卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
帝国ホテル大阪
70人以下

神前式で考えていたので、式場見学から色々なホテル内の神殿を見せて頂きました。

帝国ホテル大阪の神殿は温かみのある雰囲気で、親族のみのアットホームな挙式にぴったりでした。
日本で初めてホテル内に神殿を分祀されたのが帝国ホテル大阪で、歴史を感じることが出来た事もポイントです。

お祀りされているのは大阪天満宮の御神体、菅原道真公。
初詣などで大阪天満宮には何度もお参りに行ったことがあり、これもご縁だなあと思いました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
帝国ホテル大阪
70人以下

ゲストの方との時間を一番に考えました。
歓談の時間をたっぷり取り、お料理やドリンクも良いものを。
各卓写真の時間もあったので、ゲスト全員とお話をすることが出来たので良かったです。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

大人婚なのでシンプル、スタイリッシュがテーマです。
華美な装飾や奇抜なセレモニーなどはせず、ゲストの方とゆっくり過ごせる時間を大切にしました。

ウェディングプロフィール

和装 1着目

白無垢は正絹の四季花鳥、富岡製糸場で作られたことこだわりの1着です。
提携のプルミエさんでレンタルしました。

白無垢は絶対正絹と決めていました。
絹特有の美しい光沢に、温かみのあるしなやかな素材感。
富岡製糸場の絹で織られた特別な1着です。

正絹の白無垢はオフホワイトやクリーム寄りのお色が多いのですが、こちらは真っ白に近い明るいカラーで顔映りも良かったです。
小物も全て白でまとめましたが、少し華やかさが欲しかったので、少しアレンジして、麻葉に梅の金刺繍が入った半襟をつけました。

スタイル
白無垢
ドレス 2着目

キャロリーナヘレラの新作、イベッテ。
提携のノバレーゼ大阪さんでレンタルしました。

ホテル婚らしい"Aラインでハリのあるシルク素材、シンプルで上質なデザイン"と条件を絞って探しましたが、一番難航しました。
一度別のドレスに決めていましたが、後悔したくない!と思い、探し直してやっと、最後の最後に出会ったのがキャロリーナヘレラのイベッテでした。

胸元から裾に向かって施された繊細なビーズ刺繍が大人っぽさの中に可愛さもある1着です。
シンプルなのに華やかで、まさに理想通りで一目惚れでした。
新作でまだ着てる方がいらっしゃらなかった事も決め手の1つでした。

ブランド
キャロリーナ ヘレナ
ショップ
NOVARESE
シューズ

ウエディングシューズは節約ポイントだと思い、プチプラなものにしました。
マノロやジミーチュウに憧れもしましたが、Aラインドレスだとほとんど見えないですし。。
卒花さんのインスタなどを参考にして探し、EVOLの9cmヒールのレースパンプスを購入しました。

ヘアメイクのポイント

〈和装ヘア〉
うなじを見せてスッキリと。
輪郭カバーをしたかったので、トップに高さを出して前髪は耳にかかるように、正面から見てすこしお団子が見えるようにアレンジして頂きました。
ボリュームたっぷりな白百合のヘッドドレスがインパクト大です!
全て白だとぼやけてしまうので、ゴールドパーツをアクセントに組み合わせました。

〈和装メイク〉
シンプルに、ブラウンシャドウのグラデーションにピンクをふわっとのせて柔らかい印象に。
白無垢らしいマットな赤リップで正統派メイクにしました。

〈洋装ヘア〉
ハーフアップのくるくるヘアと決めていたので、巻きが取れないようしっかり巻いてもらい、理想の仕上がりになりました。
ゆるっと崩したハーフアップが最近流行っていますが、何年先に見ても素敵に見えるようなヘアにこだわりオーダーしました。
トップはすこし高さを出してつるんとまとめ、後ろはふわふわのイメージ通りのヘアになりました。

〈洋装メイク〉
ゴールドラメで華やかさをプラスし、リップはすこしピンク味の入った赤リップにグラスを重ねてツヤツヤにして頂きました。

アクセサリー

アクセサリーは母のパールのネックレスを借りました。
人生の節目の瞬間に母の大事なネックレスを身につけることが出来て良い記念になりました。
ピアスはノバレーゼ大阪さんでレンタルしました。

ヘッドアクセサリー

〈和装〉
大好きな白百合をメインにしたヘッドアクセサリーをフルオーダーで作って頂きました。
ボリュームのあるお花にくすみゴールドのパーツを組み合わせてメリハリを。
小顔効果もあったような気がします。

〈洋装〉
絶対にティアラと心に決めていたので、憧れのivory&coのティアラ、シャーロットを。
ちょうど良い高さでバランスも取りやすく、パールとビジューが散りばめられたとっても華やかなティアラです。
光を集めてキラキラと輝き、プリンセス感満載のお気に入りのティアラです。

ネイル

ネイルはシンプルに、ホワイトのグラデーションです。
いつもより気持ち長めに、シャープな形に整えてもらった事で手が綺麗に見えました。
結婚式ではお手元だけの写真も撮るので、ネイル以外にハンドケアも入念に行ないました。

メインで使った花や装花のテイスト

メインのお花は大好きな白百合です。
ヘッドアクセサリーやブーケと揃えました。
帝国ホテル大阪のカラーであるネイビーに映えるよう、ホワイト多目でポイントに赤を入れて頂きました。
夏婚で赤は暑苦しいかな?と不安だったのですが、テーブル装花はお水に浮かべて涼しげな雰囲気にした事で解決しました。

装花のポイント

あまりお花には詳しくないので、絶対に使いたいお花(私の場合は白百合)、色や好きなイメージをお伝えしてあとはお任せしました。
思っていた以上に好きな感じに仕上がっていて、フローリストさん様々です。

