卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
Male’ana Gardens
30人未満

ビーチ沿いのガーデンウェディングだったので、ガーデンの芝生と花木が丁寧に手入れされていたこと、花木の色合いがカラフルで明るいこと、陽当たりが良いこと、そして何よりもオーナーのレスポンスが早く、信頼できること等が会場選びの決め手となりました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
Male’ana Gardens
30人未満

ゲストが雰囲気そのものを楽しめる明るい場所であること、夕陽が綺麗に見えること、海外だったのでお手洗いが清潔であること、エンターテイメントのオプションが自分に合うこと、子供連れもいたので子供にもフレンドリーな場所であること等が、決め手となりました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

全て花嫁の私が1人で、詳細をアレンジして決めて手配していったので、夫もどんな結婚式になるのか知りませんでした。なので、とてもシャイな歳の離れた彼にとって、恥ずかしい演出は全て省き、彼が安心して楽しめる結婚式にしたいというのが、何よりも優先した点です。

また、無宗教でハワイの自然に見守られる形式の結婚式だったので、なるべくゴミが出ないエコな物を使うようにしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ウェディングドレスは、レンタルではなく購入するつもりで探しました。拘った点は、シルク100%であること、若々しいというよりは落ち着いたシルエットで、少しエッジが効いたデザインであることです。

結婚式のイメージは、ドレスも含め全てPinterestで探しました。ドレスも、「Pinterestで最も保存されたウェディングドレス」として見つけ、それがオーストラリアの「Grace Loves Lace」という、ウェディングドレスブランドである事が分かったので、その場ですぐに公式サイトに行き着きました。

そのブランドは全てのドレスがオールシルクで、ホワイトとアイボリーのバリエーションや、他にも色々とオプションを選べる、理想に完璧に合ったブランドでした。価格帯もオールシルクであるにも関わらず、ハイブランドではないため親切で、平均20万円といったところです。

そこでMenhaというドレスと、最初に見つけたHollie 2.0というドレスとで悩みました。それをブランドに連絡したところ、Hollie 2.0はブランドの知名度を上げた代表作であるが、次のステップに進むため、今の在庫が売り切れたら終わりとのことでした。しかも私の希望するサイズでアイボリーは、最後の1着だとすぐに連絡をくれたので、運命を感じてHollie2.0を購入しました。

他にもPinterestやインスタグラムで、素敵なドレスを沢山見つけましたが、Hollieの圧倒的にユニークなシルエットと、シルクの柔らかい質感が写真からも伝わってきて、それ以上に心を打たれるドレスはないと強く感じました。その最後の1着を買えたのには、ご縁を感じずにはいられませんでした。

ブランド
Grace Loves Lace
ドレス 2着目

カラードレスというよりは、お色直しは白のミニドレスにしようと思っていました。やはり結婚式での白は花嫁しか着られない色ですし、その日はずっと白を着ていたかったので…。そこでA.L.Cというブランドの、袖に大きなフリルが付いた少し大人っぽい、そしてリゾートっぽい、ミニドレスを買いました。

こちらはあまり迷うこともなく、時間も迫っていたので即決しました。価格は約5万円でした。ネットで買ったため試着ができず、あと少しでも太っていたら着られなかったくらいタイトでした。

ブランド
A.L.C
シューズ

ドレスが決まってから、すぐに探し出しました。欲しいシューズに出会うまで、1日かかりませんでした。買ったのは、Loeffler Randallというブランドのもので、6万円ほどでした。とにかく素敵なデザインで、結婚式の後も、普段使えるなと思ったのでこれにしました。

他にも予備として、Stuart Weitzmanというブランドのグロリアウェッジも買いました。なにしろドレスを試着できなかったため、Loeffler Randallのサンダルが派手すぎる場合もあったので、シンプルなサンダルも用意しておく事にしたのです。2足目のこちらは4万円ほどです。

ガーデンウェディングで、さらにビーチでも写真撮影する予定でしたので、ウェッジソールのものを選びました。

お色直しは二次会でする予定で、会場が屋内だったので、Badgley Mischkaのキラキララメパンプスを買いました。これは2万円程でした。

ヘアメイクのポイント

ヘアスタイルは当日の天気を見つつ、その時の気分で決めようと思っていました。スタイリストさんが部屋に着いてから、巻いてもらっている間に画像を検索して、その時いいなと思った髪型にしました。それがバブルポニーテールだったのですが、結果写真映えしてとても可愛く、みんなにも私らしいと褒めてもらえたので嬉しかったです。

アクセサリー

アクセサリーは、ドレスを買ったGrace Loves Laceから、淡水パールのチョーカーとピアスを買いました。薄いベージュのベルベット素材のチョーカーに、大きめの淡水パールが1つぶら下がっているデザインの、チョーカーが特に気に入ったので、2着目もアクセサリーはそのまま同じ物を着けていました。

ヘッドアクセサリー

結婚式のテーマが、エコな自然婚だったので、まず結婚式用のヘアアクセサリーは、天然石で作られたコームにしました。買ったのはローズクォーツで、Etsyで作ってもらい7000円で購入しました。

二次会用には、もともと大好きなBrinker&Elizaで、貝をあしらったバレッタを購入しました。こちらは2万円くらいでした。

ネイル

私は普段からネイルケアは磨くだけで、ネイルアートをする習慣がなく、また夫と私の歳も歳なので、ネイルはクリアのトップコートを塗るだけにしました。ドレスや、頂いた素敵な婚約指輪の魅力を最大に引き出してくれるのは、甘爪を処理した清潔なクリアネイルだと思ったからです。

