【告白のセリフ決定版】絶対にうまくいく男女別告白の殺し文句20選

【告白のセリフ決定版】絶対にうまくいく男女別告白の殺し文句20選のカバー写真

告白を成功させるにはさまざまな条件が必要だからセリフは案外どうでもいいと思っている人もいるでしょう。しかし、それは間違いです。告白のセリフには「殺し文句」とも呼ぶべき言葉があります。 今回は絶対にうまくいく告白の言葉を男女別にご紹介♡大好きな人に告白したいけれど勇気が出ずに困っているという人は、ぜひ参考にしてください♩

告白されてみたいのは男も女も同じ

男であれ女であれ、誰でも一度は告白されてみたいもの♡

しかし、結婚をしたいほど好きな相手に出会ったならば、告白されるのを待ち続けてはいけません。

たとえ玉砕覚悟でも、プライドをかなぐり捨ててでも、絶対告白してみるべきです。

今回は、絶対にうまくいく告白のセリフの極意を紹介した上で、結婚したいほど好きになってしまった相手を確実に落とすための告白のセリフを男女ごとにご紹介♩

更に、告白のセリフの効果を帳消しにしないため、絶対に気をつけておきたいNGポイントも解説します。

告白の成功率をできるだけ100%に近づけたいという人は、ぜひご覧ください♡

〈男女共通〉絶対にうまくいく告白のセリフの極意

告白のセリフには、絶対に告白を成功させるための極意というべきものがあります。

以下より、その極意を5つ紹介するので、告白を成功させたいという人は、ぜひ頭に叩き込んでおいてくださいね♩

できるだけシンプルに

告白のセリフは、ゴテゴテに飾り立てる必要はありません。

できる限り「シンプルに、短く」を心がけてください。

あまりにも煩雑で長いセリフだと、「結局何が言いたいの?」と相手を困らせてしまうかもしれません。

ありきたりな言葉で良いので、手短にわかりやすく、相手への好意を伝えましょう♡

できるだけストレートに

告白の言葉は、単純明快であればあるほど、相手の心に響きます。

まわりくどい、駆け引きじみた言葉を使うと、「付き合った後も面倒くさそう…」と引かれてしまう可能性が高いです。

素直で偽りの無い想いをストレートに伝えるよう心がけてくださいね♩

「気持ち+これからどうなりたいか」が基本の型

告白の言葉は「気持ち」だけを伝えても「希望」だけを伝えてもうまくいかない場合が多いです。

好きという「気持ち」だけを伝えると「ありがとう…でも、それで?」と戸惑わせてしまいますし、付き合いたいという「希望」だけを伝えても「別に好きではないけれど、付き合えそうだから付き合おうと思われているのかな?」と不安に思わせてしまいます。

告白をするのであれば、「気持ち」と「希望」を必ずセットで伝えましょう。

そうすれば、相手も安心してOKをくれるはずですよ♡

好きなところは「外面」「内面」1つずつ

告白をするときは、相手のどこを好きになったかを伝えるのも効果的です。

しかし、「顔が好み」などと外面の良さに惹かれたことだけを伝えると「見てくれしか見ていないのか…」と警戒されてしまう可能性が高く、「優しい」などと内面の良さだけを褒めたとしても「どうせ自分はブサイクだから…」と卑屈な気持ちにさせてしまう可能性があります。

