遠距離恋愛から結婚したい!うまく付き合うための心構えやタイミングを紹介

遠距離恋愛から結婚したい!うまく付き合うための心構えやタイミングを紹介のカバー写真

遠距離恋愛をしていると会いたい時に会えず寂しさを感じたり、将来を考えたときに不安になることも。寂しさや気持ちのすれ違いで破局するケースもありますが、実は遠距離恋愛から結婚しているカップルは非常に多いです。

今回は遠距離恋愛から結婚したい人のために、遠距離恋愛を長続きさせるための心構えや結婚に繋げる方法などを紹介します。遠距離恋愛の状況をうまく利用して結婚に結びつけましょう。

遠距離恋愛で得られること

遠距離恋愛になると「これからの関係が不安」とマイナスなことを思い浮かべる方も多いです。しかし、以下のように遠距離恋愛になったからこそ得られることもありますよ。

  • 相手の大切さを感じる
  • 自分の時間が確保される
  • 会うのが待ち遠しくなる
  • 自分磨きに時間をかけられる

それぞれのについて解説します。

お互いに相手の大切さを感じる

遠距離恋愛によって相手の大切さを感じるのは大きなメリットです。いつでも会える状態だとお互いの存在が当たり前になり、ありがたみが薄れてしまうこともあります。遠距離で会えない時間があるからこそ、相手の存在が大きいことをお互いに確認できるのです。

遠距離恋愛になると2人の絆を深められ、お互いの関係をほどよい距離感から見つめられるので結婚に繋がりやすいともいえます。

自分の時間が確保される

遠距離恋愛をしていると恋人との時間が限られるため、自分の時間が確保されます。1人で読書をするなど好きなことをして過ごす時間を確保するのは、恋人と良い関係続けるためにも重要です。

読書や勉強・習い事など時間を自分磨きに活用することで、あなた自身に磨きがかかってお互いに刺激し合える関係を保てますよ。

会うのが待ち遠しくなる

遠距離恋愛だと会うのが待ち遠しくなり、会えたときの喜びはひとしおです。相手と過ごす時間が貴重だと感じられるので、毎回心に残るデートができますよ。「会えない時間」は寂しさや不安を感じるものでもありますが、恋愛においてプラスに作用するスパイスにもなるのです。

上記では遠距離恋愛で得られることを紹介しました。遠距離恋愛によって得られることを心に入れておくと、お互いに気持ちに余裕を持って過ごせるため良好な関係を保て結婚へと繋げやすいですよ。

遠距離恋愛で破局する理由は3つ

遠距離恋愛から結婚に繋がったケースは多いですが、破局するカップルもいるのは事実です。遠距離恋愛で破局する理由を3つ紹介します。

気持ちのすれ違いが起こりやすい

遠距離恋愛において気持ちのすれ違いから破局するカップルは多いです。会いたい時に会えないと相手が何を考えているのか分からず不安になり、気持ちのすれ違いが起こりやすくなるのです。

少しでも気持ちがすれ違うと恋人の「浮気」を疑ったり、より不安な気持ちが強くなって疑心暗鬼になることも。喧嘩をして関係がギクシャクするなど悪循環に陥る傾向があるので注意してください。

寂しい

遠距離恋愛において寂しさも破局する理由のひとつ。遠距離恋愛の寂しさから相手に浮気されて破局するケースも少なくありません。例えば仕事で落ち込んだときなど、どうしても恋人に会いたいのに会えないとより寂しさを感じるものです。

寂しいときにどう行動するかは、遠距離恋愛で関係を続けていくキーポイントでもあります。遠距離恋愛をする上で寂しくなったときのルールなどを一緒に決めておくのもよいでしょう。

経済的な負担が大きい

北海道と東京など、遠距離になればなるほど会うときの経済的な負担が大きくなるため破局に繋がるケースもあります。2ヶ月に1回会うように決めていても、金銭的に辛いと会うのが負担になることも。

