coco_wdngさんのアイコン画像

coco_wdng

テーマ「Antique and Gorgeous Wedding」

ゲストへの最上級のおもてなしを重視し、私たちにとってもゲストにとっても、記憶に残るウェディングにできるよう、雰囲気作りや演出など、細部までこだわりました。

挙式のカバー写真

挙式

挙式の満足度5
2020-02-22
Anniversary.An EBISU
100人以下

円形チャペルは、大切なゲストの皆さんに囲まれながら挙式を行えるので、とっても幸せでした。

披露宴パーティのカバー写真

披露宴パーティ

披露宴パーティの満足度5
2020-02-22
Anniversary.An EBISU
100人以下

ソファー高砂は、ドレスもタキシードも全身が見えるので大正解でした。高砂で写真を撮る時にソファーが大きいので、私たちの両隣に座ってもらえて、アットホーム感を味わえました。
また、高砂の位置がゲストテーブルと近すぎず遠すぎず、ゲストの皆さんの顔がよく見える距離でした。

コンセプトやこだわったこと

全てに於いてこだわりましたが、強いて言うなら、招待状やプロフィールブックなどのペーパーアイテムを始め、自分で手作りしたものは、じっくりと時間をかけて、1ミリも妥協せず作りました。

WEDDING ITEMS
ウェディングアイテム

FIRST DRESS
ドレス 1着目

ショップ
JUNO

ウェディングドレスは、コーディネーターさんのご協力の元、私の母の好みに合わせて、クラシカルな雰囲気を重視した、ハイネック・ロングスリーブのレースのボレロを合わせた、重厚感あるサテンのドレスにしました。 Anniversary.An EBISUのアンティークな雰囲気と、ドレスがとっても合っていて良かったです。

SECOND DRESS
ドレス 2着目

ショップ
JUNO

カラードレスは、昔から私服も黒が多く、私らしさ全開のドレスを着たかったので、紫の生地に黒のチュールが何層もかかったドレスにしました。
黒と言っても重たすぎず、上半身にはビジューがあしらわれ、下はチュールがフワフワしていて、軽やか且つシックな印象のドレスでした。

SHOES
シューズ

RANDAのぺったんこシューズにしました。普段からRANDAのシューズを履いていて、ここのシューズは靴擦れしたことがないので、完全に自分にとっての履き心地を重視し、ウェディングドレスはシルバー、カラードレスは黒の、グリッターでキラキラしたシューズを選びました。

HAIR & MAKEUP
ヘアメイクのポイント

メイクは、艶とマットの中間くらいで、派手すぎずナチュラルすぎず、ブラウンメイクで仕上げてもらいました。
ヘアスタイルは、挙式は後毛などは一切出さず、ピチッとしたスタイルにしました。パーティー前半はゆるいシニヨンスタイル、後半はゆるいポニーテールにしました。

ヘアスタイルに合わせてリップの色も変えて、挙式は自然なレッド系、パーティー前半はフラミンゴ色のピンク、後半はボルドーのラップにブラックリップを重ねて、深みを出しました。

ACCESSORIES
アクセサリー

挙式はシンプルに一粒パール、パーティー前半はオフホワイトな大きめのビーズイヤリング、パーティー後半はアシメトリーのイヤリングで、片方が肩まで届くくらい長いものでした。
アシメトリーのイヤリングは、ドレスを決める前に一目惚れしたものだったので、だいぶ前から決めていたものでした。

HEAD ACCESSORIES
ヘッドアクセサリー

ヘッドアクセサリーは挙式しかつけていませんが、頭の半分を覆うくらい大きい羽の形をしたものでした。

NAILS
ネイル

いつもお世話になっているサロンでやっていただいて、「ちゅるんとしたネイル」という希望だけ伝えて、あとはお任せしました。爪先にラメをあしらい、両手の親指と薬指に、大きいパールと小さいパールを散らしてもらいました!

FLOWERS
メインで使った花や装花のテイスト

白をメインカラーとして、デンファレ、かすみ草、デルフィニウム、差し色でアンティークピンクのバラ、カーネーション、シルキーピーチという色のスイートピーを使って仕上げていただきました。

FLOWERS
装花のポイント

ウェディングドレスのカラーリリーのクラッチブーケは、ドレスの雰囲気にも合わせて、長い状態で持ちたかったので、その日市場で1番長いものを持ってきてください!とお願いしました。
当日は、50cmくらいの長さのものを持ってきていただけました。

FLORIST
フローリスト

HANAKAZUさん

FOOD
お料理のこだわり

結婚式のメインはお料理であると考えていたので、お料理は特に妥協ゼロで決めました。
Anniversary.An EBISUエスカリエのお料理は、どのコースも本当に美味しいですが、当日のお料理は、私たちが前菜からデザートまで試食して、圧倒的に美味しい!と感じたコースにしました。

WEDDING CAKE
ウェディングケーキ

ゴールドとシルバーのアラザンが散りばめられた、キラキラしたラウンド3段のウェディングケーキにしました。
トッパーは、ベージュピンクのキラキラしたリボンを、上から垂らす感じで飾ってもらいました。

WEDDING FAVORS
引出物

親族には、食のカタログ/ボンボニエール。
その他ゲストには、カードタイプのカタログギフト/ボンボニエール。

PETITE GIFTS
プチギフト

会場オリジナル、ボンボニエールのフィナンシェドーナツにしました。

WEDDING RING
結婚指輪

CHANELです。CHANELを代表する、マトラッセのモチーフが刻まれている指輪にしました。良い意味で結婚指輪らしくなく、つけいてオシャレ感があると思いました。

Q&A
先輩花嫁に質問

結婚式で一番感動したこと

日頃からお世話になっている方々が、私たちの為にわざわざ集まってくださり、パーティー入場の時にやっとゲストの方々のお顔をちゃんと見れたので、その瞬間が1番グッときた気がします。

二人らしさとは

飾ることなく、いつもの2人でいることだと思います。
お互いが自然体でいることが何よりも大事だと思いますし、変に気張ってしまうとその空気がゲストにも伝わってしまうので、いつも通りな感じで過ごしました。

嬉しかった参加者の反応

「今まで食べてきた婚礼料理の中で、1番豪華で美味しかった」 「思い出になる素敵な結婚式だった」 「見所満載の結婚式だった」 「オシャレすぎる結婚式だった」

私にとって結婚とは

一緒に生きていくこと!

やりたかったけれど諦めたこと

全員の集合写真です。当日風が非常に強く、アフターセレモニーで私たちが先に外へ出た時に、あまりにも風が強すぎて、オシャレをしてきてくれたゲストの皆さんが嫌な思いをすると思い、アフターセレモニーを中止するようスタッフの方にお願いしました。これに関しては本当に仕方なかったので、後悔はしていません!

節約のための工夫

・メニュー表など節約の為、プロフィールブックに全てまとめました。
・席札もすぐに捨てられてしまうものなので、席札メッセージも兼ねて手作りして、節約しました。
・アクセサリーやウェディングシューズも節約の為、自分で用意しました。

MESSAGES
後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

テーマや、これだけは譲れない!というポイントを決めてから、準備を進めていくことが大切だと思います。
愛情を込めて準備したものは、きっとゲストの心にも届くと思います。

EDITORS' PICKS
編集部が選んだ注目花嫁

テーマから探す

WN編集部が選ぶ おしゃれ花嫁
【2021年】冬の華やかウェディング
伝統×おしゃれ 和モダンウェディング
開放感抜群! ガーデンウェディング

エリアから探す

スタイルから探す

保存するには登録が必要です