パリの5大ブランド♡《グランサンク》の結婚指輪がすごい!

世界5大ジュエラーと並ぶ、グランサンクをご存じですか?パリヴァンドーム広場に集まる一流メゾンである「メレリオ・ディ・メレー」・「ショーメ」・「モーブッサン」・「ブシュロン」・「ヴァン クリーフ&アーペル」の5社をグランサンクといいます。実はグランサンクの真骨頂は結婚指輪!グランサンクの各ブランドの結婚指輪の定番デザインをまとめてみました!

2018.3.17 公開 2018.7.30 更新

モーブッサン

1827年の創業以来、常に挑戦を続けるモーブッサンのブライダルリングは、斬新なデザインが特長です。グランサンクの中では、比較的手の届きやすい価格のリングも多数揃えているブランドです。

老舗ジュエラーなのに新しいことにチャレンジする風土があり、2009年の銀座店がオープン時には、先着5,000人にダイヤモンドを配るというキャンペーンを実施して話題になりました。

四つ葉のクローバーのモチーフがフェミニンな”チャンス・オブ・ラブ”。モーブッサンの代表的なデザインの一つです。
ダイヤモンドが豪華にあしらわれていますが、21万円~と比較的リーズナブルです。

中央にあしらわれた大粒のダイヤモンドに惹きつけられる”ドリーム&ラブ”。
大人っぽくて上品なデザインですね♪

存在感たっぷりの”スプティル・エテルニテ”は、シンプルだけどちょっぴり個性的なデザイン。甘くなりすぎるのが苦手な方にもオススメです!

ブシュロン

1858年創業。ヴァンドーム広場で一番最初にジュエリーショップを開いたブランドです。
2005年に一世を風靡した”キャトル”というコレクションは、ブシュロンの代表的なジュエリーになりました。キャトルは重ねづけが前提になるので、婚約指輪と結婚指輪をキャトルで揃えるカップルも多いです。

また、ひときわダイヤモンドへの探求が深いブランドとしても有名なので、ぜひ一度ショップで実際のジュエリーを見てみてください♪

芍薬の花を立体的にデザインした”ピヴォワンヌ”は、まさに芸術品♡
老舗メゾンのこだわりがたっぷりと詰まっています。

ブシュロンのアイコン的リング”キャトル”。ダイヤモンドをあしらったものはエレガントに、無いものはスタイリッシュに決まります。
女性だけでなく、オシャレな男性からもたくさんの支持を集めています。

リング自体がダイヤモンドのように印象的なカッティングが施されている”ファセット”。
上品な煌めきが手元を彩ってくれます。

ヴァンクリーフ&アーペル

ヴァンクリーフ&アーペルは、宝石商の娘・アーペルと宝石細工職人・ヴァンクリーフのラブストーリーから生まれたジュエラー。
創業は1906年とグランサンクの中では一番新しいブランドですが、フェミニンで女性らしいデザインで世界中の女性から絶大な支持を集めています。

愛の誓いを宝石に閉じ込めた、”ロマンス リング”というコレクション。
大粒のダイヤモンドの輝きが美しいデザインですね♡

女性らしいフェミニンなデザインにうっとり♡周りの方からも羨ましがられること間違いなし♪

シンプルなので、重ね付けにもオススメな”ペルレ リング”。
ホワイトゴールド・ピンクゴールドで雰囲気が変わるので、好みのイメージに近い方を選びましょう♡

この記事を書いた先輩花嫁
WeddingNews編集部

Wedding News編集部です♡スタッフみんなで花嫁さんの結婚式準備のお手伝いができるように頑張ります♪

https://www.instagram.com/weddingnews_editor/
TOP画像出典: www.weddingnews.jp