卒花したら作ろうみんながマイレポをつくる理由
挙式
挙式の満足度
5
東京會舘
100人以下

自然光がたっぷり入る、皇居ビューが圧巻です。
木のぬくもりが伝わる、温かみがあるチャペルがお気に入りです。

また、東京會舘のオリジナル曲が流れたりと他の式場とは違う挙式スタイルも良かったと思います。
ゲストは聖歌を歌いません。

挙式前に、前室で新婦の両親にオリジナルのDVDを一緒に見て最後の時間を過ごすことができます。

私は父がいないので、母にベールダウンをしてもらい、新郎と一緒に入場しました。

披露宴
パーティー
披露宴・パーティーの満足度
5
東京會舘
100人以下
magnolia

アーチ型の窓や煉瓦風の壁、和風のシャンデリアと大正ロマンを彷彿とさせるとってもお洒落なバンケットです。

ボルドー系の装飾がとても合います。
ナイトウエディングもバンケットの温かみのある雰囲気とマッチして素敵だと思います。

コンセプトやこだわったこと

コンセプトやこだわったこと

シンプルな温かい式
ゲストへのおもてなし

ウェディングプロフィール

ドレス 1着目

袖ありのクラシカルなウエディングドレスを探していました。
提携も回りましたが、理想のドレスには出会えずオーダーショップを探しはじめ、YNSさんに出会いました。

サテン風のシンプルなビスチェドレスにオーバードレス、ボレロ、バックモチーフを付けられてさまざまな表情を楽しめるドレスにしました。

お値段はとってもリーズナブルなのにとても素敵なドレスを作っていただき大満足です!
沢山のお褒めの言葉をいただきました。

ブランド
YNS WEDDING
ショップ
YNS WEDDING
ドレス 2着目

今だから着れる、可愛らしいドレスが理想でしたがピンク等はお色直しではちょっと違うな…と思っていました。

カラードレスも提携では理想のものに出会えず提携外ショップでお願いしました。
イサムモリタのグリーンのドレスと最後まで悩みましたが、可愛らしく、着ていてテンションの上がるこちらのドレスにしました。

冬の挙式なので雪ドレスは季節感もあり、とっても評判が良かったです。
またドレス色当てもやったので、意外感もあったと思います。

館内撮影でもこのカラードレスでたくさん写真撮ってください!とお願いしました。

ブランド
KIYOKO HATA
ヘアメイクのポイント

あまりこだわりはありませんでしたが、
濃すぎず薄すぎずのナチュラルメイクをお願いしました。

ウエディングドレスのときはリップカラーは落ち着いたピンク系を、
カラードレスのときはコーラル系のリップに目元のラメとチークを足して華やかに仕上げてもらいました。

まつげエクステも2日前に行いました。

アクセサリー

挙式時はティアラにパールネックレスとピアスでとことん王道に。

披露宴時入場時はピアスをお花のイヤリングに変更しました。

カラードレスではネックレスはせず、白のフリンジのピアスと葉っぱの形のヘッドドレスをつけました。

装花のポイント

カラードレスと喧嘩しないようにピンクにポイントで赤を入れてもらいました。
グリーンは下や横に動きがでるような種類のものをお願いしました。

ゲストテーブルは
①高さのある花器とミラー
②高さのない花器とキャンドル
の2パターン作っていただきました。

お料理のこだわり

クラシックコースを選択しました。
舌平目のボンファムが絶品で、絶対にこのメニューが入っているコースを希望していました。

ダブルコンソメやパイ包みなど東京會舘を代表するお料理ばかりで、
ゲストからもお料理美味しかったよと言っていただきました。

ウェディングケーキ

ドラディショナルケーキにしました。

イミテーションのような見た目ですが、全て食べれる東京會舘伝統のケーキです。
洋酒で漬け込んでいるそうです。

中座中に解体し、最後はプチギフトにできます。

引出物

引き出物はカタログギフトにしました。
友人へはカードタイプ、
上司や親戚へは冊子をチョイスしました。

縁起物もつけました。
ふりかけ、鰹節、お味噌汁のセットですが
ふりかけにハートの海苔が入っていて、女性ゲストからとても好評でした。

引菓子は東京會舘のクッキーを。
とっても美味しくて全体的に受けがよかったです。箱も可愛いので部屋に飾ってくれている友人もいて嬉しかったです!

ウェディングクエスチョン

結婚式で一番感動したこと

挙式のカーテンオープンの瞬間です。

挙式時の詳しい様子はあまり知らないで当日を迎えたので、楽しみにしていました。

緊張から解放されて、ゲストみなさんの顔を見渡したときと同時にチャペルに温かい光が差し込んできてとても印象的でした。

私にとって結婚とは

良いときも悪いときも一緒に歩んで生きていくということ。
真摯に相手と向き合うこと。

後悔していること

ないです!
最高の1日でした!

やりたかったけれど諦めたこと

友人に余興をお願いしようか迷いましたが、お願いすると負担になるかと思いやめました。

節約のための工夫

ゲストへのおもてなしを重視したので、費用で悩んだ際はまずゲストへの影響を考えました。

特に装花は費用とボリュームで悩んだのですが高砂よりもゲストテーブルのみのランクアップで費用を少し抑えることができました。