卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
4
パレスホテル東京
150人以下

大きな窓から入る明るい光と、包まれているような心地よさのあるデザインの天井がとても印象的なチャペルです。
音の反響もいいので、生演奏や歌声が生えます。
バージンロードも都内のチャペルの中では長いので、一歩一歩かみしめながら歩くことが出来ました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
パレスホテル東京
150人以下
葵西

披露宴会場の一面がすべて窓なので、とても開放感があります。 自然光がしっかり入ってくるので、会場全体が明るく見えるところも素敵なポイントです。

また、窓の外の景色から季節感も感じられます。
カーテンの開け閉めで会場の雰囲気もガラッと変えられる点もいいと思いました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

ゲストの方に感謝の気持ちを伝えることと、楽しんでいただくことを最優先に考えました。

プロフィールブックにゲストへのメッセージを書き込めるようにしたり、余興も両方のゲストが楽しめるように工夫しました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ドレス名:lara
どの角度からみても違った印象を楽しむことのできるアシンメトリーなデザインが一番の決め手です。

あとから写真で見ても、写真ごとにドレスの表情がちがって、このドレスを選んでよかったと思いました。

ブランド
Vera Wang
ドレス 2着目

ドレス名:sophia
一着目のlaraからガラッと印象を変えられることを一番に検討していました。
sophiaのボリューム感とトレーンの長さは主役感も出ますし、何より披露宴会場を華やかに彩ってくれたとおもいます。

ブランド
Hatsuko endo
シューズ

ジミーチュウの青いパンプスを着用しました。
日本では扱っていない限定品を海外で購入しました。

ヘアメイクのポイント

抜け感、ナチュラル感、柔らかさを意識したヘアメイクをお願いしました。
ヘアメイクさんは最初から憧れの方を指名をさせて頂いていたので、詳細はヘアメイクさんにお任せしていました。

アクセサリー

アクセサリーは、レジーナクローゼットさんというドレス専門ショップでレンタルしました。
要望をオーナーさんにお伝えして、トータルコーディネートしていただきました!
挙式の時の繊細なイメージとガラッと変えられたverawangのキラキラサッシュベルトは特にお気に入りです。

ヘッドアクセサリー

華やかだけれど、つけ方で印象が変わるものをえらび、挙式と披露宴で変化をつけられるようにしました。
お色直し後は赤のドレスに合わせてゴールドのヘッドアクセサリーを着用しました。

ネイル

ザ、ブライダルネイルというようなかわいらしい雰囲気のものではなく、ナチュラルな雰囲気のニュアンスネイルにしました。白がベースですが、シルバーのパーツをいれることで少しカジュアルになるように調整しました。

メインで使った花や装花のテイスト

お花の種類は指定していません。
好きな装花の写真をたくさん集めておいて、打ち合わせの時にお見せしました。
非日常空間がコンセプトだったのと、ボリューム感が欲しかったので、お花に加えて小物をたくさん使ってもらいました。
ポイントとなるテーブルの上の木も、ゲストが入った時の会場全体のバランスを想像して、程よく抜け感のある雰囲気にしてもらいました。

装花のポイント

適度に抜け感のある全体のバランスと、ソファ高砂は絶対に譲れないポイントでした。
ソファ高砂はゲストの方との距離も近くなるのでお勧めです。

フローリスト

MUKU林さん

お料理のこだわり

トータルバランスを大切にしました。

私たちは女性が多い披露宴だったので、既存のプランをベースに、一部彩の華やかなお料理に変更することで、見た目もさらに楽しんでいただけるように設定しました。

ウェディングケーキ

シンプルに生クリームの苺ケーキを選びました。
ただ、その際のクリームの塗り方は少しこだわってもらいたかったのでお伝えしました。

ケーキトッパーは海外から取り寄せたものを使用しました。

引出物

親戚には、食べ物やインテリアのギフトカタログ、
男性のゲストには、カタログやタオル、靴磨きセット
女性のゲストには、カタログやサラダボウルペアを選びました。
ホテルのお菓子は世帯のかたにはまとまったもの、おひとりの方には個装のものを贈りました。

プチギフト

男性はジャンポールエヴァンのミニ焼き菓子、
女性はHACCIのはちみつ石鹸を贈りました。

婚約指輪

カルティエです。

結婚指輪

カルティエです。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

大切な人がみんな一つの場所に集まってくれていたことです。
とくに、余興でミュージカルメドレーを行ったときの
会場全体の一体感は、とてもあたたかい気持ちになりました。

二人らしさとは

カジュアルすぎず、かしこまりすぎず、大切な人たちと自分たちがリラックスして楽しめる空間が私たちらしいかなと思いました。

嬉しかった参加者の反応

あんなに楽しい3時間は初めてだった!
たくさん泣いてたくさん笑った結婚式だった!
二人らしい、こだわりがつまったあたたかい式だった!今も写真見直しちゃうくらいたのしかった!
そんな声をたくさんいただけたことは本当にうれしかったです。

私にとって結婚とは

これから見つけていきますが、今は新しい人生のスタートだと思っています。

後悔していること

特にないですがしいて挙げるなら、招待状の香りづけでうまく薫りがつけられなかったことは残念でした。

節約のための工夫

自分でつくれるもの(テーブルナンバーなど)は出来るだけ自分で作成しました。
プロフィールブックや席札は外注しました。
アイシングクッキーなどもホテルで頼むのではなく、インスタグラムなどで探して個人でオーダーをしました!オリジナルの上に可愛いデザインにしていただけたのでよかったです。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

結婚式の準備は大変なことも多いと思います。
私は遠距離婚だったので、なかなか新郎に協力してもらうことが難しく疲れてしまったこともありました。 ですが、当日ゲストの方々が喜んでくださる姿をみたり、たのしかった!という感想ももらえて頑張って本当に良かった!と思えました。
ほどほどに息抜きをしつつ、ぜひ準備を楽しみながらしてください。
素敵な式になることをお祈りしてます。

1.5次会
2次会
1.5次会・2次会の満足度
4
人人人(レンレンレン)

会場や幹事の大きな協力があって、とても盛り上がりました。ただ人数が多かったので、会場がもう少し広かったらさらによかったかなと思いました。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

二次会はとにかく楽しくみんなで騒ぎたい!と思い、事前に幹事としっかり打ち合わせをさせてもらいました。
新郎、新婦それぞれのゲストを混合グループにして、全体で盛り上がるようにしました。

カメラマンさんをお願いしたのも、本当に良かったと思っています。