20weddingood.junbi21さんのアイコン画像

20weddingood.junbi21

ラグジュアリーな空間で、アットホームな結婚式を目指しました。しっかりとコロナ対策をしながら、沢山のこだわりを叶えることができました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2021-02-27
パレスホテル東京
30人未満

まずは前室の静けさに心を奪われます。その厳かな雰囲気が、花嫁らしさや、白無垢の純粋無垢なイメージにぴったりだと思います。

そこから素敵な木の彫刻がほどこされている扉を開くと式場があるのですが、和の雰囲気さることながら豪華な格子の天井が目に飛び込んできます。和ながらもシンプルすぎず、凝ったデザインの中にモダンさもあり、一目惚れでした。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2021-02-27
パレスホテル東京
100人未満
葵西

「葵西」は、高砂の後ろが全面ガラス張りでとても広々とした空間になっています。窓ガラスから自然光がさんさんと降り注いで、高砂装花や披露宴会場内がキラキラと輝いて見えます。

また、ガラス面をカーテンで開けたり閉めたりして雰囲気を変えたり、天井高なので装花のパターンや披露宴の演出も幅広く検討することができます。

コンセプトやこだわったこと

装花については夫婦ともどもこだわりが強く、イレギュラーでプラス3回くらい打ち合わせを行いました。

ペーパーアイテムやウェルカムボード、その他アイテムについては、オリジナル感を出しながらも、披露宴会場の雰囲気と合うようにモダンさも取り入れてdiyしたものが多数あります。

また、和装で入場、お色直しでドレスを着たのでそれぞれの場面に合うようなBGMについてもこだわりました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
和装 1着目

スタイル
白無垢

妓都というブランドの白無垢です。トリートドレッシングさんでお借りしました。白無垢は生成りといって絹の色そのものを生かしたアイボリーっぽいものが多いのですが、こちらの白無垢は真っ白です。日本人の肌色には生成りの方が合うとアドバイス頂いたのですが、新郎の袴が真っ黒なので、隣に並ぶなら真っ白の方が映えると思いました。

また、神前式会場の木の温もりを感じる優しい雰囲気の中でも、真っ白の方がより花嫁らしさがあるのではと思い、白い白無垢を選びました。

SECOND DRESS
和装 2着目

スタイル
色打掛

豪華ながら品があり、華やかさもある色打掛です。元呉服屋でもあるマリエクラッセさんでお借りしました。柄はお花と鳳凰が中心ですが、地の色はマットゴールドです。金が焼き付けてある繊細なもので、焼き付けという技法が使われているのでゴールドながらも上品な輝きです。

また柄の刺繍は相良刺繍といって、1人の職人が1年近くかけて作成したお着物とのことでした。相良刺繍は絹糸を玉結びにして刺繍していく日本の代表的な技法の一つで、玉結びになっている分、一つ一つの柄が立体的にはっきりと写ります。

THIRD DRESS
ドレス 3着目

ブランド
Jenny Packham
ショップ
THE TREAT DRESSING

JennyPackhamのfaithです。
裾まで入ったビジューが全身キラキラと輝く素敵なドレスで、トリートドレッシングさんで購入しました。試着したドレスの中では、ビジューの華やかさがずば抜けていて、スレンダーラインながら花嫁らしい存在感が出せるドレスだと思います。

葵西は広々とした会場なので、Aラインやプリンセスラインのドレスをお勧めして頂いてたのですが、どうしても納得できるものが見つかりませんでした。可愛すぎず、主役感がきちんとあり、華やかなfaithはまさに理想のドレスです。

SHOES
シューズ

Manuel Blahnikのhangisiです。
シルクサテンのもので、ロンドングレーの9センチヒールにしました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

白無垢、色打掛、ドレスで雰囲気をがらっと変えたいと思っていました。

白無垢の時には和装花嫁のイメージを追求したかったので、地毛で日本髪を結っていただきました。特に、京風の日本髪をしたいという希望があり、それを地毛で結える方自体が少なかったので、ヘアメイクさんを探すのは少し大変でした。

白無垢で日本花嫁のかっちりとした感じを演出したので、色打掛では和装女性の淑やかな優しい雰囲気が出せるような洋髪に変え、ドレスでは思いっきり華やかなアップスタイルでギャップを出しました。

ACCESSORIES
アクセサリー

ドレスの時にはMARIA ELENAのイヤリングを付けました。ドレスのビジューのキラキラ感に合わせた、スマートなドロップ形に、ドレスの刺繍のお花に合わせて、小さなお花の飾りがついているシルバーのものです。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

白無垢では、繊細な鶴の鼈甲の簪。
色打掛では、地の色に合わせてゴールドの枝と、肩の刺繍の色に合わせた菊を合わせました。
ドレスでは、白のお花をカチューシャ風にしてもらいました。