海外と日本で遠距離をしていて結婚するカップルもいるので、お互いに負担のないように会うペースなどを決めることも重要ですね。

遠距離恋愛で破局する理由を紹介してきましたが、遠距離恋愛であってもうまく付き合えば結婚へたどり着けます。次では、遠距離恋愛を長続きさせるための心構えを紹介します。

遠距離恋愛を長続きさせるための心構え

遠距離恋愛を長続きさせるための心構えは以下の通りです。

  • 自分磨きに力を入れる
  • 連絡の頻度に注意する
  • 2が月に1回くらいは会う
  • 寂しさとうまく付き合う
  • 相手を信頼する
  • 相手のプレッシャーになることを急に言わない

それぞれ詳しく解説していきます。

自分磨きに力を入れる

遠距離恋愛から結婚に繋げたいなら、自分磨きに力を入れましょう!
会えない時間を仕事に集中したり、自炊をしてみたりと自立している姿を見せるのでお互いに刺激となり高め合える関係を築けます。

あなたの魅力がさらにアップすれば、「手放してはいけない」存在となり結婚に近づきやすいです。「寂しい」「会いたい」と思ったら、自分磨きに必要な時間と気持ちを切り替えてみてください。

連絡の頻度に注意する

遠距離恋愛から結婚へ繋げたいなら、連絡の頻度には注意してください。特に転勤などで遠距離になると不安な気持ちもありますが、相手は新しい場所でしばらくバタバタします。連絡の頻度が多すぎると相手の負担になったり、自分勝手と思われる可能性も。

無理に連絡を取ろうとするとあなた自身も疲れてしまうので、破局に繋がることもあります。メールの頻度や電話はお互いにいつ電話するかなどを話し合っておくとよいですね。

遠距離でも負担なく連絡を取り合える良好な関係が築けていると、どんな環境でも一緒にいられると自信になるので相手も結婚を意識するようになりますよ。

2ヶ月に1回くらいは会う

遠距離恋愛でも2ヶ月に1回くらいは会うようにするのがベストです。2ヶ月に1回だとちょうど「会いたい」気持ちがつのったところで会えるため喜びが強いです。あまり合わない時間が長すぎると「会いたい」と思う気持ちが褪せてしまったり気持ちがすれ違うことに繋がるので注意してください。

距離によっては難しいですが可能であれば2ヶ月に1回は会うようにすればお互いに気持ちを確かめると安定した関係性を保ちやすいですよ。

寂しさとうまく付き合う

遠距離恋愛で関係を長続きさせるなら、寂しさとうまく付き合うようにしましょう。寂しいと思っているのはお互いに一緒です。寂しくて頻繁に連絡をするのは関係を悪化させる可能性があり逆効果となります。友達と遊びに出かけたり自分磨きに時間を注ぐなど寂しさとうまく付き合う方法を見つけておくとよいでしょう。

結果、自立している姿が相手に伝わるため、将来を見据えた付き合いができると思ってもらえます。

相手を信頼する

遠距離恋愛で最も重要なのが相手を信頼することです。距離が離れていると相手が何をしているのか分からないことが多く不安になりやすいので、無駄に浮気を疑ったりメールの返信が遅いだけで疑心暗鬼になることも。不安やイライラが募ると相手にぶつけて喧嘩に発展するなど、関係が悪化する可能性もあるため遠距離恋愛をする以上は相手を信頼してつきあいましょう。

定期的に連絡をとって近況報告をし合ったり、自分の時間を過ごして恋愛にのめり込みすぎないのが遠距離を長続きさせるポイントです。

相手のプレッシャーになることを急に言わない

良好な関係を続けたいなら、「結婚」など相手のプレッシャーになることを急に言わないように注意してください。特に男性は「結婚」の話などは敏感に反応します。せっかく遠距離に慣れてきたところで「結婚」に関する話を急にすると焦って、関係がギクシャクする可能性も。

