卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

hiiiii_wd

hiiiii_wdさんのプロフィール写真
ゲストの皆様にドキドキ!ワクワク!とにかく楽しんでもらいたい!最高のおもてなしで喜んでもらいたい!という想いからテーマはサーカスに🎪✨

コンセプトの「 𝑳𝒊𝒈𝒉𝒕 𝒖𝒑 𝒊𝒏 𝒅𝒆𝒍𝒊𝒈𝒉𝒕 」は〔人の目・顔が〕喜びに〔で〕輝くという意味。

更にプランナーさんが私たち夫婦を見てその関係性から考えてくださった裏テーマはダンボ❤︎

𝑻𝒉𝒆𝒎𝒂 𝒄𝒐𝒍𝒐𝒓...𝑮𝒐𝒓𝒍𝒅 𝑹𝒆𝒅 𝑵𝒂𝒗𝒚
東京都 / 日の出駅
PARADISE GARAGE

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
4
PARADISE GARAGE
150人以下

挙式会場も披露宴会場も天井が吹き抜けになっていて、学校の体育館のような2階があります。

挙式会場は60〜80人座れるぐらいの広さなのですが、私たちは挙式から全員ご招待していたので完全にキャパオーバー。

せっかくご列席してくださるのに挙式会場がぎゅうぎゅう詰めになるのは避けたかったので、1階は座りのみで立ち見席をなしにして2階にもご案内しました。

後日ゲストの方から送られてきたお写真で上から撮っているものがあり全体を見渡すことが出来たことが分かり、1階で立ち見で全然見えなくて窮屈になるよりも2階にご案内することが出来てよかったなと思いました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
4
PARADISE GARAGE
150人以下

会場に窓がないのですがその分天井がとても高いので開放感があり、無機質な空間なので自分たちらしい結婚式を存分に表現することが出来ます。

会場を1日貸し切れるところもPARADISE GARAGEに決めたポイントでした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストの皆様にドキドキ!ワクワク!とにかく楽しんでもらいたい!最高のおもてなしで喜んでもらいたい!という想いからテーマはサーカスに♡


コンセプトの「 𝑳𝒊𝒈𝒉𝒕 𝒖𝒑 𝒊𝒏 𝒅𝒆𝒍𝒊𝒈𝒉𝒕 」は〔人の目・顔が〕喜びに〔で〕輝くという意味。


招待状から会場装飾まで世界観を明確にフォトジェニックな空間作り、演出はテンポよく衣装は緩急を付け、ムービーはオープニングとダイジェストエンドロールのみで演出を最低限にしてその分ゲストの皆さんとの歓談時間をしっかりとったり、お手洗いのアメニティやキッズルームも用意したり、とにかくゲストの皆様に喜んでもらえるように細部までこだわりました。

テーマのサーカスにちなんでお色直しの再入場はダンサーさんと一緒にパレード風にゲストへ風船を配りながら登場しました🎪✨

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

挙式のドレスはドレスショップ【クリオマリアージュ】で一目惚れしてしまったスズキタカユキさんの一点物のアンティーク調のドレス。

繊細なヴィンテージレース、紅茶で染めたなんともいえない色味、とろんとした素材感に一目惚れ♡

このドレスを着てバージンロードを歩きたいと強く思いました。

低身長(155cm)なので、マーメイドドレスやエンパイアドレスは絶対にないと思っていましたが、本当にかたちが綺麗で低身長の方にもおすすめです♡

ショップ
Cli'O mariage
ドレス 2着目

挙式で着たドレスとタキシード以外は全てオーダーメイドで作ってもらいました。

黄色のドレスはLINE FRIENDSのサリーが大好きな主人からのリクエスト(笑)

黄色のドレスは沢山試着しましたが、レモンイエローやしっかりめのオレンジに近い黄色ばかり。

レモンイエロー系だとライトに当たると白飛びしてしまったり、オレンジに近い黄色はプリンセス感が強すぎてイメージと違ったりなかなか理想のドレスが見つからず…

オーダーメイドが決まってからもドレスを作ってくださるパターンナーさんと一緒に日暮里の問屋街に行き自分で生地を選びました。

理想の色味を出すために1番下に入れる濃いめの黄色の生地、普通のシフォン生地、最後に重ねる光沢感のあるシフォン生地と3種類の黄色の生地を重ねて作ってもらいました。


Allycher(Instagram : @_____allycher)にて今後はレンタルも予定しています。

ドレス 3着目

オーダーメイド
ゴールドのドレスはふりふりのスカートがお気に入り♡
甘くなりすぎないように柔らかいけどハリのある生地を使用し、このフリルを作るためにスカート部分だけで生地を60mも使いました(笑)

