結婚式場を百花籠(Neo Japanesque Wedding)に決めた理由!迷った式場はどこ?rio___logさんにインタビュー♡

結婚式場探し中のプレ花嫁さん必見!遂にスタートさせた結婚式場探し♩

ですが、何を重視して選べばいいのか分からない!などなど、お悩みの花嫁さんもいるのでは?

せっかくの結婚式、自分にぴったりの式場を見つけたい!
そんなプレ花嫁さんのために、先輩花嫁さんからいただいた、参考になる式場探しのリアルな体験談をご紹介します♩

今回は百花籠(Neo Japanesque Wedding)で結婚式をした先輩花嫁さんをご紹介します♡

2019.8.5 公開 式場を探す

先輩花嫁に聞く!結婚式場の決め方って?

こんにちは!ウェディングニュース編集部です♩

いざ結婚式場探しをスタートさせる!となっても、何を重視して探せばいいのか、ブライダルフェアに参加したときに注目すべき点は?、、などなど、実際分からないことだらけですよね。

そこで今回、ウェディングニュースでは、先輩花嫁さんに式場探し中何を重視して選んだのか、なぜその式場に決めたのかなど、リアルな声を聞くためのアンケートを実施!

そのアンケート結果を基にした、絶賛式場探し中のプレ花嫁さんにとって役に立つ先輩花嫁さんの体験談をご紹介します♡

今回ご協力いただく先輩花嫁さんは、
2018年9月に百花籠(Neo Japanesque Wedding)(愛知)で結婚式を挙げられたrio___logさんです*

まずはrio___logさんのプロフィールをご紹介します♩

百花籠(Neo Japanesque Wedding)で結婚式をしたrio___logさん

和と洋が美しく融合し、ここでしか味わえない魅力を持つ百花籠(Neo Japanesque Wedding)

宮大工職人による瓦屋根の正面玄関。その奥には高さ18mを誇る教会がそびえ立ち、和と洋の掛け合いが心地よい芸術的な世界観を体感できます。

チャペルには英国で実際に使われていた、本物のアンティークステンドグラスを使用。

高さのある開放的な空間の中で、本物だからこその光を放つ幻想的な輝きは必見です♡

rio___logさんは、3つある披露宴会場の中から、寄木細工や唐紙模様など、日本の伝統的な装飾を施しており、格式のある日本邸宅を思わせる清雅をチョイス。

和装・洋装とどちらも着用し、和洋が融合した式場の雰囲気にもピッタリの花嫁コーディネートを披露され、
高級感がありながらも、どこかナチュラルでアットホームな結婚式を挙げられました♡

会場の雰囲気とマッチした衣裳のチョイスで、お二人の魅力を最大限に惹き出していて素敵ですよね!

それではrio___logさんが百花籠(Neo Japanesque Wedding)に決定するまでの経緯をご紹介します♩

結婚式場を決めるときに絶対譲れなかったポイントは?

譲れないポイントが明確だと式場探しもスムーズです! 先輩花嫁さんを参考にしてお二人に合うポイントを見つけてください♩
・非日常感が味わえる会場かどうか
・お料理の質

ゲストは着飾って参列してくださるので 式場に足を踏み入れた時に いつもとはひと味違う、 特別な気分になってほしいと思ったからです。

お料理を楽しみにしているゲストは 少なくないと思います。 私自身もその一人です!

rio___logさんが百花籠(Neo Japanesque Wedding)に決めた3つの理由って?

どれも式場探し中のプレ花嫁さんには気になる情報ですよね!
rio___logさんが百花籠(Neo Japanesque Wedding)に決めた理由を詳しく聞いてみました!
・プロ意識を感じるスタッフさん
・圧巻のステンドグラスとテイストの異なる披露宴会場
・味も見た目も素晴らしいお料理の質

①プロ意識を感じるスタッフさん

プランナーさんを始めとするスタッフさん 入口にいらっしゃる警備さん、 百花籠で働いている全ての関係者が 常に明るく笑顔で、 親切丁寧に対応してくださいました。
私たちに任せてください!と仰ってくださり 頼もしく、安心して任せられましたし 要所要所にプロ意識を感じました。

②圧巻のステンドグラスとテイストの異なる披露宴会場

チャペルのステンドグラスが とても綺麗で圧倒されます。
挙式会場は3部屋あり、 テイストもそれぞれ異なります。 好みや人数によって好きな会場を選べるのも ポイントが高いです。 どのお部屋もとても素敵でした♩

③味も見た目も素晴らしいお料理の質

式場見学をした際に 試食をさせていただきました。
申し分なく美味しかったですし 見た目も美しかったです。
なるほど~♩
上質な空間に見合った料理の品質、ホスピタリティまで磨きのかかった素晴らしい式場なんですね!

