卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

ゆみん

ゆみんさんのプロフィール写真
ゲストの方に楽しんでいただきたい、感謝の想いを伝えたい、その想いをとにかく第一に🧸💕

そして私たち新郎新婦の人柄をしっかりお伝えして、これからこういう人と家庭を築いていくんだな、というのを感じて頂ける式になるよう心掛けました🤗🤗🤗

あとは、オトクに楽しく😆
をモットーに、色々手作りして楽しみながら準備を重ねました🙌

大阪府 / 肥後橋駅
ラ・フェット ひらまつ

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ラフェットひらまつ
70人以下

眺望がよく、大阪の景色を一望できる開放感溢れる中で、結婚式をとりおこなえます。
またレストランウェディングということもあり、人前式を選択したら、とても自由に、自分たちのやりたいようにさせて頂けました。
私たちは、お付き合いのきっかけをくれた友人達、そして両家の母から誓いのコトバの問いかけをしてもらい、結婚式から会場全体涙涙でした笑。
その後は雰囲気を楽しく盛り上げるべく、サプライズ企画として、ゲストひとりひとりの席にあらかじめ置いていた小さなボックスの中に、1つだけ本物の指輪をしのばせ、指輪が入っていた人にリングガールならぬ、届けてもらうということをしました!結果大盛り上がりで、みんなで結婚式を創り上げていく感じが楽しかったです。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ラフェットひらまつ
70人以下

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

とにかくゲストの方に楽しんでいただきたい、一緒に楽しみたい、そんな想いで披露宴の構成を考えました。
30代は仕事に家庭に、それぞれ住んでいる場所も環境も様々です。次みんなでいつ再会できるかわかりません。夫婦で話し合い、
●結婚式をある意味ゲストの方々の同窓会のような場になれば良いな
●お互いの友人に、こんな人と生涯共にするのだなと伝わるようにしたいな
ということをポイントに考えました。
そのためにそれぞれのテーブルにまわるために、人数は60人以下に、そしてお色直しもやめ、また式の最初と最後も、自分たちでスピーチすることに決めました。

オープニングムービーは、プロフィールをふんだんに入れプロフィール兼オープニングにして、席次表にもこれまでの成長記録を記載して、初めて会うお互いの友人に、人柄をお伝えできるようにしました。

またずっとテーブルラウンドで話しているだけでは、会自体が間延びしてしまうと思いましたので、途中は新郎へのサプライズムービーや兄弟からのスピーチ、ゲスト参加型の果実酒作りなどをして、メリハリもつけました。

私たちの想いが伝わったのか、会の途中からは、私たちが回っていないテーブルのところでも大盛り上がりで、会全体が盛り上がり、みなさんが楽しんでいるのが伝わってきて、本当に嬉しかったです。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ゲストに近づいて、しっかりお話を楽しみたいと思っていたので、広がらないドレスのシルエットで検討していました。
担当者の方が、私のような小柄なタイプは、柔らかい素材でカラダのラインに沿うマーメイドが合うと言われ試着。試着した自分を見て即決しました。
マーメイドは身長の高い方が似合うと思っていたので諦めていたのですが、私でも似合うものがあって、さすがプロの方にはかなわないと思いました。
バックデザインが広がるタイプのマーメイドだったので、大階段での撮影にも映えて嬉しかったです。

ブランド
Monique Lhuillier
ショップ
THE TREAT DRESSING
ヘアメイクのポイント

お色直しをしない分、ヘアでメリハリをつけました。
挙式はシンプルに低めのシニョンで上品に、披露宴ではゆるさとボリューム感を出したローポニーにしてお食事会というカジュアルな雰囲気にしました。
会場がとても品があり、煌びやかなシャンデリアもあるので会場に溶け込むように、あえてヘアアクセなどはつけませんでした。

ヘアメイク アルバムを見る >
お料理のこだわり

とにかく美味しさを追求しました。
ラフェットひらまつさんは、料理の美味しさで有名なので、楽しみにしているゲストも多かったです。
その期待を超えていくために、事前にさまざまな料理の試食をさせていただき、担当の方とコースを色々アレンジして決めました。
ただ美味しいだけでなく、全体の味の濃淡で楽しめるようにしたのもポイントです。
ゲストの方々からは非常に喜んで頂き、悩んだ甲斐がありました。

結婚指輪

ハリーウィンストンです。
婚約指輪は特に欲しいと思っていなかったので、結婚指輪を探しました。
ファッションリングのようなオシャレな指輪と王道な上品な指輪と、最後の最後まで迷いましたが、年齢を重ねてもずーっとつけ続ける事を考え、王道な上品さを選択することにしました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

わたしたち以上にゲストが沢山涙して下さっていたことです。声を出しながら泣いている方も数名いらっしゃいました笑。
みなさんに凄く愛されているな、とつくづく実感し、本当に嬉しかったです。

二人らしさとは

とにかくゲストへの想いを、家族への想いを最優先して、全てを考えていたところ

私にとって結婚とは

家族になっていくこと

節約のための工夫

手作りできるものは、手作りをする。持ち込みの方が安ければ、持ち込みできるものは持ち込みにする。これに限ります!!
個人手配したスタッフさんとは、やはり思い入れが違って式後も御縁が続き、嬉しいです。