ゴールドドレスは一歩間違えると黄土色になりがち。。
ラメが入っていたり下地も光沢のあるものでしっかりゴールドに見える生地を探しました。

イメージはバレリーナの衣装だったので、上半身はゴールドの生地に繊細なレースの生地を重ねて、模様に沿ってビジューなどの装飾を付けてもらいました。

二次会用に足首が見えるぐらいの丈になるようにスカートの途中が取り外し可能に作られています。


Allycher(Instagram : @_____allycher)にて今後はレンタルも予定しています。

シューズ

ウェディングシューズはずっとJIMMY CHOOのグリッターシューズと決めていたのですが、いざお店に行ってみるとゴールドだと思っていた靴がシルバーで一旦保留に…

Manolo Blahnikやchristian Louboutinなど色々見ましたが、なかなかピンと来るものがなく迷っていたところ、ジャカルタに赴任中の父のもとへ遊びに行った際にファッションが好きな私が喜ぶだろうと父が連れて行ってくれた市場の靴屋さんで運命的な出会いを果たしました。

ゴールドのグリッターでビジューも付いていて、ヒールも細すぎず8cmぐらいなので安定感もあり、つま先はあってかかとがなくストラップタイプのもの。

しかも、日本円でなんと1600円(笑)

父にはそんな派手な靴どこに履いていくの?と言われましたが、その時は適当にごまかし当日まで内緒にしていました(笑)

父に買ってもらった靴を履いて、父と一緒にバージンロードを歩くというのも私とってはとても意味のあることで嬉しかったです。

ヘアメイクのポイント

挙式は洗練されたイメージだったので、アップスタイル。
だけどアンティーク調のドレスに合わせて抜け感が出るようにエアリー感も出してもらいました。

披露宴は緩急を付けたかったので、ダウンスタイルとアップスタイル両方やりたいと決めていました。

黄色のドレスはハーフアップでふわふわに巻いてルーズなアレンジをしてもらいました。

ゴールドドレスはインパクトのあるヘッドドレスを付けたかったのですっきりまとめてもらいました。

会場の雰囲気やドレスに合わせてヘアカラーは明るめにしたかったので、ハイライトを沢山入れて光に当たると透明感のあるベージュ系カラーにしてもらいました。

メイクは全て自前で、ドレスごとにリップの色を変えたり、アイメイクも披露宴中のお色直しではアンダーラインにピンクブラウンを使用しました♡

ヘアメイク アルバムを見る >
アクセサリー

ハンドメイドアクセサリーブランドAllycher(アリーシェ)を昨年の夏に立ち上げたので、アクセサリーはドレスに合わせて全て手作り。
同じデザインをブランドでも取り扱っています。
(HP) https://allycher.official.ec/
(instagram) @_____allycher

ヘッドアクセサリー

ヘッドアクセサリーはクリオマリアージュでレンタルしました。
黄色のドレスの時に付けたゴールドのお花のヘッドアクセサリーはヘアメイクさんからお借りしました。

ネイル

ウェディング感よりは日常でも違和感のないデザインにしました。

ドレスも3着全然イメージが違うので、一番手元が目立つ指輪交換がある挙式のイメージに合わせたのと、素敵なブーケを作って頂いていたのでブーケの邪魔にならないようにさり気ないデザインにしました。

爪の色も活かしつつ、天然石のようなミルキーホワイトベースにさり気なくカラードレスに合うように色やゴールドもいれてもらいました。


手が綺麗に見えるように長さもいつもより長めにしました。


(担当 : AOEWD Atelier NANAさん)

メインで使った花や装花のテイスト

メインは華やかで上品なローズを♡
他にも大好きなカーネーション、ガーベラ、ダリアなどもリクエストして所々に入れてもらいました。
高砂にはお花だけではなく木もディスプレイ。
テーマはサーカスですが、装花はPOPなイメージではなく、お花にフェザーやオーストリッチも織り交ぜてラグジュアリーなテイストにしてもらいました。

装花のポイント

お花とグリーンのバランスとラグジュアリー感を出したかったのでアンティーク雑貨やオーストリッチも使用して華やかに仕上げてもらいました。

フローリスト

正田郁也さん(花屋福太郎)

お料理のこだわり

お料理はおもてなしの中でも特にゲストの印象に残るものだと思い、最高のおもてなしをする為にも会場を選ぶ時から主人と絶対にお料理の美味しいところがいいとプランナーさんにリクエストしていました。

試食会は基本のメニューから2つに絞り味はもちろんお食事全体のバランスや目でも楽しんでもらいたいと最終メニューを決定。

味はもちろん、 見た目の綺麗さ華やかさ、ボリューム感 、お料理のバランスはバッチリだったのに、気に入ったメニューのデザートのチョコレートケーキが美味しいけど濃厚すぎて重かったので、あっさりお口直しにぴったりで見た目も可愛い別のメニューのフランボワーズのムースとローズのタルト仕立てにチェンジ。