本気で結婚に繋げたいと考えているなら、遠距離恋愛をしてお互いに自立したところでタイミングをはかって結婚の話題を出しましょう。

しかし、遠距離恋愛も長くなると将来への不安を感じ始めるのが本音ですよね。次では遠距離恋愛が結婚に繋がるきっかけについて紹介します。

遠距離恋愛から結婚に繋げる方法

基本的に男性は結婚に対して現実味がありません。特に経済的に不安だったりすると恋人に仕事をやめてこっちに来てと言いにくい傾向があります。遠距離恋愛から結婚に繋げたいなら、思い切って女性から結婚を意識するきっかけをつくるのもよいでしょう。

結婚を意識させる方法は以下の通りです。

  • 将来の話をする(自分の考えを話す)
  • 何才までに結婚したいと伝える・結婚までの期限を決める
  • 手料理などの家事スキルを見せる

それぞれについて解説します。

将来の話をする(自分の考えを話す)

2人の関係を結婚に発展させるためには将来の話をすることが重要です。自分が将来に対してどのように考えているのかを落ち着いて話し合えば、お互いに結婚について考えるきっかけになりますよ。

しかし、急に「結婚するの?どうするの?」などと詰め寄ると相手も引いてしまうため注意してください。あくまでも将来についての話合いをすることを念頭に考えを伝えましょう。

何才までに結婚したいと伝える・結婚までの期限を決める

思い切って何才までに結婚したいときっぱり恋人に伝えるのも恋人に結婚を意識させるきっかけとなります。遠距離恋愛に限らず、付き合いが長くなるにつれて将来どうするのか不安になる女性は多いです。

結婚への意思表示をすることで将来について話し合ったり、相手の結婚の意思も確認できるので一石二鳥。さらに、子供を産んだり先のことを考えて年齢的にダラダラ付き合い続けたくないなら、結婚までの期限を決めておくのもよいです。期限を決めることで破局に繋がる可能性もありますが、男性が煮え切らないままならすっぱり別れて次の恋に行くのもよいでしょう。

手料理などの家事スキルを見せる

家事スキルを見せることは、遠距離恋愛をしている彼氏に結婚を意識させる方法のひとつです。たまにしか会えないけど彼の家で手料理を作ったり、洗濯や掃除をしてあげれば家庭的な部分をアピールできます。特に彼が好きなものを事前にリサーチして胃袋を掴むと恋人から結婚したい相手へと関係が発展しやすいのでおすすめです。

また、結婚願望が低い男性にも「結婚もいいかも」と思わせるきっかけになる可能性もあるため、彼と会える時間はアピールできるチャンスと思って過ごしましょう。

結婚したいならタイミングを逃さないのが重要!

遠距離恋愛をしている状況を結婚に繋げるには、タイミングを逃さないことが重要です。「どちらからかが転職をしようとしている」「住んでいる家の更新時期」などは結婚へ繋げる絶好のチャンス。

転職は生活が大きく変わるため将来のことを考えるため同時に結婚も意識しやすくなります。また、彼氏の特に住んでいる家の更新時期であれば一緒に住む場所を探すタイミングにもなるので、「一緒に済めば生活費が抑えられるよ」などとうまく話を持ちかければ同棲へ自然に繋げやすいのです。

さらに、交際記念日などの節目も結婚を意識して今後のことを話すよいタイミングになります。遠距離恋愛から結婚したいなら、タイミングを逃さずに掴みましょう。

遠距離恋愛をうまく利用して結婚へ繋げよう!

今回は遠距離恋愛でも良好な関係を築き、結婚を意識させる方法を紹介しました。遠距離恋愛は寂しさや不安も感じることがありますが、愛を育てる時間であると考えて付き合うのがポイントです。

お互いに自分磨きをしつつ相手への信頼を忘れずに付き合うことで絆を深めることができるので、遠距離恋愛をうまく利用して結婚へ繋げましょう。

クリップするには登録が必要です