このように、相手を傷つけてしまわないようにするためにも、相手の好きなところを伝える際には、外面と内面、それぞれの良さを1つずつ伝えるように心がけてください。

そうすれば、相手も自分のことをトータルで好きになってくれたと安心し、良い返事をくれるでしょう♩

告白するときは相手の目をしっかり見て

告白を成功させたいのであれば、相手に自分の真剣さをしっかりとアピールする必要があります。

そして、相手に自分の真剣さをアピールするための最も効果的で手軽な手段こそが、相手の目をまっすぐに見つめることです。

ただ、どうしても照れくさくて、目を見続けるのが難しいということもあるでしょう。

そのような場合、少しくらい伏し目がちになってしまっても問題はありません。

大切なのは、真剣な気持ちです。

目を見て話そうと頑張るあなたの意地らしい姿を見れば、相手もきっと心を打たれてしまうことでしょう♡

告白を成功させたい男性必見!女性が思わずOKしてしまう告白の言葉10選

では、いよいよ、告白を成功させたい男性におすすめの告白のセリフ10選をご紹介します。

「好きです」

最もシンプルでストレートに気持ちを伝えることができるのが、「好きです」という言葉です。

このセリフを言った上で付き合いたいという希望を伝えれば、告白の成功率は格段にアップします。

オーソドックスな告白の言葉ではありますが、その分、その効果は折り紙つきなので、ぜひ使ってみてくださいね♩

「ずっと好きでした」

相手との付き合いが長い場合、告白の効果をますます高めてくれるのが「ずっと好きでした」という言葉です。

更に「出会ったときから気になっていた」というエピソードも付け加えれば、相手の心を鷲掴みにできるはず♩

もちろん、付き合いたいという希望の言葉を添えるのも忘れないでくださいね♡

「付き合ってください」

「付き合ってください」もとてもありきたりな言葉ではありますが、シンプルにストレートに、関係が発展することを希望する気持ちを伝えたいのであれば、これほど告白にうってつけの言葉はありません。

しかし、先述のとおり、「付き合ってください」と希望を伝えるだけでは相手に真剣な気持ちが伝わる可能性は低いです。

この言葉を使う際には、必ず、相手への好意を先に伝えるように心がけましょう♡

「俺の彼女になってください」

「付き合ってください」よりも希望する関係性がはっきりする「俺の彼女になってください」というセリフを使えば、相手の女性もより具体的な将来を思い浮かべることができ、告白の成功率もより一層高まるでしょう。

もちろん、この言葉を使うのであれば、相手への好意をしっかり伝えてからにしてくださいね♩

「ずっと傍にいてほしい」

「付き合う」という言葉がなんだか軽々しく感じられるという人は、「ずっと傍にいてほしい」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