お食事もボリューム感があって大満足だけど、全体的にお皿に余白があまり無くもりもりで見た目がワイルドだったので(笑) せっかくの美味しいお料理に合わせてもう少しフレンチの上品さを出したくて、メインの食材はそのまま、付け合わせのサラダなどの量を少し減らしてもらうようにリクエストしました。

結婚式当日は妹がお誕生日だったのでデザートプレートにデコレーションをお願いしました♡

ウェディングケーキ

ウェディングケーキは欲しいけど、ケーキカットに特に興味はないし、ふたりともファーストバイトは絶対に嫌。やりたくたない。ということで、ウェディングケーキはなしにして、テーマのサーカスに合わせて再入場でダンサーさんを入れてパレードをすることに決めました。

だけど、結婚式1週間前になってやっぱり自分たちのウェディングケーキが欲しくなり、ケーキなしは絶対後悔すると思って無理を言ってプランナーさんに急遽お願いをしました。

なので、もう色々こだわれる状況ではなく、「本物のケーキに見えるようにしてほしい」というリクエストだけしてイミテーションケーキは全てお任せしました。

出来上がりはとっても可愛くて大満足!!!

もともと結婚式に向けてずっと探していたケーキトッパー。

よくある新郎新婦のお人形のケーキトッパーは、可愛いくて種類も豊富だけど、私たちはパートナー感が強いのでロマンチックな感じはなんか違うし、ちょっと遊び心のあるものは大体新郎がやんちゃで新婦が世話を焼いている構図。
我が家は私がやんちゃで夫が世話を焼いているので全くの逆パターンなのでwwピンと来るものが全然無かったのですが、そんな話をした時に「受付にでも飾ろうかなと実はおふたりっぽいなと思って買っていたアンティーク雑貨がありまして…」とプランナーさんが見せてくれたうさぎとひよこの置物が絶妙でまさに私たちっぽくて(笑)
一瞬で「探し求めていたのはこれだ!」と思い、そのままケーキトッパーとして使って頂きました。

急遽お願いしたにも関わらずとってもお気に入りのウェディングケーキが出来上がりました。

ゲストの皆様からもケーキカットのお写真だけでも100枚以上届き、喜んでもらえたのでウェディングケーキを用意して本当によかったと思いました。

わがままなお願いにも関わらず夢を叶えてくださったプランナーの鶴野さん(LE VOUS)とウェディングスタイリストの深谷さん(ChouChoure)には感謝してもしきれません。

引出物

オリジナルウェディングなので引き出物も全て自分たちで持ち込み。

自分たちで一から考えないといけない為自由な分、本当に悩みました。

引き菓子を決めるときは気になるものを片っ端から買ってはふたりで夜な夜な試食会(笑)

最終的に自分たちが普段から愛用しているものなど本当に良いと思うもの、ゲストの皆様にも是非使ってほしい!食べてほしい!ものを選びました。

引き出物袋も普段使いしやすいようにデザインしたオリジナルのトートバッグを用意しました。

ファミリーでご列席してくださった方は引き菓子の量を多めにしましたが、ひとりひとりに合わせてしっかりお返しがしたいと思い引き出物はあえて贈り分けはしませんでした。

私たちなりにとても考えて想いを込めて選んだ引き出物だったので、贈り分けをしない分しっかり想いが伝わるように当日お配りしたパンフレットに引き出物のことも記載しました。

プチギフト

大好きなアイシングクッキーをオリジナルデザインにするのが夢でした♡

サーカスのチケットをイメージしたアイシングクッキーは中目黒にあるシュードゥリュバンの川本さんにお願いしました。

やりたいデザイン案を出して川本さんがその場でヒアリングしながらイラストにおこしてくださったので、安心してお任せすることが出来ました。

アイシングも固すぎず食べやすくて、クッキーもとても美味しかったです♡

結婚指輪

2人で考えたオリジナルデザインをオーダメイドで作ってもらいました。

私は、ゴールドのフルエタニティリングで周りにロープを捻ったようなデザインをあしらいました。
ダイヤとダイヤの間隔やリングの太さまで細かくオーダー。
主人は同じデザインでダイヤが無いシンプルなデザイン。
内側にそれぞれのイニシャルと自分の誕生石を埋め込んでもらいました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