私はシンプルで清潔なナチュラルネイルが、どんなネイルアートよりも、お洒落だと思っています。

メインで使った花や装花のテイスト

ハワイのお花の中でも、大好きなキングプロテアを絶対に使いたいと思っていましたが、当日がシーズンの終わり頃だったので、間近までキングプロテアが使えるか分かりませんでしたが、結果フローリストさんが頑張ってくれて、理想的なブーケとテーブルアレンジメントが完成しました。

キングプロテアとピンクッションプロテアを中心に、白いローズやココナッツ 、モンストレア等を合わせ、思いっきりトロピカルな花のコンビネーションにしました。

装花のポイント

色合いは全てサンセットをテーマにしていたので、イエロー、オレンジ、レッド中心に選びました。あまり日本では見ることがないキングプロテアを、ふんだんに使うようにお願いしました。

フローリスト

Lulu’s Lei + Bouquet

お料理のこだわり

ビーガンや好き嫌いを全て細かく把握し、事前にケータリングのシェフと何度も打ち合わせして、各自のメニューを決めました。味がとにかく美味しくて、ゲストも大変喜んでくれました。こだわったことは海外だからこそ、あまり珍しい物やオシャレ過ぎる品は出さずに、皆んなの胃と口に合うメニューを心がけたことです。

ウェディングケーキ

ウェディングケーキは、外側と内側のデザインをそれぞれ絵に描いてオーダーしました。少人数でしたが、背が高めの2段で、下の段はオレンジのマーブル、上の段はアイボリークリームで塗りました。

中身はオレンジ、イエロー、コーラルピンク、アイボリーのスポンジでグラデーションを作り、パッションフルーツのクリームでレイヤーを埋めました。切り分けた時がカラフルで、とても喜んでもらえました。

引出物

引き出物は、記念になる物と、純粋に喜ばれる物のセットにしようと思っていました。まず中身は、UGGの靴を1人1人に似合う物をそれぞれ選び、箱ごとハワイで購入したエコバッグ(こちらも個別で選びました。1個約30ドル)に入れて、お礼メッセージを書いたタグをリボンで付けて渡しました。各自のサイズは招待状に書くスペースを作り、事前に把握しておきました。

UGGの靴は、ハワイに到着したその日にネットで全員分購入し、滞在先ホテルに配送しました。こちらが当日まで届かずハラハラしましたが、何とかギリギリ届いて安心しました。

プチギフト

私達の名前がプリントされたシャボン玉のチューブと、各ゲストの名前型に彫られた、木製の席次札を用意しました。

婚約指輪

Cartierのデスティネ、ラウンドの物を頂きました。私に1番似合うと思い、何ヶ月もかけて彼が探してくれた指輪なので、どんなブランドの指輪よりもこれにしてくれて良かったと、心から気に入っています。

結婚指輪

Tiffanyのミルグレインバンドリングの、私はイエローゴールド、夫はプラチナのペアにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

夫が結婚式を気に入ってくれて、「良い結婚式にしてくれてありがとう」という言葉をくれた時に緊張がほぐれ、感動が押し寄せました。

二人らしさとは

太陽と月のような関係です。明るい私がマイナス思考気味な夫を励まし、冷静で優しい彼が私をどっしりと支えてくれます。正反対だけれど相性が抜群で、どちらも2人でまったり過ごす時間が1番好きであり、大切にしています。

嬉しかった参加者の反応

お天気にも恵まれ、ケータリングの食事も全て大変美味しく、ショーも楽しく完璧で、皆が心から楽しかったと言ってくれました。

私にとって結婚とは

結婚初期は手探りだし、きっとこれからもずっと我慢の方が多いですが、毎日最愛の人の隣で目が覚め、最愛の人が待つ家に帰れるということは、結婚がもたらしてくれる、何にも変えられない幸せだと思います。

後悔していること

2ヶ月前に準備を始めたので、全てがバタバタでした。あまり長い間ダラダラと準備していても、ケンカも増えるし楽しみな気持ちも少し萎えてしまうので、集中型でやりたかったとはいえ、さすがにもう少し時間が欲しかったと思います。

やりたかったけれど諦めたこと

本当はディナー中に、ハワイのファイヤーダンサーを呼んでパフォーマンスして欲しかったのですが、直前に同じ会場でファイヤーダンスによるトラブルが起きてしまい、火を使う演出は断られてしまい、諦めざるを得ませんでした。楽しみにしていたので、本当に残念でした。

節約のための工夫

ハワイ挙式サービスを一切利用せず、全て自分で現地の業者を見つけて、直接交渉・連絡した事で、半額以下で済みました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

是非何よりも、まずは心から信頼できるプランナーや、スタッフさんを見つけてください。彼等がいなければ、当日もハラハラしっぱなしで、当人が楽しむことができないと思います。当日の主役はストレスを溜めることなく、スタッフの皆様に任せて思いっきり楽しんでください。

少しのトラブルがあっても気にせず、何とかなりますから、1分1秒を噛み締めて、最高の思い出にしてください。ハラハラしたり気が張り詰めたままだと、一瞬で終わってしまいますから…。そしてドレスは、価格やブランドにこだわらず、運命を感じる心打たれる1着を見つけてください。