石田さんが「一番好きな人と世界中、いろんな所へ行きたい。一緒に行ってくれる?」と切り出した。普段の軟派なキャラとは一転、真剣そのものの表情で「生きている限り大切にしていく」「いつも笑顔でいてもらえるように、僕が頑張る」などと、思いを言葉にしてプロポーズ。

「第4回 全国プロポーズの言葉コンテスト」受賞発表会に登場。石田は妻へのプロポーズが「人生のフェアウェイを一緒に歩いて行こうね」だったと告白。

公開プロポーズは、「生きていく限り大切にしていく」ですが、実は「人生のフェアウェイを一緒に歩いて行こう」という、ゴルフがきっかけで縁になったちょっとオシャレなこの二人ならではのプロポーズもしています。ミコノス島は「エーゲ海に浮かぶ白い宝石」と呼ばれているそうですね。とっても、ロマンチックなシチュエーションでのプロポーズです。このシチュエーションでのプロポーズは、意外と女性の評価も高く、女子はこういう夢のようなプロポーズに弱いようです。一生に一度、ここまで頑張って用意してもらえたら忘れられない素敵な記憶として刻まれますね。

寺島しのぶさんが贈られた海の砂浜に書かれたプロポーズメッセージ

ローラン・グシアナさんから寺島しのぶさんへ 「僕の奥さんになってもらえますか」

寺島しのぶさん(女優)がフランス人のローラン・グナシアさん(アートディレクター)にプロポーズを受けたのは千葉県の海岸。ローランさんが「僕の奥さんになってもらえますか」と砂の上にメッセージを書き、寺島さんは「ウイ」(※Yesの意)と即答したそうです。

映画のようなシチュエーションで、想像するだけでなんだかグッときてしまいます。「ウィ」とフランス語で返事をした寺島さんの返しも、感情より先に出た言葉だそうです。フランス人は籍を入れる事が少ないみたいで、一緒にさえ居れたらいいと思っていた所プロポーズをされたとの事でした。寺島しのぶさんが猛アタックした末叶った、夢のようなプロポーズでした。


TOP画像出典: www.weddingnews.jp