今まで頑張ってきたことひとつひとつをゲストの皆様がとても喜んでくれたことです。

今まで準備を頑張ってきて本当によかったと思いました。

二人らしさとは

恋人同士のような関係というよりダンボとティモシーのような相棒みたいな関係。

ダンボが私でティモシーが夫(笑)
自由奔放な私を夫が見守ってくれていてサポートしてくれたり、ネガティブな私をポジティブな方向にいつも導いてくれます。

嬉しかった参加者の反応

「 とても良い式だった 」「 ふたりの気持ちがすごく伝わる式だった 」「 こんなに楽しい結婚式だったらもう一度出たい 」などなど、結婚式後はゲストの皆様から嬉しいお言葉を本当に沢山頂きました♡

私にとって結婚とは

お互いをリスペクトし足りないところを補い合いながら同じ方向を見て歩んでいくこと。

親兄弟以外にも絶対的な味方がいるということは安心感があって心強く、結婚して本当によかったなといつも思います。

後悔していること

・絶対にやりたかったバルーンリリースが出来なかったこと(今、港区が厳しいことを直前になって会場側から聞かされ泣く泣く断念)

・返信ハガキにふりがなを書く項目を入れるのを忘れてしまったこと
→席札やエスコートカードのお名前を英語表記にしたかったのですが、万が一お名前の読み方を間違えることがあれば失礼になるので、安全を取ってどちらも漢字表記。


・挙式で使ったアーチを挙式後はフォトスブースにする予定だったけど、一枚もお写真が送られてくることがなく…
せっかくこだわって作ってもらったので、当日ちゃんと確認をしていれば…と後悔しています。


・1年前から式場を予約したにも関わらず、何をして良いか分からずドレスの試着ぐらいしか早めに始められなかったので結局結婚式の3ヶ月前から急に忙しくなり、準備に追われて結婚式の2週間前からは睡眠時間が全然取れなくなってしまいました。


・ゲストの皆様がちゃんと楽しんでくれているかが気になってしまい、当日自分が楽しんだという記憶が正直あまりないんです…

ゲストの皆様はとても楽しんでくださったみたいで結婚式後に沢山嬉しいお言葉を頂いたので、もっと肩の力を抜いて自分も楽しめばよかったー!と後から思いました(´-`).。oO

やりたかったけれど諦めたこと

・バルーンリリース
→前々からプランナーさんも会場側に伝えてくださっていたのですが、直前になって会場側から今港区が厳しいことを聞かされ泣く泣く断念。。

・披露宴と二次会の間で髪を切る
→ホテルではないのでシャワールーム等がないです。
プランナーさんが近くの美容室を探してくださったのでシャンプーブローだけして会場に戻る予定でしたが、髪を切る美容師さんの要望とこちら側の要望の折り合いが付かず、時間のないなかでの一発勝負なので不安が残ったままではお任せ出来ないので諦めました。

・自分でウェルカムスペースやお手洗いのアメニティ等のディスプレイをすること
→会場に当日朝7時からしか入れず、スタッフの皆さんも当日の朝から準備になるので大掛かりになってくると出来る事が限られます。私はスタッフの皆さんがかなり頑張ってくださったので理想の空間を作り上げることが出来ました。
私自身は支度や挙式前撮影やリハーサルなど自分のことで精一杯で時間がなく、ウェルカムスペースやお手洗いのアメニティの確認をする時間すら難しかったです。
こだわりが強い花嫁さんや自分でディスプレイをしたい花嫁さんは前日から会場入りが可能な式場をおすすめします!会場見学の時に必ず確認してくださいね。

節約のための工夫

私の場合は席札や封筒はプランナーさんと一緒にお店に買いに行き、自分で用意した方が安いものは用意するようにしました。
自分の中でやりたいことの優先順位をつけ、本当にいる?いらない?どこに価値を見出すかを明確にして、ジャッジするように心掛けました。

ウェルカムスペース アルバムを見る >
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

私は結婚が決まってから前撮りや結婚式の為にパーソナルカラー診断を受けて、前撮りで着る打掛、結婚式のドレスもテーマカラーも装花も全てパーソナルカラーを参考に決めたのですが、友達や家族からもとても褒められたので、プレ花嫁さんは大切な日に一番自分に似合う色を選ぶ為にもパーソナルカラー診断を受けてみるのもおすすめです♡


結婚式で後悔しないためにも自分たちのやりたいことを明確にして、まずはそれを叶えることが出来る会場を選ぶことが大切だと思います!

打ち合わせでは常に自分たちの想いを存分に伝えてくださいね◡̈❤︎

結婚式は当日何が起こるか本当に分からないので、理想を追い求め過ぎたり、完璧を求め過ぎてしまうとなかなか難しいので、理想の結婚式のかたちにとらわれすぎず、自分たちが楽しむことを大切にしてくださいね。

自分たちはもちろん、ゲストの皆様が楽しんでくれたらそれはもう結婚式大成功です♡

お身体を大切に無理せず準備頑張ってくださいね。