特に結婚まで真剣に考えているという人は、「お互いに皺だらけになっても一緒にいたい」という言葉を付け加えてみてください。

きっと、その真剣さも誠実さも、相手の心にしっかり届くはずですよ♡

「もう友達はやめよう」

仲の良い女友達に告白する際に有効なのが「もう友達はやめよう」という言葉です。

しかし、この言葉だけでは誤解を生んでしまうかもしれません。

そのため、もし女友達が動揺しているようであれば、透かさず「彼氏・彼女の関係になりたい」というセリフをつけ足してあげてください。

絶望的なセリフの後、思いがけない言葉を聞くことができたなら、女友達も喜んで彼女になってくれることでしょう♩

「今から本気で口説く」

とても親しい仲ではあるけれど、妹のような、姉のような関係になってしまっているという女性に告白する際に有効なのが「今から本気で口説く」というセリフです。

この言葉を前置きのセリフとして使ったならば、相手の女性も居ずまいを正し、あなたの言葉に真剣に耳を傾けてくれることでしょう。

もちろん、この言葉を使った暁には、好きという想いと付き合いたいという希望を茶化すことなく真剣に伝えなければなりません。

清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟を持って、次の告白の言葉を伝えてくださいね♡

「絶対に幸せにします」

もうひと押ししたいというときに使えるのが「絶対に幸せにします」というセリフです。

女性の幸せを心から願っているという真剣な想いが伝われば、相手の女性も安心してOKを出してくれることでしょう♩

「一生大切にします」

結婚を真剣に考えている女性への告白に有効なのが「一生大切にします」というセリフです。

「プロポーズみたい」と茶化されたらしめたもの。

結婚まで真剣に考えていることを告げ、どうしても付き合いたいという熱意をしっかりアピールしましょう♡

「結婚を前提に付き合ってください」

絶対に結婚したいという女性への告白にうってつけなのが「結婚を前提に付き合ってください」というセリフです。

結婚を考えているということを伝えることで、相手に自分の真剣さが伝わる上、OKだった場合には相手も真剣に結婚を意識した付き合いをしてくれます

「重すぎる」と敬遠されてしまう可能性もある諸刃の剣でもありますが、真剣交際を望むのであれば、ぜひ使ってみてくださいね♩

告白を成功させたい女性必見!男性が思わずOKしてしまう告白の言葉10選

続いて、告白を成功させたい女性におすすめの告白のセリフ10選をご紹介します。

「好きです」

男性と同様、女性の場合であってもシンプルに、ストレートに「好きです」と伝えると告白の成功率は高まります。

かなり緊張するとは思いますが、素直な心を端的に伝えてみてくださいね♩

「ずっと好きでした」

女性にはロマンチストが多いと言われますが、意外なことに男性にもロマンチストは多いです。

そのため、「出会ったときからずっと好きでした」と伝えれば、男性だって思わずときめいてしまいます。

好きになった理由やエピソードも手短に伝えられれば、告白はきっとうまくいくでしょう♡

「好きになっちゃった」

女性ならではの愛らしさを武器にできるのが「好きになっちゃった」というセリフです。

極度の照れ屋で真剣に告白するのが難しいという人は、ぜひ使ってみてください♩

「付き合ってください」

「付き合ってください」は男性からの告白のみならず、女性からの告白にもおすすめのセリフです。

相手への好意を伝える言葉とあわせ、シンプルに、ストレートに、2人の関係が発展することを希望する旨を伝えましょう♩

「彼女にしてください」

シンプルに付き合いたいという希望を伝えられる上、相手の男性に女性らしさをアピールできるのが「彼女にしてください」というセリフです。

「付き合ってください」と伝えるよりも男性の心をときめかせられる可能性が高いので、告白の成功率をもっと高めたいという人は、ぜひ使ってみてくださいね♡

「友達のままじゃ嫌」

親友のような関係になってしまった男性に告白したいという場合、「友達のままじゃ嫌」というセリフを使ってみてはいかがでしょうか。

もし、相手の男性が少し鈍感なようであれば、「彼女になりたい」という希望もあわせて伝えてみてください。

女性らしさ満点の意地らしい言葉に、男性も思わず心を動かしてくれることでしょう♡

「あなたの1番になりたいです」

健気な言葉は男性の心に刺さりやすいもの。

中でも「あなたの1番になりたいです」というセリフは告白にうってつけです♡

告白を成功させる自信が持てないという人こそ、使ってみてはいかがでしょうか♩

「ずっと一緒にいたいです」

「ずっと一緒にいたいです」という言葉も男性が思わずときめいてしまうセリフ♩

「付き合う」という言葉は直接的すぎて苦手という人は、ぜひ使ってみてくださいね♡

「ずっと隣にいてもいいですか?」

好意を伝えられた上に「ずっと隣にいてもいいですか?」と告白されてしまえば、多くの男性は思わず「はい」と答えてしまうことでしょう♩

こちらも「付き合う」という言葉はなんとなく軽く感じてしまうという人に使ってほしいセリフです。

「私の好きな人?目の前にいるよ」

男性との会話の中で「好きな人誰?」と聞かれることもあるでしょう。

そのようなときは大チャンス♡

少しふざけた調子でもかまわないので、「私の好きな人?目の前にいるよ」と言ってみてください。

おそらく多くの男性は「え?」と動揺してしまうと思いますが、そのまま「付き合ってください」と畳み掛け、一気に彼女の地位を獲得しちゃいましょう♩

告白のセリフの効果も帳消しに!?絶対に気をつけるべきNGポイント

いくら素敵な告白の言葉を選んでも、告白の態度や方法によってはセリフの効果が帳消しになってしまう可能性があるため、注意が必要です。

以下より、告白のセリフの効果を帳消しにしないため、絶対に気をつけておきたいNGポイントを3つ紹介します。

上から目線はNG

告白の際、告白後に自分の立場が低くなることを恐れてか、上から目線の言葉を選んでしまう人もいますが、それは絶対にNGです。

告白をする際は自分を卑しめる必要こそありませんが、相手に誠実さを印象づけるために丁寧な言葉づかいを心がける必要があります。

あくまでも相手を大切にしたい、幸せにしたいという気持ちを前面に押し出して、誠実さをアピールしましょう♩

軽いノリで告白はNG

友達のような親しい関係の相手に告白する場合、「付き合ってみる?」などと軽いノリで告白してしまうという人もいるかもしれません。

しかし、結婚を前提に真剣に付き合いたいというのであれば、このような軽いノリでの告白はNGです。

もし仮に告白がうまくいったとしても「実は遊びなのかな…?」と相手を不安に思わせ続けてしまうかもしれません。

相手との幸せな未来をつかみ取りたいのであれば、心のこもった告白の言葉を真剣に伝えるように心がけてくださいね♡

LINE・メール・電話はNG

直接告白するのは照れくさいということで、LINEやメール、電話などで告白しようと考える人もいるかもしれません。

しかし、そのようなツールを使って告白しても、真剣な想いを100%伝えることは難しいでしょう。

特に、LINEやメールでの告白は、学生であれば許されるかもしれませんが、社会人ともなれば、かえって恥ずかしいものと見なされてしまう可能性が高いです。

遠距離に住んでいるためになかなか会えない、仕事が忙しくて直接会う時間をつくるのが難しいなど、よっぽどの事情が無い限りは直接会って告白をしてくださいね♩

心のこもった告白の言葉で相手の心を射止めよう

言葉の力は、思いがけず大きなもの

今回紹介したおすすめの告白のセリフを参考に、自分の想いをシンプルに、ストレートに伝え、大好きな相手の心をしっかりと射止めちゃってくださいね♡

クリップするには登録が必要です