NAILS
ネイル

肌馴染みの良いくすみベージュにマグネットを重ねてもらい、全指先にホロをつけてもらいました。明るい自然光の中ではマグネットがキラキラし、暗い中だと指先のホロがキラキラして綺麗でした。

また、左手の薬指にはミラーシルバーのお花を3Dで1つ付けてもらい、立体的で存在感のあるお花がアクセントになっていて気に入っています。

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

グリーンの草木の中に、クリスマスローズのくすみレッドや、デルフォニウムの真っ白と真っ青、エリカのピンクや、シュンランの鮮やかなオレンジや、カランコエのピンクグリーン、ラナンキュラスの茶オレンジのお花や、赤い実など、その他にもたくさんの種類のお花が使われており、全て把握できていません。

写真を見てみても、見たことのないお花が使われているゲストテーブルがあり、あのお花はなんという名前なんだろう?と今でも思っています。

FLOWERS
装花のポイント

色合いは、「モネの睡蓮」という絵画のイメージでお願いしました。葵西の淡いブルーの絨毯と、グリーンの中に、鮮やかなお花が浮き出て見えるような装花が理想でした。

また高砂をソファにしましたが、ソファでありながらホテル婚らしいラグジュアリー感を出すために何度も打ち合わせを重ねました。

FLORIST
フローリスト

mukuの相浦さん

FOOD
お料理のこだわり

私たちが選んだのはクラシックコースです。せっかく結婚式をするなら、とにかく美味しい料理を振る舞ってゲストの皆さんに喜んで頂ければと考えていました。フェアに参加した際、頂いた前菜がとても美味しかったのもあり、パレスホテル東京さんに決めたくらいです。

クラシックコースは、パレスホテルの伝統お料理が中心となっており、ローストビーフや舌平目のボンムファムなどボリュームがあります。男性ゲストが多かったのですが、お腹いっぱいというコメントを頂きました。また、デザートのティラミスが美味しかった!パンが美味しすぎて何度もおかわりした!など言って頂き嬉しかったです。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ウェディングケーキはなしにしました。
その代わりに、来れなかったゲストからのメッセージ映像がサプライズで流れたり、新郎がわたしに内緒で作ってくれたサプライズ映像が流れたりしたので、かなり充実した内容になりました。

WEDDING FAVORS
引出物

パレスホテル東京さんのカード式のカタログギフトと、桐箱に飾り文字で“ご縁”と書かれている可愛いバームクーヘンにしました。カタログギフトについては、わたしたちからのお礼のメッセージ動画と一緒に、お礼の文章も表示でき、とても良かったなと思います。

PETITE GIFTS
プチギフト

創業60年余の洋菓子店で、職人さんが1つ1つ手作りしているチョコレートにしました。パッケージが可愛くて、美味しくて、個装されているものを探して、diyしたサンキュータグと一緒にラッピングしてゲストに渡しました。

ENGAGEMENT RING
婚約指輪

Tiffany&Co.

WEDDING RING
結婚指輪

CHAUMET、MIKIMOTO

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

新郎のサプライズによるメッセージ映像です。どうしようもない理由で欠席となったゲストからのお祝いメッセージ映像が流れた時には、びっくりしたのと同時に、とても嬉しかったです。

二人らしさとは

夫の苦手なことが、わたしで補えること。
わたしが苦手なことを、夫が補ってくれているところ。

嬉しかった参加者の反応

今まで見たことのない装花で本当に素敵だった、色打掛と装花の色合いがよく合っていて良かった、高砂のソファと和装が合うという新しい発見をした、持ち帰ったお花が素敵で家族が喜んでいるなど装花に関わることの他に、diyしたアイテムのことや、前撮り写真についても素敵だという感想を頂き、とても嬉しく思っています。

私にとって結婚とは

夫との新しい人生のスタートなのはもちろんなのですが、両親や友人に日々の感謝を伝える機会を与えてくれるタイミングだと思います。

後悔していること

新郎のお酒のバケツがソファの後ろにあり気がつけず、ゲストがお酒を注ぎに来づらかったというコメントがあったので、バケツの場所は当日きちんと確認しておく必要があると思います。

また両親への手紙は、かなりゆっくり読んだつもりだったのですが、ムービーで聞いてみたら普通の速さでした。思ってるよりもっとゆっくり読んだほうが良いかもしれません。

やりたかったけれど諦めたこと

昨今の理由で密になることを避けるため、挙式への友人の出席と、2次会を諦めました。

節約のための工夫

ペーパーアイテム他、diyできそうなものは全て手作りにしました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

それぞれのプレ花嫁さまの、これだ!という理想のものは必ずどこかにあります。納得できるまで諦めずに準備を進めてください。

私の場合は、色打掛もドレスも50着以上着て、式場も10軒近くまわりました。その他のことも、たくさん調べてアイデアを集めました。人生でとても大切な日のために、悩んだり、迷ったりすることも1回や2回ではないと思いますが、そうしてできた結婚式は、少しも心残りのない素晴らしいものになります!

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

クリップするには登録が必要です