卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
ザ・ヒルサイド神戸
70人以下

安藤忠雄建築の美しい空間です。ガラスのバージンブリッジや、コンクリートとガラスが印象的でケヤキの木がシンボルとなるチャペルなど、本当におしゃれです。
煌びやかよりシンプルでスタイリッシュな空間が好きな方にオススメです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ザ・ヒルサイド神戸
70人未満

高砂の後ろはガラス張りのため開放感があります。
披露宴会場が広過ぎないため、ゲストとの距離が近くアットホームな雰囲気になりました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストに感謝を伝え、楽しんで頂くことを一番に考えました。写真をつけた席札メッセージをDIYしたり、ラウンジスペースにゲストとの写真をたくさん飾ったりしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

アンテリーべでソフトマーメイドのシンプルなドレスを選びました。
会場の雰囲気に合い、また前撮りではAラインのドレスを着たため、こちらを選びました。

ブランド
Amtteliebe
ドレス 2着目

阪急ウェディングドレスサロンでハツコエンドウのベルを選びました。
おしゃれなデザインのドレスで1着目とガラッと雰囲気が変わるためこちらにしました。色はテーマカラーの青にしました。華やかなデザインでインパクトがあるため、ゲストからも好評でした。

ブランド
Hatsuko endo
シューズ

特にこだわりがなかったため、ドレスに付属しているシンプルなものをレンタルしました。

ヘアメイクのポイント

メイクはお任せで、カラーレスで艶っぽく仕上げて頂きました。
挙式は定番の低めシニョン、披露宴は編みおろしにしました。お色直しでは印象を変えるためハーフアップにしました。

アクセサリー

挙式では両親からプレゼントしてもらったパールのピアスをつけました。披露宴ではゴールドとクリスタルのピアスにしました。
お色直しではドレスの華やかな雰囲気に合わせた大ぶりのピアスにしました。

ヘッドアクセサリー

挙式では小ぶりなシルバーのヘッドアクセサリーを合わせました。
披露宴ではヘッドドレスなし、お色直しではピアスと色味をあわせたゴールドのものにしました。

ネイル

シンプルで綺麗めなデザインにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

結婚式のテーマカラーであるブルーの花とグリーンの葉物をメインにして頂きました。細かい指定はせずフローリストさんにお任せでお願いしました。

装花のポイント

ゲストは流しテーブルだったため、装花にツタを入れてボリュームを出して頂きました。

お料理のこだわり

プリフィックススタイルのため一品ずつ選びました。式場定番の前菜の「ひまわり」は花びらの色を3種類にして華やかにしてもらいました。

ウェディングケーキ

ブルーベリー、オレンジ、グリーンの葉をつけた3段のケーキにし、ゴールドのケーキトッパーをつけました。式場の元々の演出だと思いますが、ケーキ入刀に合わせて高砂後ろのイルミネーションを点灯してもらいました。

引出物

親族友人ともにカタログギフトと神戸のお菓子にしました。

プチギフト

式場近所の人気店のバターサンドクッキーをラッピングし、持ち込みしました。

婚約指輪

俄のパヴェデザインの指輪です。

結婚指輪

俄のストレートの指輪です。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

コロナ禍の中、遠方から出席してくれた友人2名がスピーチをしてくれたことです。大変な状況下で友人を招待しても良いのか迷いましたが、快く引き受けてくれました。
事前に二人で打ち合わせをして準備してくれ、とても感動しました。

二人らしさとは

互いに協力することも、それぞれ好きな時間を過ごすことも、どちらも大事にしています。

嬉しかった参加者の反応

新郎がオープニングムービー、プロフィールムービー、待合スペースで流す動画を作成し、ゲストからとても好評でした。

また、アットホームでよかったと言ってもらい、自分たちのやりたかった式ができたと感じられ嬉しかったです。

私にとって結婚とは

同じ目標に向かって二人で人生を歩むことです。

後悔していること

ブーケや装花のリサーチをもっとしっかりすればよかったと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

コロナ禍でなければデザートビュッフェをしたかったです。

節約のための工夫

プロフィールブック、席札、エスコートカード等のペーパーアイテムはDIYしました。
フラワーシャワーやプチギフト等の持ち込み可のものは基本的に持ち込みしました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

コロナ禍で本当に大変ですが、結婚式は本来幸せなものなので、家族やプランナーさんと協力して前向きに準備を進めてほしいと思います。私は一度延期しましたが準備期間が延びたからできたこともありますし、やっぱりやってよかったと思います。