では、百花籠(Neo Japanesque Wedding)の第一印象を教えてください♩

和洋折衷、非現実感を存分に味わえる式場で、とても素敵だと思いました。
ここで式を挙げたい!と強く思ったのと同時に 百花籠で式を挙げている自分の姿が 容易に想像出来ました。

後輩花嫁に伝えたい百花籠(Neo Japanesque Wedding)の素敵なところ*

結婚式を挙げた花嫁さんだから分かる、当日の様子や花嫁目線で感じたことなど
百花籠(Neo Japanesque Wedding) の素敵なところをお聞きました!

実際に百花籠(Neo Japanesque Wedding)で結婚式を挙げた花嫁さんだから分かる、

当日の様子や花嫁目線で感じたことなど百花籠(Neo Japanesque Wedding)の素敵なところをお聞きました!

非現実感を味わえる

打ち合わせで式場へ行く度に、 非現実感を味わえるので 毎回すごく楽しみで、
いつもうっとりしていました。

スタッフさんの対応

スタッフさんの案内や対応がプロだった! と友人が絶賛していました♡

心強いプランナーさん

プランナーさんとの相性が良かったです。 的確なアドバイスをくださり、
優柔不断な私たちの背中を いつも ポン!と押してくれる方で とても心強かったです。

百花籠(Neo Japanesque Wedding)以外に迷った会場は?

最終的に百花籠(Neo Japanesque Wedding) に決めたrio___logさんですが、他にどこの結婚式場を検討していたのでしょうか?
実際にその式場を見学してみて、良かったところと決定しなかった理由をお聞きしました!

最終的に百花籠(Neo Japanesque Wedding)に決めたrio___logさんですが、他にどこの結婚式場を検討していたのでしょうか。

実際にその式場を見学してみて、良かったところと決定しなかった理由をお聞きしました!

アールベルアンジェ

アールベルアンジェの良かったところは?

駅が近く便利なところ。
自分たちらしくオリジナリティを出せるので DIYやこだわりがある方にはおすすめです。

アールベルアンジェに決めなかった理由は?

当日案内してくださったプランナーさんと あまり相性が良くなかったです。

 

か茂免

か茂免の良かったところは?

老舗料亭ですので、お料理は間違いないです。 アットホームな式ができると感じました。
式が終わっても記念日などで お食事で戻ってくることが出来るのが 夫はいいな、と言っていました。

 

か茂免に決めなかった理由は?

縦長の会場なので、 高砂と一番後方のゲストとの距離が すごく遠く感じました。
非現実感というより 懐かしい感じがしました。

 

松風閣

松風閣の良かったところは?

こちらも老舗料亭ですので お料理はとても美味しかったですし 記念日に戻ってくることが出来ます。
ゴージャスな披露宴会場でした。

 

松風閣に決めなかった理由は?

会場の天井が低く窮屈に感じました。 もう少し大人向け?な会場のイメージです。

 

式場探し中のプレ花嫁さんへアドバイス*

先輩花嫁さんの体験談って本当に1番参考になります! これから式場を探す花嫁さんへアドバイスをお願いします*

私は直感を大事にするタイプなので、 百花籠に足を運んだ時には 即決でした!
しかし夫とは方向性が異なり、 何度も話し合いましたが 折れずにプレゼンしてよかったです。
2人が一番笑顔になる式場 2人に寄り添ってくれるプランナーさんと出逢えて、
これが最良の選択だったと思っています。 しっかりお2人で話し合い 最幸のお式があげられますように♡

先輩花嫁のリアルな声が役に立つ!

人生の中でも一大イベントに入る結婚式!
花嫁さんが1番綺麗に輝く場所だからこそ、式場選びの段階から妥協はしたくないものです。

でもどんなところを見たらいいの…?

と思ったら、先輩花嫁さんたちのリアルな声がとても参考になります!

百花籠(Neo Japanesque Wedding) は、

・和の雰囲気の結婚式を挙げたい人
・非日常を味わいたい人
・スタッフの対応力を優先したい人

にオススメです♩

1つでも当てはまる項目がある人は、ぜひフェアに足を運んでみてくださいね♩

色々な先輩花嫁さんを参考に、あなたにぴったりの式場を見つけてください♡

百花籠(Neo Japanesque Wedding)のリアルな費用明細が見れる!
ブライダルフェアの予約はこちら

画像提供:rio___logさん

この記事を書いた先輩花嫁
ウェディングニュース編集部

インスタ花嫁支持率No.1の結婚式準備アプリ♡ウェディングニュースです**結婚式の参考になる情報や、お得な情報まで花嫁さまにとって本当に役にたつ情報を毎日発信中♩

TOP画像出典: www.weddingnews.jp