会場は歴史的建造物!センスの合う二人の手作りウェディング:自由学園明日館(インタビュー)

2016.2.22 公開 2018.7.31 更新
この記事を書いた先輩花嫁
WeddingNews編集部

Wedding News編集部です♡スタッフみんなで花嫁さんの結婚式準備のお手伝いができるように頑張ります♪

https://www.instagram.com/weddingnews_editor/

InstagramやPinterestを参考にイメージを作り上げた

自由学園明日館での結婚式―ウェルカムボード

自由学園明日館での結婚式―フォトプロップス

―ウエディングの写真を拝見すると、トータルでかなりまとまっている印象ですが、テーマか何かを決められたりしたのでしょうか。

古賀
いえ。特にテーマはありませんでした。でも、『Instagram』や『Pinterest』などを見て使えそうなイメージはないか検索しました。これらのアプリは、インスピレーションあふれる画像や動画を閲覧できるもの。電車の移動時間など、とにかく時間があれば、ステキ!と思えるイメージを保存していきました。特に海外のウエディングのイメージでスタイリッシュだと思えるものがたくさんありました。

―そのイメージをもとに、いろいろとアイテムを選んでいったんですね。古賀さんは、いろいろなものを手作りされたとか。

二人の出会いにちなんだアイテムを手作り

明日館レコード

古賀
はい。招待状から席次表、結婚証明書なども全部手作りでした。

―結婚証明書はレコード盤でしょうか?

古賀
そうなんです。ふたりが出会ったのがそもそもクラブでした。その時にプレイしていたDJのレコード。それにゲストを含めたみんなに寄せ書きをしてもらうことで、証明書にしました。

―なるほど。ほかにも、自分たちの出会いになぞって作ったものはあるのでしょうか。

古賀
招待状はフライヤーみたいにしましたね(笑)。広告の原稿を作る仕事をしていたので、何かを作ることは苦になりませんでした。ですから、試行錯誤をしながら、印刷物を制作しました。

明日館

好きな三角モチーフをあちこちに散りばめた

自由学園明日館での結婚式―ウェディングガーランド

―イメージされたモチーフとかはあるのでしょうか。

古賀
もともと三角のモチーフが好きだったので、家庭用プリンタで作っていきました。アプリで見つけたイメージをもとに作っていたので意外と簡単にできましたよ。


TOP画像出典: www.weddingnews.jp