卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由

sawd

sawdさんのプロフィール写真
2019/6/9にウェスティンホテル東京で結婚式を挙げました。コンセプトは、参加者に楽しんでもらえる空間にすること。

両家の母にはサプライズでサンクスバイトを行ないました。エスコートの際に新郎の叔母からコメントをもらったり、新郎の恩師や新婦の妹からスピーチしてもらったりと、お世話になった方々に参加していただいたことで、温かみのある式を作り上げることができました。

ホテルと披露宴会場の重厚感と色味が気に入り、ここで結婚式を挙げたい!とウェスティンホテル東京に決めました。
実際に結婚式を挙げて、今でもいい会場を選んだねと旦那さんと話すほど、素敵な思い出になっています。馬車の演出ができることもすごく気に入っています。
東京都 / 恵比寿駅
ウェスティンホテル東京

わたしの式場はこちら

挙式
挙式の満足度
5
ウエスティンホテル東京
100人以下

重厚感のある式場と黒い馬の馬車が印象的な会場です。後から写真を見返しても素敵な式場で式を挙げたなぁとしみじみと思います。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
ウエスティンホテル東京
100人以下

ネイビーと白を基調とした会場は高級感があり、テーブル装花や飾りが映える素敵な会場でした。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

こだわりポイントはテーブル装花です。
費用を抑え、会場全体の統一感も考慮しつつ、華やかなテーブル装花のイメージになるよう周りに銀砂を散らしました。

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

ハツコエンドウのプリンセスラインのドレスを選びました。珍しい生地を使用しているところや胸元のキラキラしたビーズ部分が椅子に座っても隠れないところ、そしてドレスの存在感がこだわりポイントとなりました。

ブランド
Hatsuko endo
ドレス 2着目

会場の色合いがネイビーなので、映える赤色のドレスを選びました。体のラインが綺麗に見えるようなデザインで気に入っています。
ゲストからも、特にカラードレスが好評でした。
会場の重厚感に負けていないドレスだったと言っていただきました。

シューズ

7㎝のヒールの白いパンプスをハツコエンドウからレンタルしました。

ヘアメイクのポイント

挙式時はクラシカルな夜会巻きのスタイルで優しい雰囲気のメイクをしてもらいました。お色直しの際は、赤いドレスに合わせて雰囲気を変え、ヘアのボリュームポイントを下げて少し強いイメージのメイクにしてもらいました。

アクセサリー

ウェディングドレスにはジルコニアのイヤリングを、カラードレスにはクリスタルの大ぶりのイヤリングを合わせました。

ヘッドアクセサリー

Ivory&Co.のTeardropというティアラをウェディングドレスに合わせ、カラードレスにはクリスタルのヘッドドレスを合わせました。

ネイル

白いラメのグラデーションにキラキラのストーンを散らし、落ち着いたデザインにしました。

メインで使った花や装花のテイスト

百合の花をメインに白を多く使いました。
装花は打ち合わせでなかなか決められず、たくさん相談させていただきました。当日までドキドキしましたが、ちゃんと好みの色合いで仕上げていただき、会場全体の統一感が予想以上に素敵でした!

装花のポイント

会場全体の統一感を大切にしたかったので、ゲストテーブルには白い花を、メインテーブルには白を基調としてポイントに紫やピンク紫などの色味を入れました。ゲストテーブルに花の色味が無い分、ナプキンの色味はピンクにしてバランスよく配色するようにしました。

お料理のこだわり

来賓の方々にたくさん食べてもらえるようにコースは奮発しました。ビールの銘柄にはこだわって、プレミアムビールの『熟撰』に指定させていただきました。
ゲストからは、美味しいしお腹いっぱいになったと言ってもらえてほっとしました。

ウェディングケーキ

ラウンド型の、イチゴの三段ケーキを選びました。

引出物

ギフトカタログにしました。ゲストによってグレードを変えて送り分けをしました。

プチギフト

クッキーをお渡ししました。

婚約指輪

アイプリモの限定デザイン「オリオン」を選びました。ダイヤを固定する部分がオリオン座の形になっているのがポイントです。

結婚指輪

Van Cleef & Arpels のプラチナストレートのものを選びました。

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

妹のスピーチに感動しました。
普段面と向かって話さないようなことや一緒に乗り越えたことなど本人から直接聞くことができて、涙が出ました。

妹にはウェルカムボードも手作りしてもらいました。
お花を使って欲しいとお願いし、色味やデザインは全て妹にお任せでした。
ウェルカムスペースはホテルのイメージとかけ離れないように小物などもこだわり、母が生けてくれたお花も飾りました。

また、母にはウェディングドレス、カラードレス、それぞれに合わせてブーケを制作してもらいました。
何度も練習して、当日は徹夜で頑張って制作してくれたので、感謝の気持ちでいっぱいです。
ブーケを見た時は、母が頑張って制作してくれた気持ちが伝わってきて、とても嬉しかったのを覚えています。

二人らしさとは

お互いを思いやることです。一緒にいると良いことばかりではないですが、相手の気持ちを尊重することをお互いに自然とできる関係が2人らしいと思っています。

嬉しかった参加者の反応

友人に「今まで参加した結婚式で1番感動した。」「私も結婚式を挙げたいと思った。」と言ってもらえた事が嬉しかったです。

私にとって結婚とは

パートナーがいる人生の始まりです。すべてが夢のように素敵な時間ではないかもしれませんが、将来を約束した2人だからこそ見える景色があり、心からの喜びや幸せがあると思います。

後悔していること

準備の段階でもっと痩せたかったということと、小顔矯正のエステには三日前ではなく一週間くらい前に行くべきだったという点は後悔しました。

やりたかったけれど諦めたこと

テーブル装花をもっと派手にしたかったのですが、コスト面を考慮し諦めました。

節約のための工夫

アクセサリーやグローブをレンタルせずにネットで購入するなど工夫しました。また、アルバム制作、動画制作をホテルではなく外注しました。

後輩プレ花嫁さんへのメッセージ

一度決めたことでもやっぱり違うと思ったら、考え直して軌道修正することも必要だと思います。
こだわる部分と予算をしっかり見失わなければ、満足度の高い一日になると思います。
たくさん決めることがあり大変だと思いますが、無理しすぎず頑張ってください。