卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
the garden oriental osaka
100人以下

好きな人がみんなそこにいる、そんなとてつもなく素晴らしい日でした。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
the garden oriental osaka
100人以下

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

「grow old together」(共に歳を重ねていこう)をテーマに、これから先私たち夫婦のライフイベントも、あなたのライフイベントも共に過ごしていきたいと思えるゲストを厳選して招待しました。
そんな大切なゲストにキラキラした気持ちで過ごして欲しいと思い幻想的な空間づくりを目標にしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

bardotというドレスです。
ナイトウェディング、星、光というイメージにぴったりなキラキラのドレス。大胆に背中があいた女性らしいラインを意識しました。
自分らしさ、飾りをつけなくても自分らしい輝きが溢れ出す魅力があることを大事にして選びました。

ブランド
jenny packham
ショップ
the treat dressing
ドレス 2着目

2着目は、個人輸入 ボルドーのストレートラインドレス。
ビジューでナイトウェディングらしさと、会場の絨毯の色に合わせたボルドーにしました。

シューズ

海外の知り合いからのプレゼント。 オープントゥで爪を出したかったので、サンダルにしました。足首まであるので安定していて安心して過ごせました。 ここでもやはり、光を取り入れたくキラキラのラメのシューズにしました。

ヘアメイクのポイント

シンプルに。エレガントに。肌のツヤを出して欲しいこと、シンプルな中にも女性らしさを残すためにサイドに後れ毛を出して欲しいことを伝えました。

アクセサリー

式では花嫁そのものの輝きを大切にしたく、ピアス以外のアクセサリーはつけませんでした。ピアスもブラックビジューの落ち着いたものに。 披露宴では存在感のあるピアスへ。 お色直しでは、ヘッドアクセと喧嘩しないように小さな星のようなピアスに。

ヘッドアクセサリー

披露宴では後ろ姿にも華やかさを入れたくて、ヘッドアクセを取り入れました。これもビジューで輝きがある、デザインはシンプルなものにし可愛らしくならないようにしました。

ネイル

ホイルを使用し、星や光の輝きを表しました。

メインで使った花や装花のテイスト

落ち着いた、ざっくりとした雰囲気のブーケにして欲しいとお願いしました。ワイルドなテイストを取り入れるためにプロテアを使いました。 高砂装花のイメージは、天の川です。million star とも呼ばれるかすみ草を使い、星の輝きを演出して頂きました。

装花のポイント

明るいグリーンではなくスモークグリーンで作って欲しいというところ。 幻想的な雰囲気にして欲しいのでかすみ草以外の白い花やピンクの花は使わないで欲しいということ。

フローリスト

日比谷花壇のひろしさん。

お料理のこだわり

お料理はゲストへのおもてなしの代表。ただ美味しいだけでなく、リゾットを食べた後に、スタッフが回ってきてスープにしてくれる、お料理が始まる前にカレーパンのプレゼントがある、といった、おっ!と思う瞬間があることを大切にしました。

ウェディングケーキ

シンプルなケーキに、ダークな色の花や実を飾り、キャラメルをかけてもらいました。

引出物

男性ゲストには、個包装のレーズンウィッチを、女性や家族での参加のゲストには抹茶ケーキを。

プチギフト

キャロットケーキ:会場オリジナルのもので、ケーキの上にお花があしらわれている可愛いカップケーキです。

婚約指輪

joie de treat 誓いの言葉 というリング。シンプルで婚約指輪らしいデザインを自分たちらしくマット加工をかけました。

結婚指輪

ブシュロンのポワント ド ディアマンのピンクゴールド 1つでもオシャレなものを選びました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

ファーストミート。 旦那さんに相談できないぶん、ドレス選びはとても悩み、当日も気に入ってくれるか不安がいっぱいでした。 ファーストミートで、オシャレした旦那さんの笑顔をみてとても安心し喜びが溢れました。 またその時の手紙交換で今まで聞いたことのない、そしてこれからもきっと聞かないであろう想いが綴られていて、とても大切な時間になりました。 あとは、挙式後に行った花火で大切なゲストが花火の道を作ってくれているのをみてとても感動しました。

ファーストミート アルバムを見る >
二人らしさとは

飾らないこと。

嬉しかった参加者の反応

私も絶対にナイトウェディングがしたい!という友人たちの言葉は何よりもナイトウェディングらしい演出が成功した証だと思いました。 いいねえ、こんなドレス初めてみた、という呟き。直接語りかけられる言葉よりも、自然とでた言葉を聞いた時はとても嬉しかったです。 また、式後もエンドロールを何度も見るゲスト達を見て、ゲストも余韻に浸れるほどたのしんで貰えたのだと思えました。

挙式後花火シャワー アルバムを見る >
私にとって結婚とは

共に生きていくこと。 なにか特別なことをする訳ではなく、ただ日々を2人で乗り越えるようなイメージです。2人なら楽しめること、支え合えることを実感しながら過ごしています。 わたしには彼がいる、と思えることで勇気も湧いてきます。 相手の存在自体が支えです。

節約のための工夫

ペーパーアイテム類は全て2人で作りました。こんなのが良いかな?こっちかな?と相談するのは楽しかったですしコミュニケーションにもなりました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

これが良い!と言ったものを相手がえー?というかもしれません。だけど、きちんと話し合ってください。その演出のなにが嫌なのか、なにが良いところか、どうだったら良いか、それが分かれば既存の演出でも自分たちなりにアレンジすることで2人のやりたいを実現できると思います。 まずは大きなイメージを決めて、その中で決めていくことでバラバラにならず理想の雰囲気を創り上げられると思います! 何よりも大事なのは楽しむことです!