会場は歴史的建造物!センスの合う二人の手作りウェディング:自由学園明日館(インタビュー)

2016.2.22 公開 2018.7.31 更新 テーマ・コンセプト
この記事を書いた先輩花嫁
WeddingNews編集部

Wedding News編集部です♡スタッフみんなで花嫁さんの結婚式準備のお手伝いができるように頑張ります♪

https://www.instagram.com/weddingnews_editor/

お気に入りのクラスペディアを取り入れた会場装花とブーケ

自由学園明日館での結婚式―装花

自由学園明日館での結婚式―装花―会場装花やブーケなどはどうされたのでしょうか。

古賀
会場の提携ショップでお願いしました。ブーケについては写真イメージ持参して打ち合わせを行いました。私はバラがあまり好きじゃなかったので、入れないでほしいとお伝えしました。でも、白いもので入っていました(苦笑)。

ただ、私が昔から好きだったクラスペディアという黄色いお花を入れるのだけは譲りませんでした。生花のままだと、色がグリーンなので、ドライフラワーじゃないと私の好きな黄色にはなりません。

結婚式当日、会場の方が用意してくれたのが、グリーンぽくてイメージと違っていました。そこで私の髪を飾るために持ち込んでいたものの一部、会場装花として使ってもらいました。

―かなり準備がいいですよね。

古賀
もう10年前くらいから好きな花だったので、用意してきて良かったです。足りない分は、なんとか会場の方が用意してくれました。

―では次に衣裳についてですが、ドレスはどうやって決めたのでしょう。

ドレスは好きな形が決まっていたので選びやすかった

明日館 ドレス

古賀
Instagramで[#結婚式準備]で検索して、たまたま見つけたドレスショップです。私は、Aラインかエンパイアのシルエットが好みで、着たいものがハッキリとしていました。シンプルなものがいいというイメージがあって、それこそ『Pinterest』などを使ってイメージをたくさん集めていました。ドレスもそうですが、髪型、特にヘアスタイルはイメージしているものがあったので、それにドレスを合わせていくことで決めていきました。1着目のドレスでは、ビジューのヘッドアクセをつけたので、2着目のドレスではお花がいいなと思って決めました。

お色直しのブーケは、アーティフィシャルフラワー

明日館 外

―ヘアメイクさんは会場の方にお願いしたんですか?

古賀
そうですね。明日館は、重要文化財に指定されている建物なので火気厳禁でした。そのため、会場内で自由にヘアアイロンが使えないなどの、決まりごとがあったので提携先のヘアメイクさんしか選べませんでした。お色直しで使ったブーケはアーティシャルフラワーショップで購入しました。四ッ谷にある東京堂というお店です。そこに行って、自分の好きな花を選んでブーケを作りました。

―すごくステキですね。何かイメージがあったのでしょうか。

古賀
色をあまり多く入れずに、淡い色で構成して黄色をアクセントしてきかせたという感じですね。

―ちなみに花婿さんの衣裳もクラシックでステキですが。

古賀
これは私と同じドレスショップで選んだもの。中のシャツと蝶ネクタイをチェンジしました。メンズの衣裳も、会場併設のアトリエで全部オリジナルで作っているらしくて、細かいディティールが可愛かったのですごく気に入りましたね。


TOP画像出典: www.weddingnews.jp