フローリスト

帝国ホテル大阪提携の、第一園芸さんにお願いしました。
披露宴会場によってお花屋さんが決まっているようなので、気になる方は先に確認しておいた方が良いと思います。

お料理のこだわり

ゲストの方への1番のおもてなしはやっぱりお料理やドリンクなので、ここは節約せずに2人が一番良いと思うものを選びました。

一応各コースのメニューは決まっていますが、一部だけ入れ替えたり、全てオーダー出来るプランもあるのでオリジナリティもだせます。
また、帝国ホテル大阪ではデザートのフランベの演出があり、特別感もあって良かったです。

ウェディングケーキ

ウエディングケーキは"ザ・結婚式!"感のあるものが良かったので、大きなイミテーションケーキにしました。
今までの友人の結婚式では生ケーキのことが多かったので、ゲストの方からの反応も良かったです。
写真映え、会場映えもするのでこちらにして正解でした。

引出物

【引き出物】
〈親族や上司〉
吉の縁起物の小皿セット。定番のお品で安心です。
〈ご夫婦の方〉
ペアカップ
〈独身の方〉
琺瑯のカフェオレマグ
〈女性ゲスト〉
ジョンマスターオーガニックのヘアケアクリームとタオルのセット。

なかなか自分では買いませんが、もらったら嬉しいもの、とコンセプトを決めてそれぞれ選びました。

【引き菓子】
せっかくなので帝国ホテル大阪のお菓子、スティックバウムの詰め合わせにしました。

【縁起物】
制約者限定のブライダルフェアで主人が大変気に入っていた、卵かけご飯セットにしました。

プチギフト

プチギフトはドルチェスタのクッキーにしました。
星型のBOXに入っており、ツリーオブジェになっているので披露宴前はウェルカムスペースに飾って置くことが出来ました。
置いているだけでもかわいいし、華やかになり良かったです。

婚約指輪

婚約指輪は私が母から受け継いだものをリフォームしようと考えています。

結婚指輪

BVLGARIです。
私は7ポイントダイヤ、主人は一番シンプルなプラチナリングにしました。
デザイン性のある物にも惹かれましたが、一生着ける物なので飽きのこないデザインで、他のジュエリーともコーディネートがしやすいベーシックなリングを選びました。
内側にはお互いのイニシャルと結婚記念日を刻印ています。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

結婚式が始まってしばらくはふわふわした気持ちでしたが、親友のスピーチで一気に感極まって号泣してしまいました。
学生時代からの親友で、入学して初めて出来た友達だったので、昔の思い出が蘇り思わず涙してしまいました。
最初はスピーチもお願いしない予定でしたが、親友の温かなメッセージがダイレクトに伝わり、改めて私からも感謝の気持ちを伝えることが出来たのでお願いして良かったです。

二人らしさとは

二人が大切にしていることはお互いが自然体で過ごすことです。
一緒の空間にいてもそれぞれ好きなことをしていたり、お休みの日が同じでも別行動をしたり。。
自分の時間を大切にすることで二人の時間もに出来るので、どちらかが相手に合わせたりせず自然体で自由に過ごしています。

お付き合い期間も長く、一緒に暮らし始めてからも時間が経っているので二人で一緒にいるだけで心地よい空間になります。

嬉しかった参加者の反応

ゲストからはとにかくかわいい!きれい!と褒めて頂け、一生分のお褒めの言葉をもらった気分です。

特に白無垢姿をたくさん褒めてもらえて、改めて着て良かったと思いました。
今までの友人のお式では白無垢を着た子がほとんどいなかったので、ゲストの方も新鮮だったようです。

白無垢にちなんで鏡割りをしたのですが、その際の枡もお土産として持って帰って頂けたので良い記念になりました。

私にとって結婚とは

家族をはじめ、親族や友人、周りの人達に感謝の気持ちを伝える場であると共に、私の選んだ人はこんなに素敵な人なんです、ということを伝えられることが出来て良かったです。
結婚式自体、主人は始めは乗り気ではなく準備段階で喧嘩をすることもありました。
ですが、終わってからは楽しかった、やって良かったと何度も言ってくれているので、2人にとっても素敵な思い出になりました。

後悔していること

準備をもっと早くから始めるべきでした。
特に衣装選びです!
私は見に行くのが遅く、オーダーなどはほとんど間に合わなかったので、こだわりのある方は早めにはじめた方がじっくり選べると思います。
時間があれば花嫁DIYや前撮りなどももっと色々したかったですが、仕事をしながらだとなかなか難しかったです。
ワーキング花嫁の方は時間に余裕を持って準備をすることをおすすめします。

やりたかったけれど諦めたこと

やりたかったことは全て出来たので特にありません!
しいていえば、洋装で前撮りをしていないので、ハネムーン先などで後撮りが出来れば良いなあと思っています。

節約のための工夫

オープニングムービーは一部外注しました!
特にこだわりもなかったので外部業者を探してサクサクと決定。
プロフィールは特典でつけて頂いたので無料でした。
エンドロールムービーはお色直し前までの短めのタイプにして、記録動画は無しにしました。
その分衣装やお料理などこだわりたいところに費用を振りました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

まず、式場見学に行く前にある程度したいことをイメージを膨らませておいた方が、見るポイントも会場選びも変わってくると思います!
特に何かやりたいことがある方は、会場によって出来るか出来ないかもあるので、事前に確認しておいた方が良いと思います。

あとは、本当に準備は早め早めに!
特に2ヶ月前くらいから急にやることが増えてくるので、それまでに出来ることは終わらせておいた方が時間にも気持ちにも余裕ができます。