意外と悩む!お子様ゲストの料理ってどう決めるの?解決法教えます♡

お子様を結婚式に招待する花嫁さんは多いかと思います。そこで気になるのがお子様ゲストのお料理…!せっかく来てくれる大切なゲストの一人だからおもてなしをしたいけど、どうやって料理を選んだらいいのか悩んでしまうことも。お子様ゲストの料理についてどう対応したら良いのか解決法をまとめました。

2019.11.26 公開 演出

意外と悩む、お子様ゲストの料理問題…!

お子様ゲストの料理は年齢によって変わってきます。

とっても小さいお子様ゲストだったらそもそも準備をしなくても良いこともありますし、会場によってはお子様ランチ風のプレートや大人と同じようにフルコースをお子様ゲストバージョンにアレンジしてくれるところ、大人と同じものを出すなど選択肢があってどれを選んだら良いのか悩んでしまうことも。

ほとんどの会場では対象年齢がある程度決まっているのでスムーズに決められるかと思いますが、お子様に食べ物の好き嫌いやアレルギーがある場合もあることも。

なのでお子様ゲスト料理って意外と気にしないといけないことがたくさんあるので悩んでしまっている花嫁さんもいらっしゃるかもしれません。そんな時にぜひ読んでほしいお子様ゲストの料理の用意の仕方を紹介していきます。

お子様ゲストの料理って何歳から準備すればいいの?

・一般的には2歳ぐらいから準備が必要
・中学生ぐらいなら大人と一緒でもOK
・食べる量は保護者に確認が必要

まずは何歳のお子様ゲストから料理を用意したらいいかということ。

一般的には2歳くらいからキッズメニュー、小学生の年齢のゲストにはお子様料理のコースメニュー、中学生からは大人と同じ料理で用意をする花嫁さんが多いです*

ですが食べられる量はそれぞれ違うしアレルギー等もあるかもしれないのでトラブルを防ぐためにも、事前にお子様ゲストの保護者の方にヒアリングしておくと◎

どんな種類があるのかを伝えてあげると選びやすくなります。

0~1歳の赤ちゃんが来てくれる場合は料理が必要か親に確認するとスムーズ。

ゲスト自身が離乳食などを持ち込みたい場合があるので、会場に離乳食が手配できるか、持込みはOKかを確認した上でゲストに伝えてあげると親切です。

アレルギーがあった場合の対処法は?

・アレルギー食材の確認
・代替え食材の準備(出汁の使用もNG等、完全除去が必要か、加熱処理すればOK等)

お子様ゲストにアレルギーがある場合は、詳しくアレルゲンとなる食材を教えてもらい、どこまでアレルギー対応対が必要か、必ず確認をとりましょう!!その上でプランナーさんに伝えて対応を確認します。

アレルギーがないとなかなかわからないものですが、アレルギーを持っていると一口食べてしまっただけショックを引き起こし体の不調を感じさせてしまったり、最悪の場合には生命の危険にさらしてしまうこともあるので、保護者の方はとても気を付けて過ごしています。

アレルギーがあるお子様ゲストにも心置きなく料理を楽しんでもらうために、完全除去しなければならないのか、そこまでではないのかなどアレルギーの程度についてはしっかりと確認しておきましょう。

お子様ゲストにもしっかりおもてなしをして楽しんでもらおう♡

保護者の方は子どもに料理があるのか、またどんな料理が出てくるかが気になっているもの。お子様ゲストもHAPPYに過ごせてこそおもてなし上手♩

結婚式の返信ハガキが届いたらなるべく早くお子さまゲストの料理についてこちらから連絡をして、お子様ゲストの料理をスムーズに決めていきましょう♡

この記事を書いた先輩花嫁
ayu.s

二人とも海が好きなこともあって、初めてのデートやプロポーズなど節目になる時にはいつもそばに海がありました。ビーチやリゾートに行くようなあのワクワク感をみなさんに感じていただけたらと二人【RESORT HOLIC!!!】をテーマにしたゲスト参加型の披露宴を行いました♪ これから結婚式を控える花嫁さんのお役に立てるような記事を更新していきます (`・ω・´)キリッ

TOP画像出典: www.weddingnews.jp