会場は歴史的建造物!センスの合う二人の手作りウェディング:自由学園明日館(インタビュー)

2016.2.22 公開 2018.7.31 更新
この記事を書いた先輩花嫁
WeddingNews編集部

Wedding News編集部です♡スタッフみんなで花嫁さんの結婚式準備のお手伝いができるように頑張ります♪

https://www.instagram.com/weddingnews_editor/

好きなものが似ていて、センスが近いという古賀さん夫妻。そんなふたりが選んだ会場は、建築界の名匠フランク・ロイドが建てた、池袋にある“自由学園明日館”。明日館を選んでから結婚式を挙げる当日までの準備していった自由学園明日館での結婚体験談をご紹介します。

結婚式のためだけに作られた会場はイヤだった

自由学園明日館での結婚式―指輪交換

―『自由学園明日館』といえば、建築界の巨匠であるフランク・ロイド・ライト氏が作ったことで知られている重要文化材の建物ですが、おふたりのどちらかが建築に興味があったんですか?

古賀さん(以下略称
いえいえ。ふたりとも建築のことはあまり詳しくありませんでした。それよりも、結婚式のためだけに建てたという会場は選びたくなかったんです。

―それはなぜでしょうか。

古賀
語弊があるかもしれませんが、なんだか作り物っぽいようなそんな気持ちがしたんです。

―イベント感も出てしまうところもあるからでしょうか。

古賀
確かにそういうところもありましたね。会場選びを始めたころ、場所や建物に特にこだわりはありませんでした。だから、みんなに美味しいものを食べてもらいたいと、レストランウエディングも迷ったほど。

ただ、池袋は私(花嫁)が住んでいたことがあって……。でも住んでいた当時は、住宅街にあんな建物があるだなんて全然知りませんでした。

彼一人で見学に行った自由学園明日館に一目惚れ

自由学園明日館での結婚式―バージンロード
自由学園明日館での結婚式―笑顔

―会場見学はふたりで?

古賀
いえ、それが実は彼一人で行ってもらったんです。急に、私(花嫁)に用事ができたので(笑)。それで見学に行った彼がかなり気に入ってしまって…。

―彼は何かおっしゃっていましたか。

古賀
はい。建物が重厚感があって、とても雰囲気がいいと。それから、インターネットで調べたらしく、フランク・ロイド・ライト氏が建てたということなどを調べて知ったようです。

それで、私も後日、見学に行ったら気に入ってしまいました。それに、自分が住んでいた場所から近かったことにも、何か運命的なものを感じてしまって……(笑)。
自由学園明日館での結婚式―家族写真

運命を感じたことが、会場選びの決め手

―でも、ほかの会場とは迷わなかったのでしょうか。

古賀
いえいえ、迷いましたよ。レストランウエディングで有名なレストランASOさんや、クラスカなど、自分たちが好きな雰囲気のところと迷いました。クラスカは雰囲気が良かったのですが、駅からちょっと距離があるので、年配の方や親戚が歩くのは辛いかなって話になって…。レストランASOさんは、地方から来てくれるゲストが代官山という場所が分かるか不安という話になりました。

そこで駅からのアクセスが良く、「ここだ!」と運命的なものを感じた明日館を選びました。私、運命とかそういうものに弱くて、気持ちが高まると、もうほかのところは考えられませんでした。それに、建物自体の雰囲気が良かったので、いろいろなアイテムも会場に合わせていくだけで、スタイリッシュなウエディングを実現できそうというのも選んだ理由の1つでした。

それに自由度が高くて、持込料などもかからないところも良かったですね。


TOP画像出典: www.weddingnews.jp